Agile2013の歩き方

第7回 Agile2013 最終日レポート「Why Everyone Needs DevOps」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

8月9日(金)⁠いよいよこの日がAgile2013の最終日です。1つのセッションの後に行われるキーノートが閉会式になります。

生産性を上げる働き方とは

9:00~10:15のセッションは,申請で落選したものの,参加者からの投票によって選ばれ復活したセッションです。私の発表に来ていただいたリンダ・ライジング(Linda Rising)さんの「Problem-Solving and Decision-Making in Software Development」に参加することに決めました。

画像

話の始まりは,ご自身の経歴についてのお話です。

彼女はもう71才ですが,コンピュータサイエンスの博士号をもっています。もちろん,50年前の大学にはコンピュータサイエンスという学科はありませんでした。実は大学生のときは数学を専攻していました。しかし数学を専攻されたご主人から,数学では仕事がないと言われて断念しました。それから年月が過ぎましたが,再び大学に戻ることを決めて,50歳でコンピュータサイエンスの博士号を取ることができました。やる気があれば歳とは関係なく博士号を取得することができるのです。

次にDan Ariely氏の本『Predictably Irrational』を取り出しました。どうやら本をいただいたが,すでに持っているので差し上げたいと言ったようです。本を足元に置いたときに,私にはすぐに意味がわかりませんでしたが,他の参加者が素早く本を取りに行きました。

ご存じかもしれませんが,Dan Ariely氏とは,ダニエル・ピンク(Daniel H. Pink)氏のモチベーションに関する講演で出てくる結果の研究を行った人です。かなりおもしろい研究結果が出ています。私は幸い帰国時のシカゴ空港内の本屋さんで3 for 2セール(2冊買ったら3冊目は無料)で買うことができました。

講演に戻ります。次に,人の生産性についての話をされました。会場の人に,トイレに行くのも含めて机から離れずに一番長く座っている時間を尋ねました。他の講演では13時間も座り続けた,と言った女性がいたそうです。長く座っている人の多くは言い訳をするそうです。脳は変化を感知するようにできているので,1つのことに長く集中すると生産性が下がるとのことです。

そして,座っているよりも立って仕事をした方が生産性が上がるという話をされました。ただ立っているだけではなく,トレッドミル(ウォーキングマシン)を使って歩きながらパソコンを使える机を販売している会社があります。実際に歩きながらパソコンを操作しているビデオを見せられました。ただ「これを実際に採用する会社は少ないでしょう」とも言っていました。

画像

次に睡眠時間のことに話が移りました。アインシュタインは毎日10時間の睡眠を取っていたそうです。研究の結果,毎日7時間眠ることが推奨されています。残念なことに,参加者の中で睡眠時間が一番短いのは私でした。前夜もパーティの後にこの記事の原稿を書くために朝3時まで起き,翌朝も習慣で4時に起きてしまい,体力維持のためにフィットネスセンターで5マイル走りました。この講演の参加前にもコーヒー3杯とコーラ3本を飲んでいます。リンダさんに「可哀想。慰めてあげるから来なさい」と言われてしまいました。

昼寝も良い効果があります。写真のように頭から被る枕があると回りを気にせず眠ることができお勧めだそうです(自分は持っていません)⁠また,学んだ後に10分間散歩をすると記憶に残りやすいとのことです。

画像

また,決断を下すまでに気を散らした方が良い決断ができるという話もありました。決断はエネルギーを使うので,疲れていたりお腹が空いていると早く決断を下そうとしてしまい,最善の決断がなされない場合があるからです。同様に,食事をしながら交渉した方が良い結果が得られるそうです。さらに,これはジョハンナ ロスマン氏の講演にもありましたが,マルチタスク(複数の作業を同時に行う)をすると作業効率が下がります。

このほかのTipsとして,次のような指摘がありました。

  • 問題の種類に問わず,手で書いて問題を解いた方が解けやすくなる
  • 紙を使って勉強した人の方が,パソコンを使って勉強した人よりも多くのことを覚える
  • 紙の本の方が電子書籍を読むよりも内容を覚えられる
  • 男性のチームに女性が入ると生産性が良くなる
  • 犬や動物を職場に連れてくるとチームの協調性が良くなる

最後に皆で立ち上がって,Amy Cuddy教授が推奨するパワーポーズをしました。紹介されたTEDのビデオは自分に自信をもたせるための話です。はじめからできないと思うのではなく,実際にできるようになるまで「自分はできる」と信じることです。私も自分の発表を行う前にこのビデオを見ていたら良かったと思いました。

著者プロフィール

小沢仁(おざわひとし)

株式会社オージス総研

米シカゴ育ち。シカゴ大学で物理を専攻。Oracle XDKを日本に紹介,Seasar英語ページを作成,ESB Muleコミッタとして同ソフトの日本ローカライズ/日本語サイト構築,WaveMakerの日本語ドキュメントを作成,Apache ManifoldCFコミッタ/日本語ページやMySQL対応を貢献。IEEE APSCC 2009などでSOAの研究発表も行っている。

Liferayに興味をもち,Liferay.comフォーラムでサポートしたりWikiページを作成している。Liferay6およびLiferfay IDEの日本語化や日本語資料も作成している。2012年にLiferay社からグローバルレベルでの「Liferay Community Contributor of the Year 2012」を受賞。

現在,米ナッシュビルで開催されるAgile2013カンファレンスでオフショア開発についての発表申請に時間を費やしている。

コメント

コメントの記入