勉強会のススメ

第1回 対話を促進する学び場の運営ノウハウ[前編] 勉強会を開こう!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

はじめに ~勉強会はlifehacksなのか?

「勉強会」とは,「特定のテーマやトピックについて一緒に学ぶ有志の集い」のことです。本稿ではlifehacksの視点から勉強会の運営について考えてみます。

筆者はソフトウェア開発企業に勤務するプログラマです。業務と家族サービスの合間を縫って社内向けのプライベートな勉強会やパブリックな勉強会を開催しています。本稿では筆者の経験をもとに,数人の小規模から30人程度の中規模なサイズの勉強会の開き方を紹介します。筆者の勉強会経験は職業柄ソフトウェア技術に関するものが中心ですが,基本的な考え方はほかの分野にも適用できます。

「lifehacks」は日々の情報収集の効率化や人生の密度の向上のためのコツや取り組みです。勉強会は,次のようにも定義できます。「勉強会とは,学習を低コストで効果的かつ効率的に行うために,参加者間の対話を重視するボトムアップな活動である」と。これはどうみてもlifehacksです。

勉強会には勉強会へ参加することと,勉強会を開くことの2つの側面があります。勉強会に参加することは,自分の学習効果を効率化するlifehacksです。勉強会を開くことは,自分のみならず参加者も巻き込んで互いの学習効果を効率化するlifehacksです。加えて,勉強会を新たに開催するということは,「世界」にそれまで存在しなかった「場」を作りだす行為であり,hackの名にふさわしい活動であると言えます。

勉強会の意義と参加するメリット

まず,勉強会の意義と勉強会に参加するメリットを簡単に整理します。

各種学校やセミナー,カンファレンスと勉強会とのもっとも大きな違いは,運営側と参加者とが一体となって勉強会という場を作りあげ,維持していく点です。勉強会では「壇上の講師」「聴衆」といった固定された関係は存在しません。

コミュニケーションという側面だけ見ると,今やインターネットも普及し,わざわざ参加者がどこかに集まる必要はありません。メール,Webサイト,チャット……。しかし,いくら昨今の技術革新や回線速度の向上がめざましくとも,同じテーマに関心を持つ人たちが集まることで醸しだされる「雰囲気」を直接体験できるまでには(まだ)至っていません。学習の効果―というよりは動機づけとして,こうした雰囲気の体験や参加者との会話,新しい人との出会いがもたらす自分自身への「刺激」に勝るものはありません。もちろん,勉強会に参加することによる自分自身を学習する状況へと追い込む効果は,学習の効率化に直結します。

勉強会は,対話と学習とを通じて参加者それぞれに「変化」を促進します。変化といっても小さな変化かもしれません。しかし,突然起きるように思える大きな変化も,結局は小さな変化の積み重なりです。

昨今ではインターネットで少し検索すれば,さまざまなテーマの勉強会がさまざまな参加者層によって各地で開催されています。その中で自分に参加できそうなものがあれば,参加してみることをお勧めします。

ところが,自分の興味のあるテーマの勉強会が開催されていない場合や,開催されていても自分のニーズに合わない場合―自分の求めるものが初学者向けであったり,もっと専門的なものだったりする場合は,どうすれば良いのでしょうか。もちろん,自分で開催してしまえばよいのです。

勉強会を開こう

いま述べたような「場」を自分自身のみならず他人に対しても提供するのが勉強会です。では,勉強会を開くために必要なものは何でしょうか。筆者が運営側として必要だと思うものをリストアップします。

  • 参照テキストとする書籍またはテーマ
  • 参加対象はパブリックか,プライベートか?
  • 告知および参加者間の連絡手段
  • 勉強会を開催する会場と設備
  • 勉強会当日の形式
  • ちょっとした勇気

それぞれについて,簡単な説明と,運営側の視点からのアドバイスを述べます。

著者プロフィール

角谷信太郎(かくたにしんたろう)

(株)永和システムマネジメント,サービスプロバイディング事業部所属プログラマ。「『楽しさ』がシステム開発の生産性を左右する」と信じてRubyによるアジャイル開発を現場で実践するテスト駆動開発者。目標は達人プログラマ。好きな言語はRuby。好きなメソッドはextend。著書に『アジャイルな見積りと計画づくり』(共同翻訳),『JavaからRubyへ』(翻訳),『アジャイルプラクティス』(共同監訳),『インターフェイス指向設計』(監訳)。

URLhttp://kakutani.com/

著書

コメント

コメントの記入