シューカツ女子ともよの会社訪問記―知りたい!あの人のはたらきかた

最終回 及川卓也~チームを率いるはたらきかた

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

はたらくって何? この春から,ついに社会人への第一歩を踏み出した女子大生・ともよが会社訪問。最終回はGoogleでエンジニアチームを率いる及川さんを訪ねます。

六本木ヒルズ・Google日本法人のオフィスにて。窓からは東京タワーやスカイツリー,富士山まで見える絶景に圧倒!

六本木ヒルズ・Google日本法人のオフィスにて。窓からは東京タワーやスカイツリー,富士山まで見える絶景に圧倒!

(撮影:平野正樹)

自分でやったほうが早い

ともよ(以下,と)⁠今までいろんな方のはたらきかたを伺って来ましたが,最終回は及川さんに,リーダーの秘訣を教えていただきに来ました。

及川卓也(以下,及)⁠よろしくお願いいたします。

と:現在はGoogleでエンジニアチームを率いている及川さんですが,新卒のころはどのような感じだったのでしょうか?

及:そうですね,一言で言ってしまうと,当時の自分が今の自分の部下だったら,とても嫌だっただろうと思います。性格がトガッていて扱いづらかっただろうなと。

と:えっ,不良だったんですか?

及:不良じゃないです(笑)⁠⁠自分は何でもできる」と自信過剰だったんです。新卒で入ったDigital Equipment Corporation(以下,DEC)は外資系の割にはかなり日本的で,年功序列があったんですね。ですから20代でいくら成果を出しても,なかなか認められない空気を感じて上司に反発したりだとか(苦笑)⁠

と:DECと言えば当時世界有数のコンピュータ企業ですよね。新卒のころにはどんなことを考えていましたか?

及:入った当初からバリバリと,最高のはたらきをしようと考えていました。ですから,他人がのんびりやっているのが我慢できなくて,何でも自分でやっちゃっていました。中途で入って仕事にすぐには馴染めない先輩がいたりして,新卒で入った生意気な若者だった自分はそういうのが許せなかったんでしょうね。

と:「俺のほうができるし」という?

及:そうです(苦笑)⁠自分でやったほうが早いですし。⁠なんでもっと自分に仕事任せてくれないんだろう」ってずっと思っていました。

及川卓也

及川卓也
[OIKAWA Takuya(@takoratta)]
1966年,東京都生まれ。早稲田大学卒業。2011年,Hack For Japanを立ち上げ活動中。

理解して作れるようにならなきゃいけない

と:プログラマ入社だったんですか?

及:それが……DECにはプログラム書く気満々で入ったんですが,なぜか営業に配属されたんですよ。一応SEってくくりではあったんですが,開発ではなくて客先に出ていく,セールスアドバイザリーという仕事でした。お客さんの前で製品のデモをしたり,お客さんの要望をシステムに反映させたりとか。配属が発表されて,⁠げ……」と思いましたが,やってみたら意外に楽しかったんですよね。実際に,お客さんのところでプリセールスしてコンサルティング,開発までという一通りの仕事をさせてもらったんです。それが認められ,プリセールスから開発に移り,最後は研究開発センターに移りました。そういう経験をしたから,物を作る流れの1ヵ所だけじゃなくて,上流から下流まで一通り全部やってみたいと今でもそう思います。

と:新卒でバリバリと仕事をこなしていた及川さんですが,怒られた経験は?

及:一度,先輩からすごく怒られたことがあります。深夜,終電間近まで仕事していたとき,オフィスに戻ってきた先輩から,ネットワークの根本的な原理を聞かれて,自分はわからなかったんです。

「お前1年目でこんなんでどうするんだよ」と先輩に言われてしまいました。「終電なくなっちゃう」と思ってるうちに,先輩から延々と1時間ぐらい説教を受けてしまって。でも,その先輩の言葉はすごく正しいなって思いました。「ただ使えればいい。ブラックボックスでもいい」って思っちゃいけないなと今でも実感します。ちゃんと理解して作れるようにならなきゃいけない。その先輩からはいいことを教わったなと思いますね。

と:しくみを理解しないとダメなんですね。

ギブンコンディション

と:現在Googleでエンジニアチームを率いている及川さんですが,トガッた新卒からリーダーに,どのように脱皮しましたか?

及:最初は本当にリーダーっていう感じじゃなかったんですよ(笑)⁠DEC入社6年目で組織横断的なプロジェクトをリードしなければいけない立場になったんです。そのときに上司から「ギブンコンディション注1の中で最善のパフォーマンスを出せ」と言われたんですね。その中で最善の結果を得るためにはどうしたらいいのかという方法を学びました。

と:それで初めてリーダーとして結果が出て,楽しいと感じたんですね。

及:楽しかったですね。今でも若干そういうところあるんですけど,ちっちゃな1ヵ所を担当するよりも,いくつかのプロダクトや,社外の人たちと一緒に連携して何かを成し遂げるほうが,やっぱり達成感が大きいです。大変ですが,課題は難しければ難しいほど解いたときに喜びは大きい。

と:なるほど。

及:当たり前のことを粛々とやるのも非常に大事なんです。ですが,ちょっと難しいことができたりすると楽しいじゃないですか。

と:そうですね。ヤッター! ってなります。

及:そういうのはありますよね。

注1)
与えられた条件という意味です。

転職活動はじめます宣言

と:DECからMicrosoft に移った及川さんですが,どのような経緯でMicrosoftに移ったのですか?

及:初めてリーダーになったプロジェクトのあと,そのころ勢いのあったMicrosoft に行こうと思い,まだ内定も出ていない状況で「転職したいのでそろそろ辞めさせてください」と上司に伝えました。当時は転職活動のやり方なんか知らなくて,転職活動はじめます宣言をしてしまったんです(笑)⁠

と:転職活動はじめます宣言(笑)⁠

及:そうしたら上司から,⁠MicrosoftとDECで次世代Windows の共同開発プロジェクトがあるから,DEC に残ってMicrosoft 本社,アメリカのレドモンドに行かないか?」と声をかけられたんです。うれしいことに,そのプロジェクトでも「お前リーダーだ」と言われて。

と:DECの方から言われたんですか? タイミングが重なったんですね(笑)⁠

及:そうですね。Microsoftに転職したからとは言え次世代Windows の仕事がやれるかわかりませんし,どっちがいいかなと考えたんですが,Windowsのソースコードを見れる数百人の1人になれるなら,⁠そっち行くしかないな」と思ったんです。⁠ごめんなさい,僕やっぱりDECに残りまーす」と言いました(笑)⁠

と:へー。

及:そのときは10ヵ月間レドモンドに行ってきましたが,ここでも「ギブンコンディションで」っていうのを何度も上司に言われましたね。そのあともしばらくDECに残ってたんですけど,景気が悪くなり早期退職プログラムで優秀な先輩たちがどんどん辞めていっちゃうし,それで私もMicrosoftに移ってWindowsの開発を9年続けました。DEC9年,Microsoft9年です。

著者プロフィール

堤智代(つつみともよ)

1989年,北海道生まれ。学生。釧路高専卒業後,大学へ編入。Livlisなどのサービスを手がける(株)kamadoにてアルバイト中。IT企業を中心に就職活動し(株)カカクコムに内定。2013年春入社予定。

Twitter:@ttmtmy

コメント

コメントの記入