Lifelog~毎日保存したログから見えてくる個性

第42回 本のデジタル化と2ページビューアー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

求める電子書籍端末を試作する

前回スキャンして日付順のフォルダに保存するところまで説明しました。今回は,保存したあとに行う閲覧作業と,専用に試作した電子書籍ビューアーを紹介します。

専用ビューアーといっても,じつは以前から使用しているPictureViewを2ページモードで実装し直したものです。通常の写真の場合には,ランダムに回転して,付箋風にExif情報を表示するのがPictureViewの標準モードです。写真を表示するときには,このランダムな感じが自然に見えて,とても気に入っています。

図1 写真ビューアーであるPictureViewのデジタル写真モード

図1 写真ビューアーであるPictureViewのデジタル写真モード

自分で撮影した写真は,写真のように枠をつけ,Flickrにアップロードできるように,付箋にFlickrアップロード用のチェックボックスをつけて表示する。

PictureViewは多重起動のできるSDI式のアプリケーションで,複数の写真を同時に表示することも可能です。PictureViewには,書籍ビューアーに必要と考えられる手書きメモ機能とテキストメモ機能があり,わざわざ新規に開発する必要がないのは開発効率を高めていると思います。

図2 写真ビューアーであるPictureViewの新聞写真モード

図2 写真ビューアーであるPictureViewの新聞写真モード

新聞記事を表示するときには,その記事の写真をPictureViewで表示している。無造作に記事のとなりに表示する。このときもランダムに回転している。

PictureViewを電子書籍ビューアーに転用するためには,ふたつの追加機能が必要です。 ひとつは,正位置に表示することです。1枚の(あるいは数枚程度の)写真を表示するときにはランダムに回転していても自然ですが,本の場合,ページをめくる度に回転して表示すると,大変不自然に感じられます。というか,ページとしして片側を固定している本で回転して表示することはありえないです。そこで,本モードでは正位置の回転しない表示を行うことにしました。

ふたつめは,2ページずつ表示することです。既存の電子書籍端末で表示面積とボディサイズのトレードオフで,⁠1ページずつ表示するか」⁠2ページを縮小表示するか」のどちらかを考えることになりますが,筆者が使用しているのは21型のディスプレイで,単純計算でKindleやiPadの倍のサイズですから,2ページ表示してもKindleやiPad程度には見えることになります。

図3 PictureViewの2ページモード(1)

図3 PictureViewの2ページモード(1)

PictureViewの2ページモードで,講談社のPR誌「本」を表示したところ。文章を読むためには,2ページ見開きを見やすいサイズで表示できることが前提でしょう。

図4 PictureViewの2ページモード(2)

図4 PictureViewの2ページモード(2)

PictureViewの2ページモードで,双葉社の「ルパン三世マガジン」を表示したところ。

図5 比較のためのWebで見かけたブックブラウザの例

図5 比較のためのWebで見かけたブックブラウザの例

デジタルの書籍をWebで提供しているのですが,画面を最大化しても,表示部分は小さいままで,1行の文章を一度にぜんぶ読み切ることはできません。あまりにもストレスでしょう。

著者プロフィール

美崎薫(みさきかおる)

夢想家,未来生活デザイナー,『記憶する住宅』プロデューサー,記憶アーティスト。住宅,書斎,机をはじめ,ハードウェア,ソフトウェアの開発をプロデュース。著書『デジタルカメラ2.0』(技術評論社)など多数。

コメント

コメントの記入