Agile2013の歩き方

第3回 Agile2013 初日レポート「What is Devops?」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今日から本格的にAgile2013が始まります。昨日と比べてスケジュールも多くなっています。

画像

I Heard Devops

最初に参加したセッションは,10:45~12:00のJohn Willis氏による「What is Devops?」⁠Devopsとか何か?)と題したセッションです。

画像

Devopsで国際的に有名なJohn Willis氏の講演です。John Willis氏はEnstratius社に勤めていましたが,最近になって会社がDellに買収されたので,現在はDellのディレクターです。最初にExxon社に就職した後,彼の奥さんはそんなに嬉しい顔をしなかったそうですが,多くのスタートアップに参加したと経歴を語りました。

「最近はウクレレを勉強しはじめた」と言いながら,急にウクレレを取り出して歌い始めました。

画像

歌の歌詞は下のようです。歌声にはそんなに自信がないと言っていましたが,かなり上手かったと思いました。

画像

Devopsは運動である

Devopsについて決まった定義はありませんが「Devopsは製品ではなく運動である」と氏は語ります。Devopsはオープンソース,設定管理,継続的デリバリの3要素の発展により誕生し,またアジャイル,リーン,Webから影響を受けているとのことです。

Devopsの最初の考えは,2008年に開催されたAgile 2008で発表されましたが,興味をもった人はいませんでした。最初は米国でも不人気でしたが,諦めずにベルギーでdevopsdaysを開催し,その後は米国でも人気が高くなったと言います。

Devopsはエリック・リース著の『リーン・スタートアップ』に書かれている考え(MVP,Pivot,継続的デリバリ,actionable metrics,5 whys,スプリットテスト)を取り入れています。ちなみに同書は多くのスタートアップの設立者から読まれ,また大学の教科書としても使われています。まだお読みでないようなら,読むことをお勧めします。

Devopsのポイントは

  1. スーパスターは不要。成功は皆で共有する。
  2. 失敗を恐れない。失敗は学ぶ機会と考える。
  3. 問題が敵。人を責めない。
  4. 犯人はいない。問題の責任も皆で取る。
  5. 計測の仕方を共有する。最終目的に視点を当てる。
  6. 共有できる目的を作る。敵を皆で倒す。

といった点です。

少しずつ変化がある場合,なかなか変化を感じることができませんが,ゆで蛙の寓話のように,状況を正しく把握していないと,後になって大きな問題に直面することになります。

画像

またDevopsはデミングの考えを取り入れています。成功するには,複雑なことを簡単なことに分けて考えることが重要です。Willis氏はこうした考えに基づいた「デミングの14原則」が裏に印刷されたTシャツを着ておられました。

Devopsのためにチームを作らない

まとめとして,Devopsには次のことが重要だ,と語りました。

  1. サービスとは人が行うこと
  2. 継続的改善
  3. 無駄の排除
  4. フローの管理
  5. 顧客の価値
  6. 品質

画像

また,Devopsの活用でとくに紹介したい会社としてEtsy,Netflix,GEの3社を挙げました。

Etsy社はDevopsの多くの要素を取り入れています(コードは芸術,これを作成できるような環境作り,責任を押し付けない文化,組織文化を支援するためのツールの取り入れ,5 Why's,継続的デリバリー)⁠またNetflix社は自社の文化を武器として使っています。そしてGE Investmentは,PaaSスタートアップPivotalに投資しています。

最後に,推奨書籍として次の書籍を挙げました。

「The Phoenix project」⁠⁠The Four Steps to the EWpiphany」⁠⁠The End of Certainty」⁠⁠The Machine that Changed the World」⁠⁠Toyota Production System: Beyond Large-Scale Production」⁠大野耐一著)⁠⁠The New Economics」(Demming著)

結びの言葉として「⁠Devopsチーム』というのは間違った考え方である。Devopsのためにチームを作ったら,現状のチームと同じことになってしまう。Devopsというのは考え方なので,今のチーム内で使うことが望ましい。」と語り,講演を終えました。

興味をお持ちになったらWillis氏のブログも参照してみてください。

著者プロフィール

小沢仁(おざわひとし)

株式会社オージス総研

米シカゴ育ち。シカゴ大学で物理を専攻。Oracle XDKを日本に紹介,Seasar英語ページを作成,ESB Muleコミッタとして同ソフトの日本ローカライズ/日本語サイト構築,WaveMakerの日本語ドキュメントを作成,Apache ManifoldCFコミッタ/日本語ページやMySQL対応を貢献。IEEE APSCC 2009などでSOAの研究発表も行っている。

Liferayに興味をもち,Liferay.comフォーラムでサポートしたりWikiページを作成している。Liferay6およびLiferfay IDEの日本語化や日本語資料も作成している。2012年にLiferay社からグローバルレベルでの「Liferay Community Contributor of the Year 2012」を受賞。

現在,米ナッシュビルで開催されるAgile2013カンファレンスでオフショア開発についての発表申請に時間を費やしている。

コメント

コメントの記入