Lifelog~毎日保存したログから見えてくる個性

第31回 ログの活用と「関係性」の図示

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

ライフログの粒度

ライフログの粒度について,最近しみじみ考えることがありました。短期間に系図をつづけて4つ見たためでした。

ひとつはNHKの『歴史秘話ヒストリア「親父(おやじ)!いいかげんにしてくれよ!~信長に振り回された家族たち~」信長家族騒動兄弟抗争・奇妙子育てフィギュア織田本能寺』という番組で,織田信長の家系についての話です。フィギュアスケートの織田信成選手は,織田信長の子孫であると知られています。

織田信長は,天文3年5月12日(1534年6月23日)~天正10年6月2日(1582年6月21日)に存命していました。2009年現在から見ると,ざっと475年前の人物です。

30年で1世代として30で割ると15.8世代。子どもの数を平均してふたりとすると,遺伝子上は215=32,768人の子孫がいることになります。

もっとも,ふたりの子どもが男と女だとして,男だけが「織田」の名前を継いでいるとすると,直系の子孫はずっと少ないわけですけれど。

もうひとつは最近買った血統書つきの猫の系図(いわゆる血統書)です。人間の家系図と同じく,血統書には直系の先祖しか記載されていませんでした。ねこは普通3~5匹くらいの兄弟を産みますから,じつは血統(血縁関係)は人間の場合よりもずっと急速に拡大するはずです。

最近買った猫の血統書

最近買った猫の血統書

なぜか猫を買うことになり,しかも血統書つきの猫を買うことになるなんて,人生で一度も考えたことはなかったのですが,現実にはそういうことが起き,はじめて血統書を目にすることになりました。いやはやこんなものとは…。

とてもそれは1枚の図面には記載し得ないのだろうなと思います。兄弟は他人の始まりなのかもしれません。

さらには加山雄三。最近二世タレントが話題ですが,加山雄三は,岩倉具視の子孫(玄孫・げんそん・やしゃご)なのだそうです。岩倉具視(文政8年9月15日(1825年10月26日)~明治16年(1883年7月20日))-岩倉具定(公爵)-具顕(男爵)-具子(小桜葉子)-池端直亮(加山雄三)なんだとか。

最後がアイドルポップスバンドLAZY(1973~1981)のファミリーツリーです。

1981年のLAZY解散後,LAZYのメンバーはLOUDNESS,NEVERLAND,などさまざまなバンドを結成して,一大ファミリー化していきます。

LAZYファミリーツリー

LAZYファミリーツリー

LAZYのベスト盤『LAZI GOLDEN★BEST』掲載。関係性の縮図という感じです。

こういうのを見ていると,ログをどういう単位でどう記録して,どう活用するのかを,しみじみ考えちゃうのでした。

コンピュータのログ記録はたやすい

コンピュータの操作はしょせんはキーボードの動きかポインタの動きに還元できるので,適切なログ記録システムさえ用意すれば,あらゆる操作を細大漏らさずログ化可能です。通常の生活のログをとるのに較べると,あまりにも容易すぎるくらいです。

筆者の知る限り,研究レベルでは,中京大学大学院の近藤秀樹氏のNecoLogger(ネコロガー)がそうしたコンピュータ操作の全ログに対応しています。あるいはまた,アップルのMacintosh Mac OS X Leopardに搭載されたTime Machine(タイムマシン機能)とかでしょうか。

筆者自身もここ1年ほど,ほぼすべての検索履歴,Web閲覧履歴,メール送信などを一元化して自作の秘書ソフトで実行することで,それぞれをログ化してきました。

ログには,以下に示す「全ログ指向」と,必要な部分だけ記録する「任意ログ」系の,大まかにふたつに大別できると思います。

全ログ指向:
  • 全データログ
  • 全操作ログ
  • 全コマンドログ
任意ログ:
  • 任意のデータログ
  • 任意の操作ログ
  • 任意のコマンドログ

たとえば通常のメーラーは容量が限られていて削除しながらでないと実用にならない点で任意ログ系ですが,GoogleのGmailサービスはヘビーデューティーに100%対応はできないとはいえ,全ログ指向だと考えます。飛行機のフライトレコーダーとかも全操作ログ系ですね。

著者プロフィール

美崎薫(みさきかおる)

夢想家,未来生活デザイナー,『記憶する住宅』プロデューサー,記憶アーティスト。住宅,書斎,机をはじめ,ハードウェア,ソフトウェアの開発をプロデュース。著書『デジタルカメラ2.0』(技術評論社)など多数。

コメント

コメントの記入