会社で「ポエム」を綴ろう! ~ポエム駆動で理想を語ると社内の風が変わる!~

第1回 事業会社における開発とポエム

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

この連載ではピクシブ株式会社という東京にある事業会社で盛んになっている「ポエム」によって駆動する開発について,その特徴をお話します。第一回は舞台となっているピクシブという会社はどのような環境か,その会社で書かれている「ポエム」とは何なのかをお話します。

「ポエム」で開発を駆動するとは

駆動開発という言葉はソフトウェア開発文脈でよく使われます

例えばテストコードによって開発を駆動するテスト駆動開発という言葉は開発者にとってお馴染みでしょう。

ではポエム駆動開発という言葉を聞いた事はあるでしょうか?

ポエム駆動開発のオリジナルはppworks氏によるポエム駆動開発によるWEBサービスの作り方 pplog誕生ものがたりというエントリーで発表された手法です。

意思決定の際大事なのはポエムなのです。「pplogのポエムは俺たちのゆるふわインターネット「pplog」 をリリースしました(してました) - 納豆には卵を入れる派です。」という記事に掲載されています。 私達はサービスを開発する前にポエムを書くことを大事にしています。それをポエム駆動開発と呼んでいます。 サービスに対する熱い思いがパートナー(もしくはチーム)で共有させれていて、それをいつでも振り返り立ち返る、ソレが一番大事です。

このポエム駆動開発の考え方を企業での開発にも応用しています。

サービスや事業に対する熱い思いをチームのみならず社内のメンバーで持ち寄よることでアイディアがブラッシュアップされ,メンバーや時期が検討され,開発がはじまります。つまり企業におけるエンタープライズな開発がポエムを持ち寄ることで駆動していきます。

さて,このような手法を様々な現場で再現するには,すでに実践している環境を知る事が近道と考えています。そこでまずわたしたちピクシブ株式会社という環境について紹介します。

ピクシブ株式会社という環境の紹介

ピクシブ株式会社は「創作活動をたのしくする」を掲げて,様々なフィールドで展開している事業会社です。

月間38億PV,1,500万人が登録して全世界から使われているイラストSNS「pixiv」をはじめ,ショップ作成サービス「BOOTH」,お絵かきアプリ「pixiv Sketch」などのサービスや,ピクシブとカイカイキキの共同ギャラリー「pixiv Zingaro」,フジテレビと提携してお送りしているTV番組「いらこん」,次世代クリエイターアイドルを育成する新プロジェクト「つくドル!」とそのプロジェクト発のドキドキやワクワクを創り出していくユニット「虹のコンキスタドール」など,様々な取り組みを積極的に行っています。

ピクシブのオフィス

ピクシブのオフィス

現在社員数は現時点で100人弱,そのうち過半数のメンバーが開発部というものづくりの部門に所属して,自分たちの事業・サービスの開発・運営に従事しています。

考えを表明する

「ポエム」という言葉を使いだす前から,元々自社のサービスに凄い熱意とオーナーシップを持っているメンバーが揃っていました。

その現れとして例えば,担当プロジェクトやチームにとらわれず,興味のあるテーマのミーティングに自分から飛び入り参加したり,仕事が終わった後もオフィスでドリンクを飲みながら自分たちのサービスのあり方を議論していたり,休日に同人誌即売会などの事業領域に縁のあるイベントで同僚と度々出くわしたりと,公私ともに熱く活動しているメンバーがたくさんいます。

そういう考えを表明するアクションを促進し,議論の輪の中の数人だけでなくもっと広げたい,声に出すのが苦手であっても自分のペースで考えた理想を表現できるようにしたい。そういう考えのもとesa.ioという「情報を育てる」という視点で作られたドキュメント共有サービスを,「ポエム」を共有するサービスとして使い始めました。

esa.io

esa.io

当初,考えを発信する事に慣れているだろう数人が,時々使ってくれればいいぐらいに思っていました。しかし嬉しい誤算として,導入後10ヶ月ほど立ちますが,新入社員から,マネージャー,役員まで広く書かれています。導入以来,みんなが書く「ポエム」を発端として新プロジェクトが立ち上がったり,新機能のアイディアや意見を持ち寄ったりと,約100人規模の事業会社でまさにポエムによってエンタープライズの開発が駆動しています。

著者プロフィール

小芝敏明(こしばとしあき)

"古きよき時代から来ました,まじめなSE,まじめにSE"がキャッチフレーズ。開発マネジメント,システム設計,プログラミング,運用,登壇,執筆,カンファレンス運営と手広く技術仕事をたのしんでいる。

ピクシブ株式会社 開発マネージャ,アニメイトラボ株式会社 最高技術責任者,RubyKaigi 2015 Organizer

休みの日は,ライブに行ったり,自転車に乗ったり,技術系同人誌を作ったりしている。コスプレも少々。和服と全身タイツが似合う。

サイト:http://bash0C7.hatenablog.com/

Twitter:@bash0C7

コメント

コメントの記入