決済会議

第1回 盛り上がってきた決済サービス,スマレジが目指すこと

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

いま,決済サービスがアツい!

北米でスタートし,一躍世界が注目する決済サービスへと躍り出たSquareが5月に日本上陸しました。

日本では昨年より楽天スマートペイ,PayPal Here,Coineyが同様のサービスを開始していて,いま4つ巴の戦いになりました。Square日本上陸で話題騒然のなか,秒速でブログキャズムを超えろ!で上記4サービスの比較表が公開されました。

ちなみにSquareが強いのは,Star製のレシートプリンターやキャッシュドロワーとも連携していて,スマレジとかユビレジが取ろうとしてたあたりもまとめてかっさらって行こうとしてること

「手数料最安・支払い最速!モバイル決済の本命Squareと,
Coiney, PayPal here,楽天スマートペイとの比較表を作ってみた」
by キャズムを超えろ! 2013-05-23

ここで取り上げられているスマレジというサービスを運営しているのが僕たちです。

スマレジとは?

皆さま,はじめまして。こんにちは。

最近話題の「決済」をテーマに連載を執筆することになりました,株式会社プラグラムの山本です。そこそこ真面目に書いてゆくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします。

スマレジとは,iPadやiPhoneを使った,低価格かつ高機能なPOSレジ。売上情報や商品情報,顧客情報などは,全部クラウドサーバで管理されるので,リアルタイムに売上分析や在庫管理ができる優れものです。そんなPOSレジをアプリとして提供しています。もちろんクレジットカード決済もできます。

冒頭でも紹介したとおり,Squareを筆頭に,リアル世界のスマートなクレジットカード決済が熱い注目を集めています。そしてそれに伴って,店舗のレジやPOSレジも,かつてない注目を浴びています。

連載初回となる今回は,私たちが提供するPOS業界のニューカマー「スマレジ」を,全世界が注目する「Square」とかんたんに比較しながら紹介します。

Squareの使用イメージ

Squareの使用イメージ

まず「Square」。iPadでお会計ができるレジですね。右側にくっついているカードリーダーでクレジットカード決済も行えます。

スマレジの使用イメージ

スマレジの使用イメージ

こちらが僕たちの「スマレジ」です。iPadでお会計ができるレジですね。Square同様,クレジットカード決済も行えます。

どちらも大きく変わらないように見えます。さて,何が違うのでしょうか。もう少し詳しく見てみましょう。

Squareは「クレジットカードが使えるお店」を増やす仕事をしています

Squareは,「クレジットカードが使えるお店」を増やす仕事をしています。

どういうことかと言うと,そもそも(電子マネーなども同様ですが),クレジットカードは,利用者(カードでお買い物する人)を増やす必要があると同時に,クレジットカードが使えるお店を増やさなくてはいけません。しかし,お店の人としては,お客さまにクレジットカードで買い物をされると,すぐに現金化できないし,手数料がさっ引かれてしまうので,正直イヤなんです。導入にも手間がかかります。でもそれ以上に,お店がクレジットカード決済に対応していないことで,お客さまが商品を買ってくれないともっと困ります。

そこで,Squareは,お店が「イヤだなぁ」と思うポイントを突いたワケです。

  • 導入がめちゃくちゃ簡単(即日からすぐに利用可能)
  • 破格の決済手数料(3.25%)
  • 翌日入金(最短翌営業日に入金)

素晴らしすぎる。

つまり,CAT(Credit Authorization Terminal)端末と言われるような,クレジットカード処理機をお店に設置する仕事の発展系と言えます。

スマレジは「お店の売上を管理する」仕事をしています

さて,僕たちスマレジはというと,レジを安価かつ超高機能にしてお店の売上を管理する仕事をしています。

「レジ」って1日の売上を紙(レシート用紙)に印刷して「あとは勝手にしてね」っていうようなヤツなんです。いまどき「何が何個売れて,今日はいくら儲かったのか」の情報ぐらい,PCやスマートフォンでさくっと管理したいですよね。それを実現できるのがPOSレジと呼ばれているヤツなんですが,現在流通しているPOSレジは難しくて,ものすごく値段が高いんです。

そこでスマレジは,お店が「イヤだなぁ」と思うポイントを突いたワケです。

  • 売上など,細かなデータが取り出せる(CSVでデータ取り出し自由)
  • POSレジのフル機能がめっちゃ安い(販売管理だけでなく在庫管理もできる)
  • 簡単で使いやすい。データはどこでもアクセス可能

素晴らしいでしょ?

つまり,スマレジは,レジまたはPOSレジ屋さんの発展系と言えます。

Squareとスマレジは似ているようで目的が違います。ただ,どちらも「ごく小規模のお店でもいいから,とにかくたくさんのお店に使ってもらいたい」という気持ちは同じなんです。ちなみに,前述した理由から,SquareがPOSレジの機能を搭載する可能性はありますし「スマレジ」がより便利なクレジットカード決済機能を搭載するかもしれません(クレジットカード決済自体はすでに対応しています)。

さて次回は,もっともホットな部分,Square,楽天スマートペイ,PayPal Here,Coiney,その他について少し深く掘り下げて比較してみます。よろしくどうぞ。

著者プロフィール

山本博士(やまもとひろし)

PLUGRAM,Inc. 代表取締役

大阪府岸和田市出身。もとはJava&Adobe Flashプログラマ,いまはiPad,iPhoneを用いたクラウド型POSレジ「スマレジ」などの運営を行っている。

http://www.plugram.co.jp/

コメント

コメントの記入