エンジニアの生存戦略

第1回 藤本真樹―グリーを初期から支えるCTO

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Webエンジニアのキャリアにはどんな道があるのか,先頭を走ってるいろいろなエンジニアに話を伺うインタビュー連載。第1回はグリーCTOの藤本さんです。

画像

[撮影:平野正樹]

CTOの役割

──私舘野も最近CTO注1になって,長年CTOをされている藤本さんが,CTOに対してどんな考えをお持ちなのかを聞かせていただければと思い,本日はお伺いしました。突然ですが,ぶっちゃけCTOってエンジニアなのでしょうか?

藤本:純粋な意味ではエンジニアではないですね。もちろん技術の知識は必要で,エンジニアリングも業務で兼ねたりしますけど,それだけじゃないですよね。

──大きな技術ビジョンを描いて,それに対して貢献したりとかでしょうか?

藤本:そうですね。会社がある程度大きくなると,そこに経営視点で貢献したり,技術と事業を結び付けたりなど,全体の舵取りをする必要があります。そういう意味ではいちエンジニアではありません。エンジニアの上のポジションであってもいいんですけど,その立場には別の人が技術マネージャとしていてもよいと思います。ただ,大きな技術ビジョンの実現はある種のんきな仕事でもあって,中長期的なことを考えることは本当は必要だと思うのですが,IT業界はサイクルが早いのでなかなか難しいですね。

──技術知識はどれぐらい必要でしょうか。意思決定に必要な分が必要とすると,会社が大きくなるにつれさまざまな技術,下はネットワーク層から上はグリーさんなら3Dプログラミングまで知る必要が出てきませんか? どの技術をどの深さまで知ればよいとお考えですか?

藤本:理想を言えば,全部知るに越したことはないんですが(笑)。知らないと正しい判断ができる可能性が減ると言えば減りますが,決めずに進むよりもある程度「ここは弱い」という部分は割り切って決めて進んだほうが速くて,そのバランスをとって決めますね。

──そういった弱い部分には,その知識を持った信頼できるアーキテクト的な人が社内にいるということですか?

藤本:そうそう,その人とコミュニケーションしてしっかり意見を聞き出せるベースの技術知識があれば,補うことができます。そこが最低必須ですね。

注1)

2014年2月にクックパッド(株)の執行役CTOに就任しました。

現場でコードを書く力

──CTOは現場と一緒になってコードを書いて前に進めていく力はあったほうがよいでしょうか?

藤本:手を動かす力がある程度あったほうが価値が出せると思っています。ただ,マネジメントとして現場を前に動かしていく力でも場合によってはよいと思いますし,両方できたらそれはそれでよいですよね。また,技術を深く理解したうえで技術を選択していくアーキテクト的な立ち位置もあります。コードを書く力・マネジメント力・アーキテクト力,この3つはCTOとしてはどれもある程度は必要ですね。ただ,会社やCTO本人の趣味嗜好(しゅみしこう)によって,どこに比重を置くかは変わってきますね。

──藤本さんは,今はどの辺に比重を置かれていますか?

藤本:理想を言えば,コードをずっと書いていたいです。

藤本真樹 氏

藤本真樹 氏

──やはり自分で手を動かして,興味のある分野のコードを書き続けたいですか?

藤本:そうですね,浅くても深くても,個人としてはやりたいですね。でも現実問題,舘野さんもそうだと思うんですけど,現場でバリバリコードを書いてしまうと,それが必ずしもプラスでない場合もあったりしますね。自分でメンテナンスし続けられればよいのですが,できなくなってしまうこともあって,「ここまでコード書いたから,あとは運用よろしく!」だと「ふざけんな!」ってなったりするので(笑)。本当にやるならちゃんとチームに入って業務時間の80~90%をきちんとコミットできないと,なかなか難しいですね。なので,今は現場に1日~2日入って一緒に課題解決するのが限界ですね。

──なるほど,どこかのチームに継続的に入るのは難しいのでしょうか?

藤本:ですね。ただ,会社に必要なプロダクトをがっつり作るタイプのCTOだと,チームにどっぷり入る方もいますね。

CTOはマネジメントであるべきか

──藤本さんはマネジメントもだいぶやられてきたと感じるのですが,CTOはマネジメントを行うべきなのでしょうか?

藤本:むしろ,マネジメントのほうが多かったです(笑)。

──たとえばエンジニアの育成だったりチーム作りだったり,評価だったり採用だったり,はたまた会社の文化作りであったり,いろいろあるとは思うのですが「これは必要だ」と思ってやってきたことってありますか?

藤本:結局,全部必要だと思いますね。ただ順番はあると思っていて,一番初めにくるのは文化作りですね。結局のところ僕らがどういう集団であり続けたいのか,そのことが会社や経営にとってどう大事なのかを,エンジニアにも非エンジニアにも伝え続けることが重要です。言い続ける人がいないと,あいまいになって崩れてしまいます。採用も,組織・エンジニアがこうありたいという視点から行いますし,研修も,どういう人になってほしいかという視点から内容を決めます。ほかにもキャリアの描き方や評価の仕方などにつながっていくので,最初に行うのは文化作りですね。

著者プロフィール

舘野祐一(たてのゆういち)

はてなブックマークのリードプログラマ・エンジニアリングマネージャを経てクックパッドに入社。ユーザに価値を届けるためにさまざまな技術的な挑戦を行っているうちに,いつの間にかクックパッドのCTOに。昔はコードを書くことが死ぬほど好きだったが,最近は技術をどう生かすかが好きになってきているお年頃。

GitHub:https://github.com/hotchpotch
はてな:http://secondlife.hatenablog.jp/

コメント

コメントの記入