シモダテツヤのIT四コマふんわり劇場

第18回 モンスターハンターのどうしようもない魅力

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

画像

モンスターハンターポータブル3が発売されました。

僕も1週間ほど遅れて購入し,現在も寝る前にちょっとだけやって目の下に殴られた痕みたいなクマを作っている今日この頃です。

このゲーム,農場で作物を育てたりできるのですが,この畑,モンスターのフンを畑にまいておくと作物が3倍くらい収穫できたりします。しかし,一度使うとモンスターのフンはなくなってしまうため,モンスターを狩るためにフィールドに出たときは,大体モンスターなど目もくれずにモンスターのフンを集め続けています。僕はモンスターハンターじゃないのです。モンスターのフンのハンターなのです。

理由は減るのが嫌で嫌で仕方がないからです。今の僕にとっては,どんなカッコイイ武器や防具よりもモンスターのフンのほうが大事で,本当に減ってほしくない。できれば700個くらい欲しい。たくさん持ってたら安心しそうだからです。僕の素材箱の中が常にモンスターのフンでいっぱいならどんなに安心できるだろうか。使いきれないほどのモンスターのフン。夢のような話です。よだれが止まらん。

著者プロフィール

シモダテツヤ

株式会社バーグハンバーグバーグ

あたまゆるゆるインターネット - オモコロ」の編集長。

株式会社paperboy&co.で「ロリポップ!」のマーケティングや他サービスの立ち上げを経験した後,2010年5月,同社を退社。その後,株式会社バーグハンバーグバーグを立ち上げ代表取締役に就任。開業初日から遅刻した。

コメント

コメントの記入