勉強会のススメ

第4回 JavaEE勉強会の紹介

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

はじめに

はじめまして。Web+DB PRESSで記事濃縮還元オレンジニュースを連載させて頂いている角田(かくだ)です。今回は私が運営をしているJava EE勉強会についてご紹介します。Java EE勉強会は月1回のペースで東京都内にて行っている,JavaやJava EEを扱ったテーマについて勉強する会です。

勉強会はじまりのきっかけ

Java EE勉強会は2004年8月に始まりました。元々は勉強会として始まったのではなく,Rod Johnson著「J2EE Development without EJB」の読書会としてスタートしました。私は当時JavaのAOPに関するセミナーに参加し,セミナー後の懇親会にてSeasar2開発者のひがやすをさんに「『J2EE Development without EJB』の読書会をやろう」というお誘いを受け,Yahoo!グループを利用してコミュニティを作ることにしました

「J2EE Development without EJB」読書会は2006年4月に終了し,その後J2EE勉強会と名前を変え,SunがJ2EEからJava EEと名称を変更したのをきっかけにJava EE勉強会と変更しています。

現在も,基本的な構成は読書会と発表の2本立てになっています。読書会を行う対象の書籍は,現在の読んでいる書籍が終わりに近づいた頃,アンケートをとって決めています。ちなみに現在は「Pro EJB 3」が終了し「Java並行処理プログラミング」「Domain-Driven Design」の初の2冊並行を試みています。

勉強会の進行

勉強会は13:00に始まり18:00くらいに終わります。大体以下のような流れで行います。

~13:00入室,準備
13:00~13:10開始の挨拶
13:10~14:00ポジションペーパー
14:10~15:00ネタ発表 or 読書会
15:00~15:20長休憩
15:20~17:30ネタ発表 or 読書会
17:30~17:50ふりかえり
17:50~18:00後片付け,退室
18:30~飲み会

1つの発表または1時間ごとに,5~10分くらいの休憩を取ります。また15:00あたりに20分くらいの休憩をとります。読書会はその日に読み進める量が毎回違うため,予定していた発表が出来ない場合があります。その際は次回に持ち越して,発表の優先度を上げます。

それでは,各行程についてそれぞれどういうことを行っているかを説明します。

準備

まず勉強会をするにあたって,参加者同士の顔を見合って意見を交わしやすいように,机はなるべく円やコの形になるように並べるようにします。

開始の挨拶

その日のタイムテーブルや勉強会の流れ,会場内の諸注意などを参加者にお伝えします。

ポジションペーパー

1人3分あたりの時間で名前やブログなど簡単な自己紹介をします。さらに,毎回何かしらのテーマを決めてそれについて語ってもらいます。これまでポジションペーパーのテーマとして,以下のようなものがありました。

  • 読書会の候補となり得る書籍
  • 今年の抱負
  • 転職したい企業
  • 開発時のアンチパターン(失敗談)
  • 一日の行動表をグラフで表す
  • Joel Test

ポジションペーパーの発表形式は自由としています。ノートPCを使ってプレゼンテーション資料を作成する方もいますし,紙に印刷して参加者達に配る方もいます。何も用意せず口頭で臨む方ももちろんいます。

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入