ライフハック・プラクティス ~仕事の生産性を上げる習慣~

プラクティス:11「車間距離をとる」

2008年7月31日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

悪魔の習慣

人気者はつらいよ。手帳には,いつも予定がびっしり埋まっているからね。」

忙しくなると,ついつい分刻みでスケジュールを入れてしまいます。

仕事が予定通り順調に進んでいれば問題ありませんが,1つでも仕事が長引くと後の予定全てに影響がでてしまい,大変なことになります。

予定を詰め込みすぎると,余裕が無いため身動きがとれなくなり,精神的にも追い込まれるので悪循環です。

これは,車間距離を空けずに車を運転しているのと同じことです。

仕事と仕事の間にも時間の距離を空けておかなければ,追突事故が発生してしまいます。

1つの追突事故が他の事故への引き金になってしまい,次から次へと仕事が空回りしてしまうのです。

最近では,グループウェアを導入し,個人の予定を共有できるようにしている会社も多いでしょう。このお陰で,会議の予定などを開催者が一気に登録できるので調整も楽になりました。

しかし,勝手に予定がどんどん入れられてしまう事もあります。息継ぎもできないぐらい予定が埋まってしまうとスケジュールを見るのもウンザリしてしまいます。

予定と予定の間に車間距離をとって,自分のリズムで仕事ができるようにしなければいけません。

天使の習慣

「遅れた時に備えて仕事の車間距離をとっておきましょう」

予定を詰め込みすぎず,予定と予定の間に予め車間距離(バッファの時間)をとっておきましょう。そうすることで,多少の遅れをバッファの時間で吸収できます。

バッファの時間があることで,気持ちにも「ゆとり」ができます。

「ちょっとでも遅れたらどうしよう?」

と焦ってばかりいると仕事が思うように進みません。

車間距離という備えがあれば,多少の仕事の遅れが発生しても慌てずに対処できるのです。

車の運転では速度によって車間距離を変えます。早く走っている時ほど,多くの車間距離を空けなければいけません。

仕事の場合でも,ボリュームの大きな仕事にとりかかっている時ほど,バッファ時間を多くとっておく必要があります。

例えば,1時間の仕事の場合はバッファ時間として10分とっておき,5時間かかりそうな仕事では1時間ぐらいバッファ時間をとっておくようにします。

人によってバッファ時間をどの程度とるかは違いますが,筆者の経験上,仕事量(作業時間)の20%ぐらいをバッファ時間にしておけば安全です。

バッファ時間がまったく無いのはよくありませんが,とりすぎると時間が余りすぎりので注意しましょう。

自分なりの最適な車間距離(バッファ時間)を見つけてください。

著者プロフィール

太田憲治(おおたけんじ)

アジャイルスピリッツで仕事を効率よく進めるブログ「eXtreme Gadget」を運営するほか,仕事に役立つWebサービスの開発を行っている。代表的なものに「StartCommand」「D3timer」がある。関西ライフハック研究会のコミュニティも主催している。gihyo.jpで「GTDでお仕事カイゼン!」の連載を執筆。共著として「Life Hacks PRESS Vol.2」もある。

URLhttp://gadget.cre8system.jp/

コメント

コメントの記入

ピックアップ

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーたちが語る,確実な力を付けるための“質問力”

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーの方々に集まっていただき,座談会を開催しました。

Webサイトに“安心”をプラス―知らないでは済まされないSSLサーバ証明書の仕組み

いまやユーザといえでも必須の知識となったWeb通信の暗号化と,その信頼性を確保するための「SSL証明書」のしくみについて紹介します。

リクルートライフスタイルの技術力を追え!

ビジネスを拡大し続けるリクルートライフスタイルの技術力を,編集部の徹底取材により紐解きます。

開発スピードに限界を感じたときの処方箋

「JIRA」をはじめとするアトラシアンのツール群。多くのオープンソースソフトウェアを継続して提供する支えとなっている使い易さを探ってみます。

デジタルコンテンツを日本から世界へ―MyCommerceで始める越境EC

自社開発ソフトウェアを海外も含めてオンラインで販売したいというニーズに即したサービス「MyCommerce」を用いて,誰もが手軽に越境ECを実現するためのノウハウを紹介します。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->