ライフハック・プラクティス ~仕事の生産性を上げる習慣~

プラクティス:13「あしあとメモを残す」

2008年8月15日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

悪魔の習慣

「あの仕事どこまでやってたっけ?そうそう,たぶん終ってたはず・・」

なんとなく終った気でいた仕事が,実は途中までしか進んでいなかったということがあります。

やったつもりで放置していると,重大なミスにつながってしまうかもしれません。

自分がやっている仕事内容をどこまで把握しているかと尋ねられるとほとんどの人は,「当然把握していますよ」と答えると思いますが,例えば上司に

「みんなが普段やっている仕事を整理したいので,今月どのような作業をしていたか報告してください。」

と尋ねられると,困ってしまいますよね。

もちろん,仕事の結果はどこかに残っているので,それを調べれば何をやっていたのかは,なんとなく報告できるのですが,どうしても曖昧なものになってしまいます。

「俺は過去を振り返らないんだ!」

という人もいるかもしれませんが,過去の行動から発見できることもたくさんあります。

仕事を効率よく進めるためには,仕事の順序や流れを見直さなければいけません。

天使の習慣

「何をやっていたかのあしあとメモを残しておきましょう。」

あしあととは行動記録のことです。いつ何をやったか記録しておき,仕事のヌケ・モレを無くすようにしましょう。

記録をつけるのは大変だと思われるかもしれませんが,ちょっとしたルールを作ることでストレスなく行動記録を残すことができます。

まず,机の上に記録するための用紙「あしあとメモ」を置いておきます。裏紙を挟んだバイダーや古くなって使わなくなったノートでもかまいません。

あまり綺麗なノートに記録しようとすると,綺麗な文字で書かなければいけないと思ってしまうので,使い古しのノートや上紙などがよいでしょう。

そして,次の手順で仕事を進めます。

  1. 今からやろうとする作業を紙に書く。(1日1枚または1ページ)
  2. 紙に書かれた作業を上から順番にやる。
  3. 作業が終ったらその項目を消す。

重要な事は,

「必ず紙に書かれたことしかやらない」

ということです。

このルールを守るだけで,自分の行動記録が確実に残っていきます。

やってみると分かるのですが,あしあとメモには自分への作業指示が書かれているので,自分がやるべき仕事が明確になります。

「何をするんだったっけ?」 「昨日,どこまでやったっけ?」

などと無駄に悩む必要もありません。

途中で割り込みの作業依頼があっても,あしあとメモに書いてから作業しましょう。

何も書かずに仕事をするよりも,あしあとメモがあることで安心して仕事に没頭することができるのです。

著者プロフィール

太田憲治(おおたけんじ)

アジャイルスピリッツで仕事を効率よく進めるブログ「eXtreme Gadget」を運営するほか,仕事に役立つWebサービスの開発を行っている。代表的なものに「StartCommand」「D3timer」がある。関西ライフハック研究会のコミュニティも主催している。gihyo.jpで「GTDでお仕事カイゼン!」の連載を執筆。共著として「Life Hacks PRESS Vol.2」もある。

URLhttp://gadget.cre8system.jp/

コメント

コメントの記入

ピックアップ

EC事業者が注目,.shopドメインとドメイン名をとりまく新たな流れ

インターネットの可能性を広げる新たな動きが,ドメイン名をめぐって起こりつつあります。

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーたちが語る,確実な力を付けるための“質問力”

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーの方々に集まっていただき,座談会を開催しました。

Webサイトに“安心”をプラス―知らないでは済まされないSSLサーバ証明書の仕組み

いまやユーザといえでも必須の知識となったWeb通信の暗号化と,その信頼性を確保するための「SSL証明書」のしくみについて紹介します。

リクルートライフスタイルの技術力を追え!

ビジネスを拡大し続けるリクルートライフスタイルの技術力を,編集部の徹底取材により紐解きます。

開発スピードに限界を感じたときの処方箋

「JIRA」をはじめとするアトラシアンのツール群。多くのオープンソースソフトウェアを継続して提供する支えとなっている使い易さを探ってみます。

デジタルコンテンツを日本から世界へ―MyCommerceで始める越境EC

自社開発ソフトウェアを海外も含めてオンラインで販売したいというニーズに即したサービス「MyCommerce」を用いて,誰もが手軽に越境ECを実現するためのノウハウを紹介します。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->