エンジニアのためのSoulHacks

SoulHack #2 GTDで仕事を自分の「テイスト」に染めてしまおう

2008年6月16日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

はじめに

前回は,「仕事の枠組みと中身のギャップを前提として働こう」というテーマで,「マスオさん」のような仕事とプライベートをきっちり分けた生き方が難しくなっているという,現在の仕事を巡る状況について書きました。

今回は,それに対応するためのツールとして,GTDというものの意味について考えてみたいと思います。

ただし,ここではGTDの具体的な中身については触れません。GTDの手法そのものについては,gihyo.jpの下記の記事をはじめ,たくさんの情報がありますので,そちらを参照してください。

その代わり,「仕事の枠組みと中身のギャップ」に対応するツールとして,GTDにどういう意味があるかについて考えてみたいと思います。

GTDは「仕事」「プライベート」を区別しない

「GTD」って何だろうと関連サイトや本を覗いてみた人が一番ビックリすることは,これが「仕事術」であるのに,プライベートのことも同じToDoリストに含めることでしょう。

たとえば,GTDを始めようと思った人が一番最初にやることは,「頭の中にあることを全部紙に書き出す」という作業です。

この作業の助けとなる「トリガーリスト」というものを見てみると,「 処理しなくてはいけない書類がありますか?」「かけなくてはいけない電話がありますか?」といういった仕事上のことと並んで,「次の休みはどのように過ごしたいですか?」「修理しなくてはいけないものがありますか?」というプライベートに関する質問があります。

GTDは,こういう質問から出て来た「やるべきこと(ToDo)」を特定の方法で整理して定期的に見直していくものですが,プライベートなToDoも仕事上のToDoも同じシステムの中で同等に処理していくものです。

ここに違和感も持つ人も多いと思います。前回書いたような意味で,仕事の領域がプライベートに侵食してくることに敏感な人にとっては,侵略者の尖兵であると思えるかもしれません。

確かに,GTDは仕事とプライベートが(マスオさんのように)きちっと仕切らている人には合いません。もし自分のプライベートな時間とエネルギーが現在ちゃんと守られているように感じるならば,GTDは不要でしょう。

しかし,もし既にその区分けがあいまいになっていて,侵食されていると思うならば,GTDというものが,自分の大事なものを守る番人として使えないか,そういう観点からこれについて考えてみた方がいいと思います。

確かに,GTDは「仕事」「プライベート」の中間に置かれ双方と関連を持つものです。それが,どちらの味方になるかはGTDの使い方次第です。

その意味を考える為には,両者の間の中間領域で何が起きているか,それを見直すことが必要ではないでしょうか。

著者プロフィール

中島拓(なかじまたく)

株式会社ブレーン研究部にて,Windows用ソフトウエアルーター 「PROXY-2000シリーズ」を開発する。 オープンソースソフトウエアとしては,Ruby用HTMLテンプレートエンジン Amrita/Amrita2,個人用GTD支援ソフト「レビュアブルマインド」の開発に携わる。

アンカテのブロガーとして,2006年アルファブロガーに選出される。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/essa/

コメント

コメントの記入

ピックアップ

EC事業者が注目,.shopドメインとドメイン名をとりまく新たな流れ

インターネットの可能性を広げる新たな動きが,ドメイン名をめぐって起こりつつあります。

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーたちが語る,確実な力を付けるための“質問力”

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーの方々に集まっていただき,座談会を開催しました。

Webサイトに“安心”をプラス―知らないでは済まされないSSLサーバ証明書の仕組み

いまやユーザといえでも必須の知識となったWeb通信の暗号化と,その信頼性を確保するための「SSL証明書」のしくみについて紹介します。

リクルートライフスタイルの技術力を追え!

ビジネスを拡大し続けるリクルートライフスタイルの技術力を,編集部の徹底取材により紐解きます。

開発スピードに限界を感じたときの処方箋

「JIRA」をはじめとするアトラシアンのツール群。多くのオープンソースソフトウェアを継続して提供する支えとなっている使い易さを探ってみます。

デジタルコンテンツを日本から世界へ―MyCommerceで始める越境EC

自社開発ソフトウェアを海外も含めてオンラインで販売したいというニーズに即したサービス「MyCommerce」を用いて,誰もが手軽に越境ECを実現するためのノウハウを紹介します。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->