IT Cutting Edge ─世界を変えるテクノロジの最前線

第7回 UberエンジニアがブログでPostgreSQLにダメ出し,PostgreSQLコミッター石井達夫氏に反論を聞く

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

デジタルディスラプションを象徴する企業として,いまこの瞬間も破竹の勢いで成長を続け,交通サービスの世界を大胆に塗り替えているUber。未上場ながらすでに企業価値は6兆円を超えているとも言われており,世界最大のユニコーン企業として,その動向はつねに注目されつづけています。

クラウドやビッグデータ分析,オープンソースなど,最先端のITをフル活用し,ごく短期間で劇的にビジネスを拡大させたUberに対しては,やはり技術者からの強い関心があつまります。現在,1200名を超えると言われるUberのエンジニアたちは何をどんな環境で使い,どう動かしているのか ―Uberのエンジニアリングチームが公開している技術ブログUber Engineering Blogは,Uberのエンジニアたちが現場でどんな課題に向き合い,どう解決しているのかを知るにはうってつけの情報ソースです。

7月27日,そのUber Engineering Blogにある"問題作"とも言えるエントリが投稿されました。Why Uber Engineering Switched From Postgres To MySQL(なぜUberエンジニアリングはPostgreSQLからMySQLに移行したのか)というタイトルにある通り,UberがデータベースをPostgreSQLからMySQLに移行した理由について詳細に書かれているのですが,全体的に「PostgreSQLではアーキテクチャに制限がありすぎてUberのシステムを支えきれない,MySQL+InnoDBに変えたら全部解決した」というトーンで貫かれています。

これに対し世界中の開発者,とくに(当然ながら)PostgreSQL開発者から強い疑問と反論の声が聞こえてくるようになりました。同時に少なくないPostgreSQL開発者が「PostgreSQLはそんなに大規模システムには向かないのか…」⁠あのUberがPostgreSQLはダメだと言っている」と不安な思いを抱いたのではないでしょうか。

そこで本稿ではPostgreSQLコミッタのひとりであり, SRA OSS, Inc. 日本支社 取締役支社長 石井達夫氏にいただいたコメントを紹介しながら,件のブログエントリの問題点を探ってみたいと思います。

画像

Uberの決断 ―PostgreSQLからMySQL+InnoDBへ

Uberは2014年から「Project Mezzanine」という名のプロジェクトの下で,モノリシックなPostgreSQLからMySQL+InnoDBへの移行を実施しています。この移行の最大の理由は「リアルタイムのシステムを支えるにはバックエンドとは別のスキーマレスなデータベースが必要」というものでした。2014年といえばUberの利用者が急激に増えていた時期でもあります。ドライバーがいつ,どこで,誰をピックアップし,どこまで乗せているのか,それらのトリップデータは頻繁な更新が要求され,しかもそのトラフィックは日に日に増えていきます。まさしくビジネスの拡大とともにデータが増大していく,という状況を地で行っていた真っ最中だったのでしょう。

当時,UberではシングルインスタンスのPostgreSQLがこれらのリアルタイムデータ処理に加え,バックエンド(ドライバーへの支払い,利用者への請求,詐欺対策,ユーザデータ分析など)のデータストアも兼ねていましたが,リアルタイムに処理すべきトリップデータがデータベース内に占める割合がその他のデータをはるかに上回るようになり,スケーラビリティやパフォーマンスで大きな支障が出るようになりました。

ここでUberはスケーラビリティ(シャーディング)をとくに重視した結果,MySQL+InnoDBをトリップデータを扱うためのデータストアとして選択し,約6週間の構築期間を経て2014年10月末に本番環境として稼働を開始,現在に至っています。Project MezzanineについてはすでにUber Engineering Blogで記事が公開されているので,詳細はそちらをご参照ください。

Project Mezzanineの内容だけなら「膨大なトラフィック増加にともなうアーキテクチャの見直し」であり,⁠シャーディング重視のNoSQLライクな実装が可能なMySQLのほうがピュアなRDBMSのPostgreSQLよりも,Uberの拡大路線にはあっていたのかも」であって,とくにとくにPostgreSQL関係者が目くじらを立てるようなこともありません。では7/27のエントリは何がPostgreSQL関係者の怒りを買ったのでしょうか。

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Twitter(@g3akk)やFacebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。

バックナンバー

IT Cutting Edge ─世界を変えるテクノロジの最前線

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入