携帯電話研究家イケハタさんのスマホ業界つれづれ話

第7回(最終回) 2015年春にいろいろとデビューする人へのお勧めモバイルマシン

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

新生活で導入するモバイルマシン

こんにちは,池端です。

新社会人や進学など新しい春を迎える人が多いこれからの季節,各通信キャリアもいろいろな新サービス,キャンペーンを打ち出し,携帯端末メーカーも新機種を発売してくるでしょう。

今回はそんな新しい生活を送るにあたって筆者が最適と考える,モバイルマシン(スマホ,タブレット)を紹介していきたいと思います。

ただし普通に紹介しても面白くないと思いますので,グローバル端末を含め,国内国外の端末からピックアップしたいと思います。

注:本記事では「技適」⁠特定無線設備の技術基準適合証明)未認証端末の紹介も含まれています。筆者が所属する株式会社ウェブレッジでは日本国内で技適未認証端末の動作テストをする設備を保有しており,本レビューを行っています。

新社会人におすすめ。Officeの編集もOK! ノマドも快適『ThinkPad 10』

画像

ThinkPad 10(レノボ)

ThinkPad 10は,レノボ社から昨年発売された10.1型のWindows8.1搭載のタブレットで,ThinkPadシリーズらしくボディカラーもマットブラックです。

重さは590グラム程度と同サイズの一般的なタブレットと同レベルの重量になっています。

搭載されているOSがWindows8.1なのでビジネスシーンには欠かせないOffice系ソフトも動き,搭載されているCPUもAtom Z3795となりIntel社のタブレット用CPUとしては最高クラスのスペックです。

画像をたくさん使ったパワーポイントのプレゼン資料の作成なども快適に行えます。タブレットの機動性を活かして移動中の電車の中で作成などノマドスタイルには持ってこいの端末です。

このThinkPad10ですが,通常では購入できないモデルがあります。

それが「販売代理店モデル」というものです。

このLTE内蔵モデルは法人契約のみ対応のため,会社名義などでの購入が必要ですが,ソフトバンクとドコモから発売されています。

それぞれLTEに対応しており,SIMカードを挿入すれば単体でモバイル通信が可能になります。別途モバイルルーターなどを用意しなくてもメールの送受信やウェブブラウジングなどのネット利用が可能なため,軽快なフットワークで利用することができます。

パソコンは不要?これ一台で何でもできるモバイルマシン『Surface Pro 3』

画像

Surface Pro 3(マイクロソフト)

オールマイティーなモバイルマシンを求める人にとっては,マイクロソフトから発売されているタブレット型PCのSurfacePro3が1番ではないでしょうか。

まず搭載されているOSがWindows8.1であり,基本的にすべてのWindowsソフトウェアが動作可能です。また,エミュレータを使えばAndroid OSなどスマートフォン用のOSも動作させることができます。

そもそもこのSurFacePro3はタブレットの形状ですが,ハイスペックモデルではCPUにIntel Corei7が搭載されており,ラップトップやタワー型PCに引けを取らないマシンパワーを備えています。

長文を打つ際は専用キーボードやBluetoothキーボードを繋げて使用したり,タブレットスタイルでくつろぎながらソファーで動画を見たりといろいろなシーンにて使うこともできます。

すべてを1台で済ませたい。そんな方にはおすすめの1台です。

あえてデメリットを挙げるとすれば,タブレットというよりもノートパソコンに近いため,重量はノートパソコンに近いことです。アウトドアというよりも出先のデスクで操作するような環境に向いています。

何よりも軽さ,持っているのを忘れてしまう軽量端末『Xperia X10 mini』

画像

Xperia X10 mini(ソニー・エリクソン,国内未発売)

Xperia X10 miniは画像を見てわかるとおり,とても小さいスマートフォンです。

発売は2010年と約4年前に発売された端末ながらも,軽量端末といえば筆者はこれしか思い浮かびませんでした。

液晶サイズに比例して端末の重量も増えるため,⁠◯インチ搭載端末では世界最軽量」という宣伝文句は多々存在しますが,スマートフォンとして普通に使えて,持っていることを忘れるほど小さく軽い端末はスマホではこれしかないでしょう。

4年前の端末なのでAndroid OSバージョンは低く,ハードウェアスペックも現状のものとは比べられないほど低い端末です。しかしメールとLINE,通話だけに割り切れば,動作も問題無くとても便利な端末かと思います。

今となっては低スペックというデメリットもありますが,何よりこの小ささのインパクトは目を引くので,所持している時の満足感はとても高いです。女性にもとてもおすすめの端末です。

著者プロフィール

池端隆司(いけはたりゅうじ)

個人で1000台以上の携帯端末を保有する携帯博士。株式会社ウェブレッジの品質検証事業部長としてテストチームのマネージメントをするほか,「携帯電話研究家・品質コンサルタント」として活動。品質管理体制の構築・検証手法の提案,ニアショア・オフショア検証の体制構築提案を実施。そのほか国内,国外の携帯電話市場調査やアプリケーションの企画やアイディアの提案なども行う。

コメント

コメントの記入