シューカツ女子ともよの会社訪問記―知りたい!あの人のはたらきかた

第4回 宮下剛輔(mizzy)~はたらきながら大学に通う

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はたらくって何? シューカツも無事終わり,新社会人のスタートを気持ちよく切りたい女子大生・ともよが会社訪問。第4回は37歳で大学へ通いはじめた@gosukenator。

渋谷・セルリアンタワーにあるオフィスにて。オフィスからの眺めはバツグン!

渋谷・セルリアンタワーにあるオフィスにて。オフィスからの眺めはバツグン!

(撮影:平野正樹)

ずっと技術屋でいたい

ともよ(以下と)北海道大学の経済学部経営学科という,かなり文系っぽい学科をご卒業されていると聞きました。

宮下剛輔(以下宮)文系なのですが,工学部出身の教授のゼミに入っていたので,1995年当時からWebサーバを気軽に触れる環境でした。もともとコンピュータや数学の授業は好きだったので,そのころからゼミのWebサイト運用をやらせてもらっていたんです。

と:大学時代から!

宮:大学を卒業してからは,伊藤忠テクノサイエンス(現在の伊藤忠テクノソリューションズ)にSE として新卒で入社し,企業へのインターネット導入をお手伝いするような部署に配属されました。

と:インターネット導入をお手伝い?

宮:当時,Netscapeのブラウザやサーバ製品が売り物だった時代でした。営業と一緒にお客さんのところに行き,その製品の提案やデモ,構築をやっていたんです。Netscapeの担当だった関係もあり,社会人2年目には日本Netscapeに4ヵ月出向。その後少し間があって社会人3年目に1年間,アメリカのNetscapeに出向していました。

と:入社3年目でアメリカで暮らすことになったんですね。大変そうです。向こうではどんなお仕事を?

宮:Netscapeサーバ製品の,日本語化されたバージョンのテストです。バグを見つけたらBugzilla注1で報告して開発の人とやりとり。その繰り返しです。7年間Netscape担当をしていたんですが,そろそろ違うことをやりたいなと思っているところに知人から声がかかり,ネットマークスに転職しました。1年くらいで退職してしまったんですけどね。

と:短い!なんでですか?

宮:うーん。なんか違うなと感じてしまったんですね。伊藤忠テクノサイエンスのころから思ってたんですけど,人が作った製品を売るという立場は,その製品を自分でそんなにいいと思ってなくても,お客さんには「いいですよ~」と言って売らなきゃいけない。それにすごく違和感があったんです。それに,自分で作ったものじゃないので,手の入れようがないんです。トラブルが起きたときにも自分では直せない。もどかしかったですね。

宮下剛輔

宮下剛輔[MIYASHITA Gosuke(@gosukenator)]
1975年,北海道生まれ。paperboy&co.テクニカルマネージャー。ドクターペッパー好き。
注1)
バグ報告用アプリケーションのことです。

マネージャーは大忙し

と:その後の3社目が,今いらっしゃるpaperboy&co(. 以下ペパボ)なんですね。

宮:そうですね。純粋なプログラマとしてのキャリアはこの会社がスタートでした。SIer の課長クラスになると,全然技術的なことをやらなくなっちゃうんですよね。自分がこの先,マネジメントの仕事だけをしている姿って,全然想像できないなーと。僕はずっと技術屋でいたいなと思ってましたから。

と:ペパボではどんなお仕事を?

宮:僕はテクニカルマネージャーとして,全社的な技術の統括をしています。ほかにやる人がいないけど,やるべき技術的な仕事を僕がやる立場なので,最初は勤怠管理システムも作りました。それから技術者の評価制度のしくみづくりだとか,技術者の採用面接,社内の開発環境の整備をやったり,いろいろです。ペパボはサービスごとに縦割りの体制になっているので,部署間でうまく情報共有できるように調整するのも,僕の仕事の一つです。

と:開発自体にはどういう風に関わっていますか?

宮:最近の例ですと,今年立ち上げたSqaleっていうサービスの全体の設計をやりました。また,ほかの人たちの手の回らない細かいところを見つけて僕がコード書いたりしています。たとえばLinuxのカーネルのパッチ書いたりとかですね(笑) 。ほかにもサーバ構築的なこともやったり……。

と:マネージャーさんは本当に何でもこなさなくちゃならないんですね。

宮下さんが全体の設計を手がけたサービス,「Sqale」のキャラクターDongle(ドングル)は,イギリス在住の著名なイラストレーターデザインのキャラクターだとか。

宮下さんが全体の設計を手がけたサービス,「Sqale」のキャラクターDongle(ドングル)は,イギリス在住の著名なイラストレーターデザインのキャラクターだとか。

プログラミング楽しいな

と:始めたころからプログラミングはお好きだったんですか?

宮:いや,実はそうでもないんです。プログラミングを始めたころはそんなに好きって感じではありませんでした。

と:え!? なんと……。

宮:もともとはゲームがしたくて,パソコン雑誌に載っていたプログラムを入力して遊んだり,何かやりたいことがあってそのためにコードを書くなど,あくまでも「道具」としてプログラミングしていました。「楽しい」という感覚に変わったのは,SledgeっていうPerlのウェブアプリケーションフレームワークに出会ったころですね。Sledgeを使うと,Webアプリケーションを書くのにすごく短い記述でやりたいことができたりするんですよね。

と:便利!

宮:優れた道具によってすごいことが自分の手で簡単に実現できる。それはあくまでも道具がすごいだけなんですが,なんだか自分がすごいと錯覚すること,ありますよね? そういう状態になって「なんかプログラミング楽しいな」って思い始めたんですね。

と:Perl歴は何年くらい?

宮:えっと,歴だけで言ったら大学のとき,1995年からなので17年ですね。

と:おおー,長い! Perlの勉強会にも積極的に行かれていたんですか?

宮:Sledgeを知ったあとですけど,2004年あたりからPerl系の勉強会に参加しはじめましたね。Shibuya.pmとか。

と:Shibuya.pm,聞いたことあります!

宮:pmはPerl Mongers(Perl の愛好家グループ)の略です。地域ごとにpmがいっぱいあったりして,そこで集まって定期的に勉強会とかやってるんですよ。

と:Perl 以外にも勉強会に参加しているんですか?

宮:そうですね。2012年は札幌Ruby会議で発表もしたほか,12月初旬のRubyConf Taiwanでも発表をする予定です注2)。

と:お仕事でもPerlを?

宮:いや,最近は仕事ではほとんど使ってないですね。今の会社はPHPがメインなんです。これからRuby にスイッチしていこうとしているフェーズで,新しいサービスはRubyで作っています。

注2)
取材日時は2012年10月です。

著者プロフィール

堤智代(つつみともよ)

1989年,北海道生まれ。学生。釧路高専卒業後,大学へ編入。Livlisなどのサービスを手がける(株)kamadoにてアルバイト中。IT企業を中心に就職活動し(株)カカクコムに内定。2013年春入社予定。

Twitter:@ttmtmy

コメント

コメントの記入