決済会議

第25回 EMV対応間近!? 進化するスマホ決済サービス

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

こんにちは,スマレジの山本です。米SquareのWebサイトで「EMVに対応する」というページを発見しましたので,それについて書いてみます。

EMVって?

EMVとは,EuroPay(ユーロペイ)⁠Matercard International(マスターカード・インタナショナル)⁠Visa International(ビザ・インターナショナル)で合意したICカードの統一規格で,頭文字をとって名付けられました。

言葉には馴染みがないと思いますが,簡単にいえば「ICチップ付きクレジットカード」です。

4桁の暗証番号を入力するタイプのカード決済です。当然ながら磁気テープのタイプよりもセキュリティが強化され,偽造などの悪用がされにくいです。

日本ではすでに幅広く導入されていて馴染み深いものですよね。EU(ヨーロッパ)では,日本よりもさらに普及しているようです。逆に,アメリカではあまり普及していないようです。

最近話題のスマホ利用カード決済

Square,コイニー,楽天スマートペイ,Paypal Here などがしのぎを削っているスマホを利用したカード決済サービスですが,安価で手軽に導入できて爆発的に広がっていますが,基本的にはどれも磁気カードリーダーです。

スマレジペイメント。磁気テープ部分をシュッとスキャンします。iPadとの接続はイヤホンジャックです

スマレジペイメント。磁気テープ部分をシュッとスキャンします。iPadとの接続はイヤホンジャックです

では,EMVタイプのものはないんでしょうか? そうです。今はないんです。

しかしながら,EMVタイプの実現に向け,開発を進めている会社はたくさんあります。もうハードウェア(リーダー)は完成していて,未開通ながらすでに販売開始しているものもあります。

  • フライトシステム社のPayment Meister
  • リンクプロセシング社のAnywhere
  • ロイヤルゲート社のPAYGATE

などは,すでにリーダーが販売されていて,各社ともサービスインに向けて着実に進んでいるように見えます。

フライトシステム社 Incredist。クレジットカードを差し込んで,4桁の暗証番号を打ち込みます。iPadとの接続はBluetoothです

フライトシステム社 Incredist。クレジットカードを差し込んで,4桁の暗証番号を打ち込みます。iPadとの接続はBluetoothです

また,米Squareでも,EMVに対応するという発表がされており,開発を進めているようです。

Square社のEMVページ
https://squareup.com/emv

Square社のリーダーは,4桁の暗証番号を入力する部分(PINパッド)がありません。iPadなどの画面上で入力するタイプになるのでしょう。

前述の日本で販売中のものは,どれもPINパッドを搭載していますから,それらに比べ,非常にコンパクトなハードウェアになっています。日本では,不正を防ぐ目的で PINパッドつきのものしかいまは認められていませんが,今後どうなってゆくかは見えません。

EMV対応の製品がこれからどんどん登場してくるでしょう。とても楽しみですね。

著者プロフィール

山本博士(やまもとひろし)

PLUGRAM,Inc. 代表取締役

大阪府岸和田市出身。もとはJava&Adobe Flashプログラマ,いまはiPad,iPhoneを用いたクラウド型POSレジ「スマレジ」などの運営を行っている。

http://www.plugram.co.jp/

コメント

コメントの記入