シモダテツヤのIT四コマふんわり劇場

第68回 下半身むきだしのバットマン

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

画像

最近,バットマンのゲームを購入して夜な夜な楽しんでいるのですが,このゲーム,初回特典をゲーム内に入れ忘れるという販売担当者を拷問にかけても良いくらいのミスをやらかしているのにも関わらず,それを補って余りあるクオリティで今年一番良かったゲームにランクインするほどの出来栄えなのです。

バットマンのデザインから,街並み一つ一つの描写まで世界トップレベル。

製作者がこだわりまくっているので,激しい戦闘を繰り返し,終盤に向かうに連れてバットマンの衣服がところどころ破れたりするリアルさも持ちあわせているのですが,今,全体の進行具合が8割くらいで,バットマンの乳首がちょっと見えそうな感じになってきました。このままだと僕らのバットマンがエンディングのときにはマスク以外は生まれたままの姿になっているかもしれません。装甲が薄いためダメージも序盤に比べると受けやすくなっているけど,剥き出しの下半身が舵の役割をしてアクロバティックな戦闘を楽しめるかもしれません。

かもしれませんよ。

編集部注:
いや,ない(断言)⁠

著者プロフィール

シモダテツヤ

株式会社バーグハンバーグバーグ

あたまゆるゆるインターネット - オモコロ」の編集長。

株式会社paperboy&co.で「ロリポップ!」のマーケティングや他サービスの立ち上げを経験した後,2010年5月,同社を退社。その後,株式会社バーグハンバーグバーグを立ち上げ代表取締役に就任。開業初日から遅刻した。

コメント

コメントの記入