元オリコン編集長☆イノマーの『叫訓』

第27回 仕事に「控えめ」はない!“もうひと手間”の大切さ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ひと手間について

“ちょい足しレシピ⁠が流行っている。冷凍食品だったり,簡単な料理にひと手間かけることによって,より美味しくなるというすぐれ業。テレビを観ながら,雑誌を読みながら,なるほどなあと感心することしばし。

でも,そんなもん!とも思う。わざわざ,そこまでするか?と。人間は基本,怠け者。

めんどくせー。

何を食ったって,どうせ排泄物になってしまうんだと考えたら,ささっと作って,ちゃちゃっと食べてしまえばオッケーだろうと。

でも,この⁠ちょい足し⁠という考え方はビジネスにおいても非常に大切で,それこそまさにスパイス。出来上がりがまるで違ったりするのだ。

ある日の某情報番組……

『実は,意外かもしれませんが,最後に市販の粉チーズをかけるんです。これで,お店の味になりま~~す』

やかましーわ!と,ついひとり言(テレビに向かってひとり言って寂しいな……)⁠

でも,そう言った後に後悔した。こりゃいかん,と。

粉チーズかけるだけでお店の味になるんだもの。だったら,最後のひと手間を惜しむことはない。でも,やらない。

うん,やらないんだよなあ。大概の人はやらない。でも,やる人はやる。そこで,実は人生にとって大きな差が出る。だって,美味しいもの食べたほうが幸せじゃんね?

しかも,大したことじゃない。最後のひと手間。塩をかけるとか,醤油を軽くまわすなんていう程度のこと。

たったそれだけのことができないなんて,人間が小さいんじゃないかとすら思ってしまう。いや,実際に人間が小さいんだろう。完成形のことを考えたら,それくらいの手間は何でもないはずだ。

うん,必要だ。

ビジネスにおいての天丼

企画書を書く,取材をする,ゲンコーを書く……オイラは仕事をするとき,必ず,もうひと盛りと考える。

お笑い論ではないけど天丼(同じフリやボケをかぶせる)的な発想って大切。1回ゲンコーを書き終わった後に,もう1ネタ,乗せるように読み直す。オチたなと思いつつ,その後にもうひとつ。

ホラー映画的な考え方なのかな? これはゲンコーだけではなく,企画書だったり取材のやり方だったりも然り。

はあ,終わったと思ったら,バコー⁠ーー⁠ーー⁠ーー⁠ーーン!みたいな(笑)⁠まさに,ジェイソンね。

小心者なんだろう。不安症候群? 企画書もとりあえず1枚は作っておいて,それ以外にも必ず用意しておく。⁠こういう企画なんですが」と提出しつつ,その後に「実はそれプラス,こんなこともできればと……」

ずるいね? でも,この⁠ちょい足し⁠が大切。もちろん,出さないケースもあり。相手の顔色を見つつ,空気を読んで。

企画書を手にして読んだ相手も,その後にもう1ネタ出てきたら嬉しいもんだ。それが,たとえひどいネタだったとしても。真剣に考えてくれているんだな,と。

デザートみたいな感じ? これぞ,まさにリアルな⁠ちょい足し⁠なんじゃないかとオイラは思う。

実現するかしないかは置いておいて。こういった⁠ちょい足し⁠は想像以上に大きな効果があったりする。

ある意味,裏技的な方法。まずは大きなフォーマットを提出する。その後に細かなつけ足しを小出しにする。じわじわと相手を攻めていく。すると,熱意は確実に伝わる。

かぶせて,かぶせて……。

人生はサービス!

要するに⁠ちょい足し⁠というのは,気配りである。ひと手間を惜しむ人間に良い仕事はできない。ひと手間ができない,イコール,手抜きということだ。

もちろん,手抜きの考え方にもいろいろある。時間と労力の削減?

今年の夏に知り合いの店を手伝ったときに言われた。⁠そんな細かいことどうでもいい」

う~ん,確かに細かい作業で時間と労力をさくことだったかもしれないが,オイラ的には許せなかった。見逃せなかった。

しかも,たかだか1時間くらいの作業だ。それを惜しむから店の売上が悪いんじゃないか?とすら思った。ま,それはオーナーの考え方だからね。何も言わなかった。

そう,⁠ちょい足し⁠というのはサービスにもつながる考え方だ。最低限のことをやって,あとはどうにか……なんて考えていたらお客さんは満足などしない。

こちらが100パーセントだと思うことも,相手には響かないものだ。それが仕事であり,エンターテインメントでもある。

100パーセントの後に何が出来るか? 勝負はそこにある。100パーセントなんて当たり前だ。それが出来ないのなら商売などヤメてしまったほうがいい。

ひと手間はアイデア。本編じゃないからこそ遊びができる。ひと手間に行き着くまでの道のりのほうが長く面倒だ。でも,その旅が終わればステキなことが待っている。

ひと手間はご褒美。

カロリーの高い仕事

話はひっくり返ってしまうが,⁠ちょい足し⁠って要するに,足りないんじゃないか?と思う。足りないから足す。だって,足りていたら足す必要がない。

歴史のあるインスタントラーメン。発売以来,味は変わりません? 変えろー⁠ーー! 企業努力しろ。って,嘘,嘘。

いや,大したもんだ。でも,それが2012年を生きる現代人にとってどうなのかは微妙なところ。時代によって味覚も変わる。

でも,そういったベーシックがあるからこそアレンジができるのは確かなところ。ビートルズがいたからこそ,セックス・ピストルズは出現した。そんなもんだ(?)⁠

結局,仕事にしても⁠こんなもんでいいだろ⁠みたいなところでやっているから,⁠ちょい足し⁠が必要になってしまう。

相手がお腹いっぱいです,と言ってくるくらいの熱量を吐き出すくらいじゃないとダメだ。常に100パーセント以上でゴー。

でも,相手には100パーセントも伝わらない。オイラの好きなアーティストは皆,そうだ。これでもかというくらいのカロリーでぶつかってくる。

何が美味いじゃない。大切なのはカロリーだ(笑)⁠カロリーが高ければ,大概のものは美味しいのだ。

だから,こちらが弱っているときにはあまりにもヘヴィーだったりもする。だけど,そこまでやらなければ伝わらないこともある。

“ちょい足しブーム⁠なんて草食系男子云々と同じようなもんだ。音楽,映画,小説……とにかく,トゥー・マッチじゃないとNG。仕事もそう。

企画出しにしろ,これはやり過ぎかな?と思うくらいじゃないと成立しない。これは大げさな話じゃない。

会議なんて,油でベチョベチョの中華屋店主になるべし!

今までどうして,自分の企画書が通らなかったんだろう?と思う人は試しに思い切ってみればわかる。

きっと,通ります。

カロリーの高い企画(笑)⁠

それ,プラス,自分なりのデザートを添えて。⁠ちょい足し⁠なんて必要ないメニューを考えること。かぶせて,かぶせて。

旨みの向こう側へ……

味の薄いヘルシーな企画だったり仕事。まあ,とりあえずやり終えたとする。でも,上司に⁠ちょい足し⁠されたら?

あんまり,良い気分はしないはずだ。でも,部下がそういった仕事をしたらオイラはきっと⁠ちょい足し⁠をするだろう。

ちょっとしたことだ。もうひと味。それを考えられる,実行できるようになれば一人前だ。アマチュアとプロの違いはそこにある。

仕事がら,月に数多くのバンドをライブハウスで観る。申し訳ないけれど,ほとんどのバンドがもうひと味どころか……う~~~~~~ん。

でも,良いところを持っているバンドもいる。オイラがプロデューサーになり,メジャーに送ったバンドも最初はひと味足りないと思った。もったいないなあ,と。

でも,たった1曲。1曲だけ最高に素晴らしい曲があった。オイラはそれを伸ばそうと思い,声をかけた。

今ではコマーシャルにも楽曲が使われている誰もが知っている有名なバンドだ。

彼らは彼らで精一杯ライブをやってはいたが,それは彼らの精一杯で,お客さんにとってのお腹いっぱいではなかった。

その,お客さんとの距離を詰めていくこと,そして,それを超えていくことがプロの仕事だ。それは,やがてオリジナルな料理となる。その作品に⁠ちょい足し⁠など必要ない。

“ちょい足し⁠なんてトレンディーに語られているけど,⁠ちょい足し⁠はダメ出し。マスコミが上手いこと言ってるだけだ。

惑わされるなー⁠ーー⁠ー!

って,あれ,オチてないな……しかも,天丼にもなってない……しみません。

コホン。

今回の叫訓です。

叫訓27
自分の100パーセントなんて
他人にとっては30パーセント以下

著者プロフィール

イノマー

昭和41年東京生まれ。駒澤大学卒業後,(株)オリコンに入社。10年間勤務し編集長2回,副編集長を3回務める。退職後,フリーの編集・ライターとなる。同時にバンド活動もスタート。メジャーデビューも経験し,現在はインディーズでの活動へ。過去に10枚のアルバムと2枚のシングルをリリースしている。

http://www.onamashi.com/

Twitter:@inomar_onamashi

コメント

コメントの記入