インターネット中継するための,配信のキホン

第6回 iPhoneのUstream Live Broadcasterで生中継してみよう[実践編]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回は,Ustream Live Broadcasterによる生中継の実践編です。生中継の具体的なテクニックや必要な道具などを紹介していきたいと思います。Ustream Live Broadcasterの使い方は前回の基礎編で解説していますので,必要に応じて参照してください。

ただし,Ustream Live Broadcasterがリリースされたのが12月9日ですから筆者もまだ試行錯誤中です。あくまで現在(2009年12月28日)のベストプラクティスとして参考にしてください。

iPhoneを使った生中継の手軽さ,機動力を活かす

iPhoneの生中継は,ノートパソコンで配信する映像と比較すると低品質ですが,とにかく機動力があります。サッとポケットから取り出し,Ustream Live Broadcasterを起動するだけで配信を開始することができます。この手軽さが最大の魅力だといってよいでしょう。Webカメラもマイクも必要とせずに,iPhone一台あれば生中継できてしまうのです。たとえば,歩いていて「夕日が美しい!」と思ったら,その場ですぐに生中継を開始し,Twitterでフォロワーと対話することもできます。

この実践編で取り上げるテクニックや,グッズなどは,iPhone(スマートフォン)というデバイスの特性を活かしたライブ配信を前提にしています。iPhoneでライブ配信するときのベストな構成を紹介していきたいと思います。

図1 WILLCOM D4によるUstream生中継時の写真。Webカメラとヘッドセットを接続し,OSを起動,ブラウザを立ち上げ,Ustream.tvにアクセスするなど,配信を開始するまで手順が多い

図1 WILLCOM D4によるUstream生中継の写真

通信速度をチェックする

生中継の品質に影響を与える最も重要な要素は「通信速度」です。現場に着いたら,まず最初に確認しなければなりませんが,通信速度をチェックするアプリを使うと便利です。2つくらいのアプリで各々3,4回計測して,判断するとよいでしょう。事前に無線LANなどの有無を確認していても,必ず当日チェックしておきましょう。

また,同じ場所で無線LANを使っている人が多い場合,配信に影響します。もし,配信してもすぐに途切れてしまう状態なら,プレファレンス(Preferences)のLive Settingsで配信映像の品質を176x144(低画質)に切り替えてみましょう。

図2 通信速度を計測するアプリSpeedtest(左),Speedtest.net(右)

図2(左) 通信速度を計測するアプリ「Speedtest」 図2(右) 通信速度を計測するアプリ「Speedtest.net」

図3 「Speedtest.net」の履歴リスト。3G/WiFiのアイコンが表示されるので,確認しやすい。 日時や位置情報も記録される

図3 「Speedtest.net」の履歴リスト

無線LANを利用できる場合には,できるだけ利用したほうがよいでしょう。3G回線よりも安定しますし,パケット使用量の上限を気にせず配信できるからです。

図4 イーモバイルのPoketWiFiは,無線LANが使えない場所で威力を発揮する。小さいので胸のポケットに入れておくことが可能

図4 イーモバイルのPoketWiFiは,無線LANが使えない場所で威力を発揮する

iPhoneで生中継するときの装備

iPhoneはスマートフォンですから,ノートパソコンで配信するような映像クオリティは期待できません。あくまで,簡易配信のレベルだということを理解しておく必要があります。ただし,ちょっとした工夫で改善できますので,いくつかヒントをご紹介していきましょう。

以下の写真は筆者の配信用アイテムです。iPhoneと組み合わせて使うことで,さまざまな問題をクリアすることが可能です。

図5 現在の配信用アイテム。左上から,ライトルーペ,マイク,ホルダー,iPhone,外部バッテリー,マイクアダプタ

図5 現在の配信用アイテム

著者プロフィール

境祐司(さかいゆうじ)

インストラクショナル・デザイナー[Instructional Designer]として学校,企業の講座プラン,教育マネジメント,講演,書籍執筆などの活動をおこなう。2000年より情報デザイン関連のオンライン学習実証実験を始める。現在,教育デザイナー育成を目的としたフォーラムを立ち上げるため準備中。著書に「速習Webデザイン Flash CS4」(技術評論社),「Webデザイン&スタイルシート逆引き実践ガイドブック」(ソシム)などがある。

URLhttp://admn.air-nifty.com/monkeyish_studio/

著書

コメント

コメントの記入