Lifelog~毎日保存したログから見えてくる個性

第50回 部分と全体~専門システムと「ぜんぶ」のバランス

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

部分集合としての一般システム

ライフログといって,人生全体をキーワードにしつつ記録していると,たいていのどんなシステムでも,それは部分集合なんだな,と感じることがよくあります。

食事の記録は,デジタルカメラを使い始めた初期から(といってもドクター中松ほどではないですが)つづけているし,カレンダーも2004年の未踏ソフトウェアで作りましたので,東京大学の相澤清晴先生の研究室で行っているFoodLogは興味深いサービスだと感じました。

図1 FoodLog

FoodLog

1カ月ぶんの食事の一覧。たまに抜けることもありますね。

部分集合のほうが,むしろサービスとして成立する,というのは,たしかなところなのかもしれません。

人生全体というのは芒洋として曖昧模糊としているので,食事のログだ,というある種の専門システムのほうが,わかりやすいのですね。

これはたぶん,ライフログといったときに,なにをイメージするのか,ということが,人それぞれで大きく異なっているということとも関係しているのかもしれないです。

ライフログというときに,Twitterをイメージするのか,GPSシステムをイメージするのか,生体ログをイメージするのか。あるいはウェアラブルコンピューティング,ユビキタスコンピューティング,アンビエントコンピューティング,パーベイシブコンピューティングなどなのか。

はたまた,書籍のデジタル化なのか。商品のレコメンドシステムなのか,デジタルサイネージなのか。音楽の再生ログなのか,SuicaやICOCA,PASMOのログなのか。

これら,ぜんぶなのか。

輪郭をはっきりさせる「部分」という選択

そう考えてみると,部分であることは悪くないのです。

どれでもあり,かつどれでもないものなんていうのは,ほんとうに不透明でぼんやりしていて,輪郭がはっきりせず玉虫色で,捕まえたと思った手からするっと逃げるような,雲をつかむような話だからです。

それに比べて,部分であることは輪郭がはっきりしていて,きっちりしている。白黒はっきりしているので,なにをターゲットにしているかも明らかです。

これだという断定は,ひとを安心させます。どうせつきあうのなら,ぬらりひょんよりは猫のほうがいいと思うし,よしんばそれが大蛇だとしても,正体のわかっているほうが対応はしやすいというものです。

では,部分のほうがよいのか。

よい悪いの問題ではないとしても,部分と全体を対比すると,部分のほうが確実性をもって見えてきます。

リバイバルはブームなのか!?

部分のほうが確実なライフログなのか。

もちろん,そうではありません。部分は部分にすぎないからです。ライフというからには,せめてふたつ以上の複数のものの関連づけが必要です。食事+時刻のようにです。

いっぽうでもうひとつ感じているのが,足りないものを足しても,満たされないことがある,ということです。部分だけではだめなのです。

たとえば,雑誌や書籍,新聞です。最近では,70年代,80年代,90年代などのリバイバル書籍や雑誌が増えている気がします。気のせいかもしれませんけど。

図2 リバイバル雑誌

リバイバル雑誌

70年代,80年代,90年代などのリバイバル書籍や雑誌のいろいろ。すぐにデジタル化してしまうので書籍のかたちではあまり残っていないです。

わたしは基本的に雑誌も捨てずに蓄積してきましたし,一時期は新聞の縮刷版を愛読していたこともあります。

その目で,広告や雑誌をリバイバルした懐かし歴史物のジャンルの雑誌を見ると,不思議な気持ちになることがあります。

ひとつめは,情報をあまりにも恣意的に集めていて,目についたものしかかたちにしていないことです。雑誌の表紙1枚だけの写真を収録しているとか,いろいろな事件が起きた1日だったのに,その中のひとつだけしか書いていないとか。

つまり,部分的すぎて全体が見えないのです。

著者プロフィール

美崎薫(みさきかおる)

夢想家,未来生活デザイナー,『記憶する住宅』プロデューサー,記憶アーティスト。住宅,書斎,机をはじめ,ハードウェア,ソフトウェアの開発をプロデュース。著書『デジタルカメラ2.0』(技術評論社)など多数。

コメント

コメントの記入