Lifelog~毎日保存したログから見えてくる個性

第11回 未処理を「今日」に置く

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

日付のフォルダのなかに未処理のフォルダを置く

日付のフォルダのなかに未処理のフォルダを置く。これは,日付のフォルダを毎日開いているために思いついたことです。未処理のフォルダを日付のフォルダの外においてしまうと,注目すべきフォルダがふたつに分かれてしまいます。だいたい,ふたつのものごとに注目すると集中力を欠くことになります。ものごとをうまくいかなくする最短の道だと思います。

ランナーを背負ったピッチャーはバッターに集中できなくなり,電話をかけているドライバーは運転に集中しなくなります。人間が一度に処理できる「ワーキングメモリ」は限られているので,未処理のことを「別の場所」に置くべきではないのです。

だいたい未処理のことというのは,時間や能力やタイミングがそろえば処理すべきものごとになるわけですから,邪魔にならない程度に注目すべき場所に置いておくに限ります。忘れてしまっては元も子もない。

今日のフォルダ

今日のフォルダ

おいてあるものは結構乱雑です。$calendar.cidxはSmartCalendarのインデックスファイル。2008_0718.lnkは昨日のフォルダへのショートカット。getuptime.txtは起床時刻と就寝時刻のファイル,ipaddress.txtは今日のIPアドレス(DHCPでときどき変わるので記録している)。

weather_forecast.txt, weather_forecast2008_0719_0541.txt, komae_weather2008_0719_0541.htmlは天気予報情報。.sentmailは送信したメール,ReceivedMailフォルダは,受信メールのフォルダ。autolinktestは開発中のプログラムのフォルダ,Lifelog第11回はこの原稿のフォルダ,photoは写真フォルダ,temporary_workがなにより重要な「未処理」のフォルダです。

デスクトップはウィンドウが隠す

未処理の事柄をどこに置くかというと,いつも注目している場所に,ということになるわけです。指に赤い糸を巻いておくのがベストです。視野の中央にある必要はないけど,視界のどこかに入っている必要があります。フォルダの構造でいえば,いつも使っているそのフォルダの内部ということです。

デスクトップに置けばいいじゃないかといわれるかもしれませんが,デスクトップに置くと,ウィンドウを開いただけで視野から消えるじゃないですか。それはちょっと避けたいというか,視野から消えたものはないのとおなじだと思うのです。

今日することをリストする

この方式は,じつは筆者にとってはとてもなじみ深いものでした。1984~1987年に使っていた情報カードが残っているのでご覧いただくことができます。

この毎日その日のフォルダというか,その日にすべきことリストを書くという方法は,その日というのが今日であることや,一覧のなかにすべての事柄が書いてあるということで,とてもわかりやすい方法のひとつだと考えられます。これだけ見ればよいので,頭のなかがすっきりします。最近はこういうのを,GTD(2002)とかいうらしいですね。デジャビュ(Déjà-vu)です。ま馬齢ともいう。

情報カード

1984~1987年に使っていた情報カード

ライフログの原点,1日1枚,という方法のルーツは,このあたりにあるらしいです。かれこれ20年以上になります。たいていこのテの紙の情報は,書くのに手抜きをしたくなるものです。たとえばこのカード,日付に年が書いてありません。使っているときは,毎日おなじ年で,それは今年に決まっているので,わざわざ年を書くのが苦痛なんですね。このあたりの問題意識は,2000年問題に通じるものがあります。この場合,なかのアイテムが日付情報をもっている(たとえば『ジョセフへの追想』は,別冊少女コミック1985年12月号~1986年1月号に掲載された渡辺多恵子の作品で,単行本は1986年刊行,1992年に軽装版,のちに文庫版。イメージアルバムも1986年発売)ことや,曜日が書いてあることで特定できますけれど,書類やログに年を入れて日付を書くのは,書類作成の基本中の基本です。

著者プロフィール

美崎薫(みさきかおる)

夢想家,未来生活デザイナー,『記憶する住宅』プロデューサー,記憶アーティスト。住宅,書斎,机をはじめ,ハードウェア,ソフトウェアの開発をプロデュース。著書『デジタルカメラ2.0』(技術評論社)など多数。

コメント

コメントの記入