シューカツ女子ともよの会社訪問記―知りたい!あの人のはたらきかた

第5回 大場寧子,久保優子~女性エンジニアの起業

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

はたらくって何? 新社会人まで秒読み女子大生・ともよが会社訪問。第5回は株式会社万葉を立ち上げた大場さん,久保さんを訪ねます。

東京の古書店街,神保町にあるオフィスにて。今回は全員メガネ女子!

東京の古書店街,神保町にあるオフィスにて。今回は全員メガネ女子!

(撮影:平野正樹)

ちょっと話があるんだけど,会社作りません?

ともよ(以下と)⁠まずはお2人のプロフィールを。

大場寧子(以下,大)⁠万葉の社長をしています。大学卒業後,ジャストシステムに入社して,5年くらいプログラマとして働いていました。それからベンチャーに移動しWeb関係の開発をやりながら,フリーランスとして知り合いの会社を手伝ったりもしていました。会社を作って兼業で請負開発をやっていたのですが,そちらに集中せざるを得なくなって会社を起こしたんです。ちなみに久保さんと知り合ったのは大学のサークルですね。

久保優子(以下,久)⁠私は営業と総務の管轄をしています。営業一筋でこれまでやってきたわけではありません。万葉創業当時は開発もしていました。

と:どういう経緯で開発をするようになったのですか?

久:もともとはエンジニアではなかったのですが,大場さんの紹介でとあるベンチャーに入ったとき,そこの社長の勘違いから開発に携わるようになりました。

と:えー! ずいぶん突然ですね。

久:「大場さんの知り合い=開発者」と思われちゃったんですよね。そのままなしくずしで開発者になり,その後また別のベンチャーにいたころに大場さんとなんとなく会社を作ったんですよね。

と:なんとなく(笑)⁠

大:2006年の年末のことです。ふと思い立って「ちょっと話があるんだけど,会社作りません?」って誘ってみたんですよね。そしたら久保さん,⁠いいですね」って。話があっと言う間に終わってしまって,あとは2人でずっと飲んでたんですよ。

久:うん。⁠どっちが社長やる?」⁠大場さんでいいんじゃない?」⁠うん」みたいなかんじで。

と:あはは。さくっとしていますね。

久:もともとは兼業で細々とやっていこうと思ってたんですが,この会社でお金を稼がないといけない状況になってしまって。

大場寧子

大場寧子[OHBA Yasuko(@nay3)]
1973年,東京都生まれ。東京大学卒。Railsエンジニアであり万葉の代表取締役社長。

久保優子

久保優子[KUBO Yuko(@kuko)]
1974年,東京都生まれ。転職の手違いでエンジニアになってしまった。万葉の歌って踊れる専務取締役。

自分の強みが一番発揮できている

と:久保さんご本人としてはどっちのほうが楽しいんでしょうか?

久:どっちも楽しいですよ。開発も営業もそこそこできますが,とりたてて「得意」というものはありません。ですので私は「何でもできる」というところで勝負するしかない。今は万葉で「その何でもできる」ポジションをやらせてもらっていますので,自分の強みが一番発揮できているなと思います。

大:そう。久保さんのいろいろできるところに,会社の設立初期は特に助けられたんです。たった2人の社員なのに2人とも開発だけに専念して,請求書の発行が滞っていたら,われわれの給料が出ませんよね。そんなときに開発と総務を7:3でやってくれて。久保さんがそういう風にできたから初期が割と楽だったんですよね。

と:今では営業畑の久保さんですが,久保さんみたいに,技術職を経験したことが営業の強みになったり?

大:それはありますね。久保さんの場合すごい強みだと思います。開発に向かない営業タイプの人とか,逆に開発一筋の人とか,あるいは本当は開発が好きなんだけど,嫌々営業をやってる人はたくさんいると思いますが,久保さんのようにしっかり開発してた時期もあり,かつ営業が心から好きな人は,なかなかいないんですよね。

と:大場さんは何をされているんでしょうか?

大:私は技術系の統括と経理です。

と:実際に手を動かしてコードを書いていらっしゃるんですか?

大:書いていますね。言語はRuby 中心で,iPhone/Androidアプリケーションの開発もしています。持ち帰りで開発していたり,お客さん先に行ってお手伝いしたり。コンサルっぽいこともやったりします。

自由を愛する人間

と:大場さんは,もともと会社を作りたいという野心があったんでしょうか?

大:そうですね,子どものころから,なんとなく会社を作りたいなと思っていました。新卒で入社したジャストシステムにいたころには,⁠IT 系の会社を作りたい」というところまで具体的に考えていたんです。

と:会社を作りたい! というモチベーションって,何だったんでしょうか?

大:「自分がやりたい仕事をやれる」環境を作りたいという気持ちですね。私,すごく自由を愛する人間なんですよ。なんでも自分の好きなように決められて,好きな人たちに囲まれてはたらくのが好き。それから,実装が好きでそれを続けたかったんですが,会社勤めで高い給料をもらおうとすると,マネージャーの仕事だけになっちゃうんですよね。がんばれるけど,自分はマネージャーの仕事がそんなに楽しくはなくて。それも,会社を作るきっかけの1つですね。

と:女性だからといって会社が作れないわけではないんですね。

著者プロフィール

堤智代(つつみともよ)

1989年,北海道生まれ。学生。釧路高専卒業後,大学へ編入。Livlisなどのサービスを手がける(株)kamadoにてアルバイト中。IT企業を中心に就職活動し(株)カカクコムに内定。2013年春入社予定。

Twitter:@ttmtmy

コメント

コメントの記入