連載

エンジニアのためのSoulHacks

この時代に生きていて,悩まずに生きるなんてことは不可能です。でも,悩み方,迷い方にも意味があるものとそうでないものがあると思うのです。そして,「意味ある悩み方」として受け止めるならば,有用な方法論やそのヒントになるノウハウはたくさんあると考えています。この連載ではそれを「SoulHacks」としてお届けしていきます。

 

 

著者プロフィール

中島拓(なかじまたく)

株式会社ブレーン研究部にて,Windows用ソフトウエアルーター 「PROXY-2000シリーズ」を開発する。 オープンソースソフトウエアとしては,Ruby用HTMLテンプレートエンジン Amrita/Amrita2,個人用GTD支援ソフト「レビュアブルマインド」の開発に携わる。

アンカテのブロガーとして,2006年アルファブロガーに選出される。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/essa/

ピックアップ

技術的好奇心を満たせる2日間 ―「LINE DEVELOPER DAY 2019」へ行こう

今年で5回目を迎える技術カンファレンス「LINE DEVELOPER DAY 2019」。LINEのエンジニア3名がイベントに先駆けて見どころを紹介します。

業務を改善する情報共有の仕掛け~DevOpsの実現,RPAの導入に向けて~

ソフトウェア開発の業務改善をテーマに,DevOps実現の手順やそれを助けるツールとの連携,RPAによる社内ドキュメントの管理や効率化について解説します。

大人気動画コミュニティアプリの運用の内幕―MixChannel(ミクチャ)を支える技術

若者世代から圧倒的な人気を誇るライブ配信&動画投稿コミュニティアプリ「MixChannel」(ミクチャ)の裏側(レコメンドシステムやサーバサイド開発など)について解説していきます。

[特別広報]IPとITを組み合わせて世界へ KADOKAWAだからこそできる新しいコンテンツ発信を

人気アニメやコミック,小説などのIPを多数抱えるKADOKAWA。今回はIPを活用した新コンテンツ配信サービスの開発を進める若手エンジニア3名を中心に,開発体制や職場体制を伺いました。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->