草花の知恵

第14回 「知恵くらべ」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

先月のカラスウリにつづいて,つる性の植物をとりあげる。なにしろ,おもしろい生き物であって,ながめていて退屈しない。省エネの元祖だろう。遠い昔から,ほかのものにかきついたり,はりついたり,巻きついたりして生きてきた。その上で遠慮会釈なく葉をつけ,花を咲かせ,実をみのらせる。たくましく生きる知恵に,ほとほと感心させられる。

注意していると,ごく身近にいろいろといるものだ。クズ,クロヅル,ツルアリドオシ,ツルリンドウ,サネカズラ…。テイカカズラ(定家葛)などとおごそかに命名されたのもいれば,アマチャヅル(甘茶蔓)といった愛嬌のある名の持主もいる。山道や野原におなじみのノブドウも代表的なつる性植物である。

蔓蟻通し(ツルアリドオシ)
画:外山康雄

蔓蟻通し(ツルアリドオシ) 画:外山康雄

ツルアリドオシは,書いて字のごとく,蔓・蟻・通し。つる状に地上を這うが,通せんぼをしないで,節ごとにアーチのアキをつくり,ちゃんと蟻を通してやる。

べつだん,アリにやさしいというのではなく,節から根を下ろして,そこからも栄養をとるので,根が茎をもち上げるぐあいになったまでのこと。細い茎から卵形の,やや厚ぼったい葉を対にひろげる。ムカデの脚のように,いくつもの根をのばすわけだから,みるまにまわりを占領する。六月ごろから茎の先っぽに白い花が二つずつ,きちんと並んで出てくる。初夏の風に挨拶するように揺れている。

ツルアリドオシは這うだけでなく,ほかの草木にからみついて伸びていく。葉に特徴があってわかりやすい。三角状の卵形で,先がとがっていてツヤがある。夏の盛りに,葉のわきから,ラッパの形をした青い花が顔を出す。先端が五つに裂けていて,開くと星形になる。薄紫の地上の星だ。

つる性のものはカラスウリと同じように,多くが小さなウリ状の実をつけるから楽しみだ。花がしぼんだあと,忘れたころに,まっ赤な実が下がっている。いったい,いつのまにみのり,熟したのか,キツネにつままれた気がしないでもない。

(クズ) 画:外山康雄

葛(クズ) 画:外山康雄

クズのつるは長い。ときには十メートル以上になる。秋の七草の一つだが,旺盛に伸びるのは初夏のころ。根っこは木質で,木とつるが合体したぐあい。三枚葉を無数につけ,夏の到来を待って,葉の根かたから花序を出し,それを軸にしてふさ状に紅紫色の花をつける。いかにも生命力があふれている。

クズの根からつくったのが葛粉。根を干して粉末にしたのが葛根湯(かっこんとう)で,こちらは解毒剤として使われてきた。

つる性のものは,たいてい外皮と内皮,それに中心が木質というつくりになっている。外側は固いが,内皮にあたるのはやわらかい。クズの内皮を糸にして織ったのが葛布(くずぬの),くずふ,あるいはカップともいう。静岡県の掛川に,昔ながらの葛布の手織工房があって,いちど見学させてもらったことがあるが,ずいぶん手間がかかる。

繊維にするまでが大変だ。採取したクズのつるを,まず釜で煮立てる。そのあと流水に浸し,つぎに地面に掘った室(むろ)で二晩寝かせる。いつのころ,誰が考え出したものか,こうやると外皮と木質部が簡単にはがれる。

取り出した内皮をクズオ(葛苧)というが,これをきれいに洗ってから,米のとぎ汁につける。これがオサラシ(苧晒)であって,晒されて白くなる。繊維状になったのを箸に「千鳥(ちどり)」に,つまりジグザグに巻きつけて長い糸にする。米のとぎ汁といい箸といい,ごく日常的な道具が使われたのは,日常の工夫のなかで工程を改良していったせいだろう。

糸が織元に届けられ,あとは糸織りの作業。横糸にクズを用いて,縦糸は綿糸や絹糸で補強する。ハンドバックや財布などの小物,座ぶとんやノレンやカーテン,帽子にも日傘にもなる。手ざわり,見た目とも,しっとりとして上品な味わいがあって,わが国とびきりのブランド品だ。

由来は知らないが,テイカカズラはというところをみると,歌人定家の名をいただいたらしい。初夏のころ,白い五つの花びらに黄色のめしべがついた清楚な花をつける。墓石などもちゃっかりと足場にして伸びていく。いたって要領がいい。

ただし,人間はこのつるの茎と葉を乾燥させて,強壮薬をつくってきた。たくましいつる性植物といえども,知恵くらべでは,とうてい人間にはかなわない。

著者プロフィール

池内紀(いけうちおさむ)

1940年兵庫県姫路市生まれ。ドイツ文学者。エッセイスト。

主な著書に『ひとり旅は楽し』(中央公論新社)『ぼくのドイツ文学講義』(岩波書店)『町角ものがたり』(白水社)など。『カフカ小説全集(全6巻)』(白水社)など翻訳書も多数。新刊は『森の紳士録』(岩波新書)。


外山康雄(とやまやすお)

1940年東京深川生まれ。新潟県浦佐で育つ。2002年南魚沼郡塩沢町に古民家を再生したギャラリー「野の花館」開設。

画集に『折々の花たち 1~4』(恒文社)『野の花の水彩画』『私の好きな野の花』『野の花 山の花』(日貿出版社)など。

外山康雄の野の花館:

URLhttp://www.toyama-yasuo.jp/

コメント

コメントの記入