Agile2013の歩き方

第2回 Agile2013 開催前夜レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

8月4日(日)開催のAgile2013に参加するために,ダラス経由で成田からナッシュビルに飛びました。時差があるために同じ8月4日(日)に到着しました。

会場のゲイロード・オープリーランド・リゾート・アンド・コンベンション・センターにある開催スケジュールの一覧

会場のゲイロード・オープリーランド・リゾート・アンド・コンベンション・センターにある開催スケジュールの一覧

時間を間違えて調整してしまい,思ったよりも早く,レジストレーションの開始1時間前に着いてしまいました。また準備中だったので部屋は空です。

画像

部屋の中はまだ準備ができていませんでしたが,明日の発表内容のサインは出ていました。私は明日(現地時間5日)の14:00からです。少し緊張する,というよりも眠いです。

ホテルの中を1時間見学した後に戻ると,参加登録デスクが開いていたのでさっそく登録しました。発表者はバッジの下に赤の「Speaker」リボンが付いています。

画像

参加が初めての人向けに説明会が開かれます。中身は,主にWebページに書かれた内容と同じでした。

画像

明日自分の発表が行われる会場で,事前に機材の動作確認をさせていただくことにしました。その後18:00からWelcome Receptionがあり,ネット上で連絡をしていた人と初めて会うことができました。自分の発表内容について話し合いました。

これから明日の発表,および参加するセッションの準備を行います。明日はその模様をお届けします。楽しみにしてください。

著者プロフィール

小沢仁(おざわひとし)

株式会社オージス総研

米シカゴ育ち。シカゴ大学で物理を専攻。Oracle XDKを日本に紹介,Seasar英語ページを作成,ESB Muleコミッタとして同ソフトの日本ローカライズ/日本語サイト構築,WaveMakerの日本語ドキュメントを作成,Apache ManifoldCFコミッタ/日本語ページやMySQL対応を貢献。IEEE APSCC 2009などでSOAの研究発表も行っている。

Liferayに興味をもち,Liferay.comフォーラムでサポートしたりWikiページを作成している。Liferay6およびLiferfay IDEの日本語化や日本語資料も作成している。2012年にLiferay社からグローバルレベルでの「Liferay Community Contributor of the Year 2012」を受賞。

現在,米ナッシュビルで開催されるAgile2013カンファレンスでオフショア開発についての発表申請に時間を費やしている。

コメント

コメントの記入