Lifelog~毎日保存したログから見えてくる個性

第10回 未処理をこう処理しよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

日付が嫌な人に

日付をベースにしたファイル構造を作り情報を蓄積していくというのは,ライフログであるかないかを問わず,多かれ少なかれ,だれもが行っている作業だろうと思います。

メールの整理,フォルダの命名などで,日付を使わないことのほうが少ないのではないかと観察した結果,ライフログとの相性もよいということで,筆者は日付を強く押し進めました。

いっぽう,日付よりもジャンルだとか,仕事の種類だとか,クライアント別だ,とおっしゃる方も少なくないです。身近なところだと,未踏ソフトウェアで筆者のPMだった関西学院大学の河野恭之教授が,開口一番「日付だけじゃだめだから」みたいなことをおっしゃってくださって,それをクリアするのは,並大抵ではなかったです。

ま,引き続き長い目でご支援ください,ってなんか近況報告みたいですけど,日付はだめだ,という方も根強くいらっしゃるわけです。

多様な整理

このあたり,じつは筆者の使っているメインシステムは,ハイパーテキストベースなので,非常に発言は玉虫色になったりしますが,別に日付がだめなら日付じゃなくてもいいじゃん,と思っているのは否めないところがあります。なにしろ26,000のファイルをその10倍以上の30万のリンクで整理しているのですから。リンクの価値については身に染みてわかっています。

ある日の日誌

ある日の日誌

日付ベースで整理している情報です。枠囲いのキーワードは,すべてハイパーテキストとなっています。

空間的な整理

空間的な整理

空間ベースといえばなんといっても地図です。

たったひとつなら日付

それでも,もしたったひとつの軸を選ぶなら日付だろうと思ってもいます。

筆者自身は日付以外のあらゆる関係性をリンクの軸として用いているし,その有効性も感じています。機会があれば,ハイパーテキスト機能を実現したいとも思います。最近は,あんまり受けないみたいですけどね,ハイパーテキスト。下火なんでしょうか。

筆者は自覚的に玉虫色です。日付はだめだという方も,じつは日付を使っていることはあるわけでしょう。日付がだめだといったからといって,予定表もカレンダーも時計も使わないことはありえないですし。二元論的な発想じたいがだめなのです,きっと。

著者プロフィール

美崎薫(みさきかおる)

夢想家,未来生活デザイナー,『記憶する住宅』プロデューサー,記憶アーティスト。住宅,書斎,机をはじめ,ハードウェア,ソフトウェアの開発をプロデュース。著書『デジタルカメラ2.0』(技術評論社)など多数。

コメント

コメントの記入