草花の知恵

第2回 「熊谷と敦盛」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

春の終わりから初夏にかけての花に,クマガイソウとアツモリソウがある。熊谷と敦盛,源平合戦のエピソードで名高い。

どちらもラン科の多年草。茎も葉もまるでちがうが,一つだけ,よく似ている。ともに球形で袋状の花をつける。クマガイソウは緑がかっている。アツモリソウは赤い。源氏の荒武者,熊谷直実(くまがいなおざね)がはおった母衣(ほろ)に見立てたのが熊谷草。平家の若武者,平敦盛の母衣にたとえたのが敦盛草というわけだ。

熊谷草(クマガイソウ) 画:外山康雄

熊谷草(クマガイソウ) 画:外山康雄

いつごろ,そんなシャレた名前がついたのだろう? クマガイソウには「おおぶくろばな(大袋花)」「ほていそう(布袋草)」といった異名がある。布袋さんのお腹のような袋状の花からしても,いかにもピッタリである。地方によっては,キンタマバナとかキツネノキンタマと呼ばれてきた。オオイヌノフグリと同じ名づけ方であって,庶民感覚に応じている。アツモリソウにも同じような異名があるにちがいない。

それが,歴史上の人物を借りた「高級な」名前になった。いつごろ,誰が名づけたかはわからないが,おおよそは想像できる。江戸の半ばごろ,花好きの中級武士,あるいは江戸の豊かな町人が命名した。歴史上の人物を借りたというよりも,芝居上の人物から思いついたのではあるまいか。

徳川将軍家の初めの三代,家康,秀忠,家光は,いずれも花好きで,自分では「花癖(かへき)」と称した。花や庭木や盆栽をめぐる,いろんなエピソードが残っている。家光遺愛の五葉松盆栽といわれるものが,いまも宮内庁にある。

将軍が花好きとあれば大名がまねをする。競って園芸に精出した。将軍や大名は手ずから世話をするわけではない。庭師や植木屋に指図して,自分は鑑賞するだけ。

お殿様が園芸好きとなると,重臣や家来もまねをする。大名は参勤交代で国に帰るから,江戸の「花癖」が地方へもひろがった。江戸時代の半ばになると,『花譜』といったタイトルの本が出はじめた。花の種類や品種の解説書である。時代が下ると,栽培法や育て方が加わってくる。

中級武士や町人もたしなみはじめたからだ。こちらは殿様とちがい,庭師や植木屋にまかせるというわけにいかない。自分で土を選び,植えつけ,世話をする。ハウツー本が必要だ。

敦盛草(アツモリソウ) 画:外山康雄

敦盛草(アツモリソウ) 画:外山康雄

歌舞伎の「一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)」が大坂,ついで江戸で人気を博したのは宝暦年間(1751~)のこと。熊谷直実は一谷で平家の公達(きんだち)平敦盛を組み伏したが,あえて命をとらず,代わりにわが子小次郎を犠牲にして,その首を差し出した。そののち武士道を立てることの無常をさとり,出家して諸国行脚に出る──。

以後,代々の名優が演じてきた出し物であって,歌舞伎のレペルトワールに欠かせない名舞台というものだ。

涙をこらえての一節,「ヤア,愚か愚か,このたびの戦い」の名セリフは,店の小僧でも使いに出る道すがらに口ずさんでいたらしいのだ。

となれば推測がつく。園芸の趣味が中級武士や町人にひろがってきたとき,特徴のある花をいうのに「おおぶくろばな」「ほていそう」では芸がない。キンタマバナやキツネノキンタマは,教養と趣味が許さない。当たり狂言を借用し,熊谷と敦盛に見立てて新しく名をつけた。そんな想像をしてみたのだが,まちがっているだろうか。

よく見ると,クマガイソウの花の表面には,ピンクがかった網が走っている。理不尽な武士道の約束に泣きはらした目玉とそっくりだ。アツモリソウの花袋には薄紅の筋が走り,若武者のおシャレなデザイン性をおびている。花の精がミエをきったぐあいなのだ。

著者プロフィール

池内紀(いけうちおさむ)

1940年兵庫県姫路市生まれ。ドイツ文学者。エッセイスト。

主な著書に『ひとり旅は楽し』(中央公論新社)『ぼくのドイツ文学講義』(岩波書店)『町角ものがたり』(白水社)など。『カフカ小説全集(全6巻)』(白水社)など翻訳書も多数。新刊は『森の紳士録』(岩波新書)。


外山康雄(とやまやすお)

1940年東京深川生まれ。新潟県浦佐で育つ。2002年南魚沼郡塩沢町に古民家を再生したギャラリー「野の花館」開設。

画集に『折々の花たち 1~4』(恒文社)『野の花の水彩画』『私の好きな野の花』『野の花 山の花』(日貿出版社)など。

外山康雄の野の花館:

URLhttp://www.toyama-yasuo.jp/

コメント

コメントの記入