Software is Beautiful

第12回 Androidに見るOSアップデートの難しさ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

GALAXY SとGALAXY Tab

2011年12月22日に,日本ではNTTドコモが販売していた「GALAXY S」「GALAXY Tab」を,最新OSのAndroid 4.0に対応させないと開発元のSamsungが発表した。メモリ容量の不足を理由にしているが,ユーザの間には不満の声が高まっている。

Androidに関して言えば,これと似たような問題は以前にもあり注1)⁠目新しいことではない。ソフトウェアの進化の早さのために,せっかく手に入れたハードウェアがすぐに陳腐化してしまうのである。

注1)
auの『IS01』⁠Androidのバージョンアップを断念 - ケータイ Watch

Androidのメジャーアップデート

Androidのメジャーアップデートがリリースされた時期は次のとおりである。

  • 2.0/2.1(Eclair)⁠2009/10
  • 2.2(Froyo)⁠2010/5
  • 2.3(Gingerbread)⁠2010/12
  • 3(Honeycomb)─2011/2
  • 4(IceCream Sandwich)⁠2011/10
  • タブレット向け

約半年に一度のペースである。Androidベースのデバイスを作っているメーカーも1~2回はバージョンアップに対応してくれるが(注2),ある時点で新しいOSへの対応は打ち切られてしまう。

GALAXY Sの場合,2010年6月に発売(日本市場向けは10月)された時点ではAndroid 2.1を搭載しており,その後2.2,2.3へのアップデートには対応したものの,4へのアップデートは非対応と発表されたのである。

2010年10月以降にGALAXY Sを入手した日本のユーザから見れば,発売後わずか14ヵ月でハードウェアが陳腐化してしまったことになる。

注2)
iPhoneと違い,Androidの場合はGoogleがOSをアップデートしても,そのままユーザ自身でアップデートできるわけではない。デバイスメーカーが既存の機種で動くようにしたうえでユーザに向けて再配布をする必要がある。

陳腐化の速度が緩やかなiOS

バージョンアップごとにOSが肥大化し,ある時点で古くなったデバイスのアップデートは見送らなければならない点はiPhoneなどのiOSデバイスに関しても同じだが,Androidほど問題視されていない。

私の場合,iPhone 3GSを2009年6月に入手したが,その時点でのiOSのバージョンは3.0であった。その後4.0(2010年6月),5.0(2011年10月)と2つのメジャーアップデートをしたのち,2011年11月にiPhone 4Sに買い替えた。iPhone 3GSの購入時にAT&Tと交わした2年契約の期間も過ぎていたので,ちょうどよいと思ったのだ。

つまりiPhone 3GSは,私が所有していた2年5ヵ月の間,OSのアップデート対象から外されることにより陳腐化することはなかったのである。今までのリリーススケジュールから予測して2012年後半にiOS 6.0がリリースされ,iPhone 3GSがアップデート対象から外れたとしても,3年以上アップデート対象であったことになる。発売14ヵ月で陳腐化してしまったGALAXY Sとは大きな違いである。

各社が発売しているスマートフォンが,どのくらいのスピードで陳腐化していくかを目に見える形にした人がいるので,そちらも参照していただきたい

AndroidとiOSの違い

この違いはどこから来るのだろうか。一番の違いは,新しいハードウェアとOSのバージョンアップのリリースタイミングにある。

ソフトウェアとハードウェアの両方をコントロールするAppleの場合,約1年おきのiPhoneの新機種の発売のタイミングにあわせてiOSのメジャーアップデートをすることが可能である。そのため,OSのバージョンアップに合わせたハードウェアのリリースまでどうしても数ヵ月の遅れが生じてしまうAndroidとは違い,iPhoneの場合,新機種の発売までの遅れがまったくない。

それに加え,iOSのメジャーアップデートは約1年おきなので(Androidの場合は半年),発売したデバイスが2回までOSのメジャーアップデートが行えるように作っていけば,購入後2~3年間はデバイスが陳腐化しないことを保証できるのだ。

OSのアップデートの難しさ

OSの開発はただでさえ簡単ではないが,それをさらに難しくしているのが互換性の維持である。互換性と言ってもいろいろとあるが,大きく分けると次の3つである。

  • ① 旧バージョンのOS向けに開発されたアプリケーションとの互換性
  • ② 異なるハードウェアとの互換性
  • ③ 旧バージョンのOSを搭載したハードウェアとの互換性

私がMicrosoftでWindowsの開発に関わったときに一番苦労したのは①である。OSを進化させるとき,単に機能を追加していくだけならばそれほど難しくない。しかし,システム側の作りを大きく変更する場合(注3),そのままでは旧バージョン向けのアプリケーションは動かなくなってしまうので,「互換レイヤ」のようなものを使って対応しなければならない。

②は,それぞれのメーカーが作る異なるハードウェア上でOSを動かすための仕事だが,Appleしかハードウェアを作っていないiOSと,さまざまなメーカーがハードウェアを作るAndroidやWindowsとでは難しさが大きく違う。特にAndroidの場合,PCのようにハードウェアの標準(PC/AT互換)すらないため,ハードウェアの違いの吸収は十分になされておらず,「すべてのAndroidデバイスで動くアプリケーション」を作ることは,iOSやWindows向けのそれと比べて莫大な手間がかかる。

③は,今回Androidで問題になっている,旧バージョンのOS向けに作られたハードウェアの上で新しいバージョンのOSを動かすという互換性問題である。

注3)
Windows 3.1からWindows 95のケースで言えば,16ビットから32ビットへの違いが該当する。

著者プロフィール

中島聡(なかじまさとし)

米国シアトル在住の自称「永遠のパソコン少年」。学生時代にGame80コンパイラ,CANDYなどの作品をアスキー(現アスキー・メディアワークス)から発表し,MicrosoftではWindows 95,Internet Explorer 3.0/4.0のアーキテクトとして,Internet ExplorerとWindows Explorerの統合を実現。設立企業「UIEvolution, Inc.」「Big Canvas Inc.」。ブログ「Life is beautiful」。現在はGoogle App Engine上でのサービス作りに夢中。iPadアプリ「CloudReaders」開発中。

近著『おもてなしの経営学―アップルがソニーを超えた理由』(アスキー)

メールマガジン「週刊 Life is Beautiful

コメント

  • ダメなら?アップル、サファリ

    ソフトバンクは、1.5及び1.7の廃止を!決定妥協案、サポートの4G回線変換譲歩は、ない!過去にドコモから0.8を買収、米軍に売り!もしかして、?今度は共産圏国家に、売り渡しするのか?私は、関西人及び共産圏国家の人間性を信用出来ない!
    孫正義さん?貴方、日本人ですか?役員の背任行為に対し、弾圧的、行為をしましたか?今も、会社の役員席で大きな態度で、腕組みなどしてません?会社の情報を利用して、個人的な金儲けは、犯罪では?

    Commented : #1  久保田一義 (2015/12/14, 20:35)

コメントの記入