Lifelog~毎日保存したログから見えてくる個性

第54回 リンクファイルシステム『PileLink』の誕生

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

リンクファイルシステム

Wiki書式を使い,ローカルで動く自分専用のファイルシステムと一体化したWikiシステムを夢想してきました。

構想から9年,ようやくファイルシステムと一体化していて,日付や人名,地名,住所,事柄,メール,写真,URLなど,あらゆることをリンク可能な,ローカルWikiブラウザの萌芽が見えてきました。

図1 テキストビューアーエディタの『FancyNote』

図1 テキストビューアーエディタの『FancyNote』

単純なテキストビューア/エディタとして開発してきたが,先日,[[ ]]のWiki形式に対応。これにより,メニューからWikiのリンクを開いて,そのリンクを開くことができるようになった。リンクの内容に応じて処理は変更でき,[[**.cs]](C#のソース)なら「プロジェクトファイルを開く」ように設定している。

図2 Twitterビューアーとして使っている『FancyNote』

図2 Twitterビューアーとして使っている『FancyNote』

本文中にURLがある場合は,それをリストしてジャンプすることもできる。Wiki形式,URLなどに広く柔軟に対応中。

Windowsでハイパーテキスト

書いたデータは,基本的にすべてWindowsに転送して管理しています。ここで問題なのはハイパーテキストです。

Windows上でハイパーテキストをどう再現するか。HTMLはブラウジングには適していますが,ハイパーテキストを作成するのに不向きです。

この点で,もっとも可能性があると考えていたのが,⁠WikiWikiWeb』のシステムです。Wikiを知ったのは,2001年11月のことでした。9年も前です。

HTMLのように大げさでなく,[[ ]]でくくるだけで容易にハイパーテキストを構築できるシステムは興味深く,強い関心を抱きました。Wikiの入門書を執筆しようとしたこともあります。

サーバー指向のWiki

結局,Wikiを使わなかったのは,ローカルで動く自分専用のファイルシステムと一体化したWikiシステムが,当時は存在しなかったためでした。

待っていてもだめなので作るしかないと考えてからは,フォローしていないので,その後そのようなものができたのかどうか,いまいちよくわからないのですけど。

2001年当時,Wikiシステムを自前で動かそうとすると,サーバーを立てるとか,Perlをセットアップするような,本質とは関係ないように思われるけっこう重たい作業が多く,手にあまったのです。また,ルートをどこにするか,pathの書き換えはどうするか,/\の使い分けはなど,煩わしい問題が多すぎました。

単に1ユーザーとして,動いているWeb版のWikiを使うのは簡単ですが,管理者として使うとなると難易度が飛躍的にアップするのです。そもそもWindowsとWikiというのはなじみにくく,Linuxベースの方がずっと使いやすいということもありました。

ちなみに現在はWindows,Linux(Ubuntu)⁠Macを併用しています。それでもサーバーを立ててWikiを使うかというと躊躇します。

リンクファイルシステムの実現フェーズ

Wikiから引き継いだのは[[ ]]によるリンクだけで,サーバーも動いていませんから,Wikiというのは不適切かもしれませんね。⁠PileLink』とでも呼ぶことにしましょう。

ハイパーテキストは前述のシステムから自動で(!)引き継げるほか,リンクの新規作成,編集,削除などもできます。ローカルで動作するので,サーバーを動かす必要もありません。

さらに,ハイパーテキストシステムで肝となる,テキスト群からの全自動ハイパーテキスト構築の実験も成功していますので,テキスト群を与えれば,全自動でハイパーテキスト化することも可能になると思われます。

現在は,それぞれのコアのエンジンが動いた段階なので,細かい周辺部分はこれから作っていく必要がありますが,コアが動いたということは,もうできたも同然。

すなわち,ルートをどこにするか,pathの書き換えはどうするか,/\の使い分けなどの問題は,解決しました。

9年間夢想していた状態とは違う,実現フェーズに入ってきたわけです。展望が開けてきました。

著者プロフィール

美崎薫(みさきかおる)

夢想家,未来生活デザイナー,『記憶する住宅』プロデューサー,記憶アーティスト。住宅,書斎,机をはじめ,ハードウェア,ソフトウェアの開発をプロデュース。著書『デジタルカメラ2.0』(技術評論社)など多数。

コメント

  • Re:

    なぜ? むしろBTRONから離れているかと。

    Commented : #2  美崎薫 (2010/10/03, 23:32)

  • Re:

    TRONに近づいてるような…

    Commented : #1  読み人知らず (2010/08/23, 13:28)

コメントの記入