Lifelog~毎日保存したログから見えてくる個性

第34回 自動化新聞ビューアー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

紙とデジタルとのはざまで

紙の魅力はデジタル時代でも健在です。 紙の新聞や辞書や書籍は,めくるのが容易で一覧性が高く解像度が高くて電源を必要とせずに軽くて柔軟です。新聞は毎朝届くのも魅力です。わざわざ探すのではなくて,見たいものがそこにあるのです。これは紙のよいところです。

紙らしさをもった新聞の読み方

紙らしさをもった新聞の読み方

朝日新聞は毎日1面をWebで画像として公開しているので,それを毎日見ています。記事のタイトルを自動で埋め込んで検索できるようにしています。Webページを見るよりも,新聞っぽい感じです。これを見ると,1面に広告を出すか,2面以降に広告を出すかは,決定的な差があることがわかります。ある種の読者にとっては2面以降に出すのは,出さないのと同じだということです。

紙には魅力があります。すべてのものの長所が短所と表裏一体であるように,紙にはデメリットもあります。物質性はデメリットにもなります。

身近な例は,新聞の物理的な「量」です。毎日新聞が届くのは,よいことばかりとはいえません。読み終えた新聞は1カ月で段ボール箱1箱分程度の量になり,回収と表裏一体のサービスでないと,管理しきれないためです。回収日に出すのを忘れて,何ヶ月分とかたまってしまうと,古新聞の臭いもするし,部屋も狭くなるし,ぜんぜんだめだめじゃん,って感じがしてきます。

懐かしき紙の時代の切り抜き

懐かしき紙の時代の切り抜き

讀賣新聞1986年10月16日木曜日夕刊。こういうのがちゃんと残るところに紙のよさはあると思います。この色あせたセピア色も紙ならではで,大好きなんです。臭いはちょっと苦手です。

懐かしき紙の時代の切り抜き

懐かしき紙の時代の切り抜き

讀賣新聞1986年10月16日木曜日夕刊。

そんなこんなで,じつは筆者は紙の新聞をとらなくなって,早5年ほどにもなります。インターネットで読むようになって久しいのです。

新聞はもっぱらインターネットで見ています

新聞はもっぱらインターネットで見ています

たとえばこんな記事のクリップも,インターネットなら簡単ですし,探すのも容易です。キャプチャーには,CapturePileという,キャプチャーした範囲内のテキスト内容をJPEG/Exifに埋め込むことのできるキャプチャーソフトを使っています。記事の全文が入っているので,検索できるわけです。

新聞をとるのをやめてから,ちり紙交換に出す悪習から逃れたことは生活の観点から見て大きなメリットでした。

デジタル化した資料は場所をとらず必要に応じて検索でき,ある種の自動化となじみやすいと考えます。デジタル資料のもつ軽快さ,自由さを体験すると,規模の点で月に一度ちり紙交換に出さなければ破綻するように紙のもつ物質性は,扱える情報の量を自ら制限 していると疎ましく感じられてきます。

紙のもつ「量」と場所ふさぎの問題をのぞけば,紙のもつ操作性や一覧性は,デジタルにはない魅力として,がぜん光って見えてきます。紙に回帰したい願望があるわけです。紙への気持ちはアンビバレンツです。紙は好きでも紙のもつ物質性のうちの一部は好きでないのです。

そんなわけで,デジタル化した資料に,新聞のもつ「手にとるような自由さ」や,「自動的に配達されてくるところ」を再現したいと考えてきました。

著者プロフィール

美崎薫(みさきかおる)

夢想家,未来生活デザイナー,『記憶する住宅』プロデューサー,記憶アーティスト。住宅,書斎,机をはじめ,ハードウェア,ソフトウェアの開発をプロデュース。著書『デジタルカメラ2.0』(技術評論社)など多数。

コメント

コメントの記入