Lifelog~毎日保存したログから見えてくる個性

第5回 それをLifeLogと呼ぶのか…

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Mac OS X 10.5.2(Leopard),お前もか…

Lifelogの連載も早くも5回目。すこしずつLifelogを実践するライフスタイルの核心に迫っていきます。

筆者はLifelogを実践しています。必要と思えるあらゆる情報を克明に記録し,蓄積しつづけているのです。これは,別にだれから頼まれたということでもなく,モチベーションは,自分の内部から生まれています。「それ」『Lifelog』と命名され,呼ばれるようになる遙か前から,そういう記録をつづけているのです。記憶にある限り,小学校の高学年のときにはすでに記録をとっていました。記録にある限りでは,さらに小さいときからの記録が(部分的にですが)残っています。1970年代からです。

実体は命名よりも先行する

命名と実体とはどちらが先行するのでしょうか。「オーストラリアに生息しているクモのうち,すでに見つかって学名がつけられている種は全体のおよそ三分の一にすぎない」(『眼の誕生 カンブリア紀大進化の謎を解く』アンドリュー・パーカー/草思社)という一節がありました。もちろん,名前よりも実体のほうが,当然先行しているわけです。

「blogの次はLifelogだ」というような話を聞いたときに,ちょっと色気が出ました。でも色気はすぐになくなりました。第1回目に触れたとおりで,Lifelogと呼ばれているログのうち,産業/流通用のことを話していることは少なくなく,そういうものと筆者の実践しているとLifelogとは,ずいぶん隔たりがあることを思うと,ひとつの言葉でもずいぶん使う人にとって意味は違うのだなぁと感じます。

ソニー,マイクロソフト,アップル

ともあれ,最近だと,Mac OS X 10.5.2(Leopard)がでたときに,シーザーみたいに「お前もか…」とつぶやいたのはたしかです。「おまえもか」というためには,その前にもだれかがいるわけですが,その前のだれかは,たとえばマイクロソフト・リサーチセンターのゴードン・ベル博士ですかね。なんとなく時代がこっち(Lifelog)に向かっているような気はします。

Mac OS X 10.5.2(Leopard)の注目すべきLifelog機能とは,いうまでもなく,編集履歴をぜんぶ(?)保存するという,タイムマシン機能です。タイムマシン機能といえば,東京大学/ソニーCSLの暦本純一教授のタイムマシンコンピューティングという,とてもインパクトのある論文もありましたし。やっぱり風はこちらに向かって吹いているのでしょうか。

Mac OS X 10.5.2(Leopard)のタイムマシン

Mac OS X 10.5.2(Leopard)のタイムマシン

Mac OS X 10.5.2(Leopard)のタイムマシン機能。ついにアップルもこうなったかと思いました。2007年。

MyLifeBits

MyLifeBits

マイクロソフトのMyLifeBits。論文は2002年から。

タイムマシンコンピューティング

タイムマシンコンピューティング

東京大学/ソニーCSLの暦本純一教授のタイムマシンコンピューティング。論文は1999年。一連のなかではいちばん早いですね。暦本純一教授は『PLACE+』『MEMORY+』などの刺激的な第1回ワークショップシリーズも主催してます。

大原則・コンピュータのファイルは捨てない

Lifelogの実践とコンピュータとの相性は,けっこうよいと思います。コンピュータは小さくなってきたし,自動的にいろいろな記録を取ることができるし,手動で記録したことも,かなりためておくことができるからです。

ここでいうコンピュータとは,携帯電話や小型端末を含めていますし,記録とはたとえばGPSのログデータとか,そういうものも含めています。天気情報,乗り換え情報。世界(あるいはWeb,あるいはインターネット)は,情報に満ちています。

ファイルは捨てない

Lifelogの大原則ですが,それは,コンピュータのファイルは捨てないということにあろうか,と考えております。

コンピュータで記録できることは種々あります。それを不要だと感じたら,片っ端から捨ててしまう,というのは,筆者もひとつのスタイルとしてはとてもあこがれているものです。

きれいさっぱりぜんぶ捨ててしまう,というのと,デジタル化して表面はきれいになるというのとは,やっていることはずいぶん違うけれど,表面はおなじように見えるものです。何度か写真でご覧いただきましたが,筆者の机の上には,紙はほとんどないし,そこだけを見れば,「捨てる」派の机と,おなじように見えると思います。コンピュータのデータは「モノ」でないためで,モノをなんでもとっておくのとはすこし違うわけです。

著者プロフィール

美崎薫(みさきかおる)

夢想家,未来生活デザイナー,『記憶する住宅』プロデューサー,記憶アーティスト。住宅,書斎,机をはじめ,ハードウェア,ソフトウェアの開発をプロデュース。著書『デジタルカメラ2.0』(技術評論社)など多数。

コメント

コメントの記入