ライフハック・プラクティス ~仕事の生産性を上げる習慣~

プラクティス:4「イメージを描く」

2008年6月5日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

悪魔の習慣

「生まれつき絵を描くのが苦手なんだ。文字だけで十分だよ。」

よほどの文才でない限り文字だけで伝えたいことを表現するのは難しいでしょう。

「文章には行間があります。」

よく行間を読み取れと言われますが,人によって受け取り方が違います。

口頭で補足説明できるのであれば,文章だけでも十分な時がありますが,仕事で使う文章はよく一人歩きすることがあります。ちょっとした文章表現の間違いが誤解を生む可能性もあります。

第三者が受け取った時に,書いた人の意図を理解してもらうためには,イラストや写真,図などを加えておく方が効果的です。

どうしても文章ばかりの資料だと読む気がそそられないこともあるでしょう。イラストを1つ入れておくだけで,アイスブレーキング※1のように読み手の警戒心を和らげる効果があります。

※1
「アイスブレーキング」とは,不特定の人々が集まる場所で,警戒している心を楽しく開いていくために行なわれるゲームや自己紹介のことです。

天使の習慣

「頭の中で思っているイメージを描く」

私たちは考えている時に,頭の中で文章が飛び交っているわけではありません。

頭の中では,過去の経験や知識が基準になってイメージを想像しているはずなのです。例えば,旅行の企画をする場合に,場所や集合時間,持ち物などを考えて案内文を作ると思います。

その時に,集合場所にバスが止まっていて,そこに順番に人が集まってきて,たぶんあの人が最初にくるんじゃないかなどをイメージしています。

どちらかというと,文章よりもこのイメージが先に頭の中にあって,それを文章にまとめているはずです。

「頭の中にあるイメージがすごく重要です。」

読み手に伝えやすくするために,最初に思い描いたイメージを描くようにしましょう。文章は,後からいくらでも加えていけばいいのです。

しかし,絵を描くのが苦手な人もいます。どちらかというと苦手と思っている人が多いのですが,そんな時は,写真を使う方法もあります。最近では,インターネットで検索すると,いろいろな写真を見つけることができます。

例えば,「旅行 バス 乗車」というキーワードでGoogleイメージ検索をしてみてください。先程の例のようなイメージを見つけることができます※2)。

このように写真やイラストを文章の中に加えるだけで読み手に,自分と同じイメージを持ってもらえます。

「共感できる資料」

を作るように心がけましょう。

※2
インターネット上の写真を使う場合は,ライセンス(著作権)や肖像権に気をつけましょう。

著者プロフィール

太田憲治(おおたけんじ)

アジャイルスピリッツで仕事を効率よく進めるブログ「eXtreme Gadget」を運営するほか,仕事に役立つWebサービスの開発を行っている。代表的なものに「StartCommand」「D3timer」がある。関西ライフハック研究会のコミュニティも主催している。gihyo.jpで「GTDでお仕事カイゼン!」の連載を執筆。共著として「Life Hacks PRESS Vol.2」もある。

URLhttp://gadget.cre8system.jp/

コメント

コメントの記入

ピックアップ

EC事業者が注目,.shopドメインとドメイン名をとりまく新たな流れ

インターネットの可能性を広げる新たな動きが,ドメイン名をめぐって起こりつつあります。

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーたちが語る,確実な力を付けるための“質問力”

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーの方々に集まっていただき,座談会を開催しました。

Webサイトに“安心”をプラス―知らないでは済まされないSSLサーバ証明書の仕組み

いまやユーザといえでも必須の知識となったWeb通信の暗号化と,その信頼性を確保するための「SSL証明書」のしくみについて紹介します。

リクルートライフスタイルの技術力を追え!

ビジネスを拡大し続けるリクルートライフスタイルの技術力を,編集部の徹底取材により紐解きます。

開発スピードに限界を感じたときの処方箋

「JIRA」をはじめとするアトラシアンのツール群。多くのオープンソースソフトウェアを継続して提供する支えとなっている使い易さを探ってみます。

デジタルコンテンツを日本から世界へ―MyCommerceで始める越境EC

自社開発ソフトウェアを海外も含めてオンラインで販売したいというニーズに即したサービス「MyCommerce」を用いて,誰もが手軽に越境ECを実現するためのノウハウを紹介します。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->