シモダテツヤのIT四コマふんわり劇場

第37回 他人の土地に家を建てる祖父

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

画像

あの立派な庭あったやろ? あそこうちの土地じゃなかったんや」⁠

稲荷大社でお稲荷さんをブラブラすることでお馴染みの父が,亡くなって7年経つ祖父の家の資産価値を調べたら,自分の土地じゃない所に家をブッ建てていたということがわかりました。

玄関の前にある庭,ガレージの土地はすべて元々の不動産屋のもので,家の部分だけがシモダ家の土地だったらしいのです。もう亡くなっているので真相は祖父しか知らないため,どのような取り決めでそのような謎な形になったのかはすべて闇の中なのですが,とりあえず放っておくわけにもいかないので,先日父が不動産屋に調べてもらったらこんな感じだったのですが,庭の部分をお返しするとしても庭を通らないと玄関に辿りつけないのです。今後どうやって家に入ればいいのでしょうか? 裏の壁をよじ登る感じでしょうか?と尋ねると,うちもずっと謎でした。何故うちが他人が住んでいる家の税金を払い続けているのか。だからタダであげますという超太っ腹な返事をもらったようで,僕と父,二人してよくわからんけどラッキーと電話で言い合いました。

来月は,他人の土地に家を建てて住んでいた祖父の7回忌です。

著者プロフィール

シモダテツヤ

株式会社バーグハンバーグバーグ

あたまゆるゆるインターネット - オモコロ」の編集長。

株式会社paperboy&co.で「ロリポップ!」のマーケティングや他サービスの立ち上げを経験した後,2010年5月,同社を退社。その後,株式会社バーグハンバーグバーグを立ち上げ代表取締役に就任。開業初日から遅刻した。

コメント

コメントの記入