エンジニアの生存戦略

第3回 宮川達彦―最先端のWebエンジニアのキャリア

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

先を歩むエンジニアへのインタビューを通してエンジニアのキャリアについて考える本連載,今回は古くからPerlコミュニティで活躍し,最近ではWebテクノロジ情報発信のポッドキャスト「Rebuild」が話題の宮川達彦さんにお話を伺いました。宮川さんは,筆者のクックパッドの同僚でもあります。

画像

[撮影:平野正樹]

プログラミングに興味を持ったきっかけ

──最初にプログラミングやエンジニアリングに興味を持ったのはいつでしょうか?

宮川:父親がプログラマだったので,コンピュータは小さいころから家にあったんですけど,プログラミングはしておらず,純粋にPCユーザとしてゲームとかで遊んでいました。プログラミングのきっかけは,東京大学に通い始めて,趣味でホームページや掲示板を作っておもしろいと思ったことですね。そのあと3年次に,理学部情報科学科を選択し学びました。それと前後して,大学の友達から「オライリー・ジャパンがイベントで書籍を売るんだけど,売り子のアルバイトをしない?」と誘われ,それをきっかけに本の校正の手伝いやホームページ更新のアルバイトをするようになりました。オライリーはPerlの書籍をたくさん出版していて,そこでタダで読ませてもらっていました。

ライブドア時代(2000~2004年)

宮川:そのうち,プログラムを書いたら良い給料がもらえるというアルバイトの誘いが来て,そこがオン・ザ・エッヂ注1でした。アルバイトを始めて半年くらいで大きい仕事を任されるようになり,顧客管理のシステムやCMSContent Management Systemを1~2人のチームで作っていました。仕事はおもしろいし,お客さんとやりとりができるし,役に立っている感もありましたね。

──アルバイト時代から活躍されてたんですね。そのままライブドアに入社したんですか?

宮川:はい,僕がいた情報科学科は9割5分くらいが大学院に進むんですが,大学院で研究するより,仕事をしたほうがおもしろいと思い入社しました。

──ライブドア時代はPerlやCPANComprehensivePerl Archive Network)(注2)などのOSS(Open Source Softwareヘ多大な貢献をしていましたが,きっかけはあったのでしょうか?

宮川:同僚の小飼弾さんと一緒にスピーカーとして出たPerlのカンファレンスに海外からオープンソース活動をしている人たちが来ていて,自分も同じようなことをしているんだし,できそうだなと思い始めました。英語も好きだったので,IRCInternet Relay Chatでリアルタイムにやりとりができて,英語のいろいろな言葉を覚えられてよいなと思ったのも,ハマったきっかけですね。

舘野祐一 氏

舘野祐一 氏

──ライブドア時代の後半はRSSRDF Site Summaryやブログ周辺技術にコミットメントをしていましたが,そのきっかけは?

宮川:日本にブログブームが来て,シックスアパートのMovableTypeというPerlでできているソフトウェアを触り始めておもしろかったんですよね。それと前後してライブドアでもブログのサービスを作っていました。会社は違うけどお互いのデータをエクスポート/インポートできるようにしたり,更新情報をお互いのところにフィードできたり,オープンな感じでやっていたのがおもしろかったですね。

注1)
2004年にライブドアに社名変更しました。現在はLINEです。
注2)
Perlのライブラリが集まっているリポジトリです。

シックスアパート時代(2005~2011年)

──当時はライブドアの執行役員で,立場あるポジションだったと思うのですが,シックスアパートに移った経緯を教えてもらえますか?

宮川:ライブドアにアルバイトから入社した時点で,すでにテクニカルマネージャみたいな役職になっていて(笑),お客さん向けの開発も最初はおもしろかったのですが,これからは自分たちが作った製品,ソフトウェアを作っていくほうが僕には向いているな,そういう仕事がおもしろそうだなと思い始めたんですよね。

──一般のユーザに対して提供するようなサービスでしょうか?

宮川:情報発信プラットフォームの最初のムーブメントがブログだったと思うのですが,そういうところに貢献できるソフトウェアを作るのがすごく楽しそうでした。シックスアパート創業者の2人が来日したときに遊びに行って意気投合して,「ここだったら働けるな」とイメージできました。

──シックスアパートはアメリカの会社ですが,当時から「渡米したい」という思いはあったんですか?

宮川:インターネットのソフトウェア開発の本場はシリコンバレーやサンフランシスコなので,一度はそこで自分の力を試したいと思っていました。当時は30歳にさしかかるころで,体力・吸収力が高く成長できる時期でもあったので,一番影響を受けられる環境で働きたいという思いもありましたね。

──英語は渡米されて上達しましたか?

宮川:読み書きはIRCで鍛えられていたので,だいぶできていたと思いますが,ビジネス的なことをする場合はけっこうきつかったです。とはいえソフトウェア開発の会社なのでコンテキストは共有できていて,ある程度会話の前提がわかっていれば通じましたね。細かいところは渡米してだいぶ良くなったと思います。

──自身のブログで書かれた,TOEICを受けたら970点とった注3という記事が話題になりましたね(笑)。シックスアパートにはどれくらい在籍していたのですか?

宮川:シックスアパートがSay Mediaになった期間も含めて6年間いたので,ライブドアより長かったですね。

注3)
Web 2.0時代のTOEIC900点超え 英語勉強法9ヶ条

dotCloud時代(2011~2012年)

──次はdotCloudに移られましたね。今の社名はDockerですけど。きっかけはあったんですか?

宮川:2011年ごろ,PythonやRubyを個人的にいじるようになったのですが,それらの言語と比べるとPerlは,Webまわりのライブラリのインストール方法が非常に面倒くさいというか洗練されていないと感じました。あと,ツールはあるけれどうまく協調して動かない印象もありました。「そこら辺をもっと良くしていこうよ」とPerlハッカーの人たちとオープンソースでいろいろやっていました。それが,PlackというRubyのRackみたいなライブラリと,cpanmというCPANのモジュールをインストールするツールになりました。

──はい,そうでしたね。

宮川:そのころちょうどHerokuが登場し,PaaSPlatform as a Serviceが盛り上がっていきそうな動きがありました。Herokuは当時Rubyしか対応していなくて,PerlやPythonをPaaSでやっていく時代が来るに違いない,そういう会社はないかなと思っていたら,全部の言語に対応しようとするdotCloudというPaaSが出てきて,会社の住所を調べたらSay Mediaの隣のビルだったんですよ(笑)。

──めっちゃ近かった(笑)。

宮川達彦 氏

宮川達彦 氏

宮川:だから「隣にいるけど,Perlをサポートするつもりだったら手伝うから」とメールを出し,その1週間後くらいに実際にオフィスへ行って,Perlをサポートする作業を半日くらい一緒にやりました。Python用のコードをもらって「Perlだと,これどうなの?」と聞かれたら,「そこはこうだよ」って教えて。一緒に作業してみておもしろそうだったので,「来週,面接しようよ」みたいなことになって,そのまま働くことになりました。

──なるほど,お互い一緒に開発してみて,判断されたんですね。dotCloudは当時Pythonの会社だったと思うのですが,宮川さんもPythonを使われたんですか?

宮川:はい。Plackとかを作るときにPython,Rubyの既存実装を参考にしたんです。そのときに,言語やツールをある程度は学びました。またdotCloudは当時8~9割がPythonエンジニアだったので,わからなければ聞けばよかったんです。プログラミング言語自体の文法や機能の習得は1週間もあればほとんどできると思うんですが,書き方やライブラリ選定のベストプラクティスは仕事で使っている人じゃないとわからないことも多いため,いろいろなことを教わりました。新しい技術に触れることができるのも,転職の良いところの一つですね。

著者プロフィール

舘野祐一(たてのゆういち)

はてなブックマークのリードプログラマ・エンジニアリングマネージャを経てクックパッドに入社。ユーザに価値を届けるためにさまざまな技術的な挑戦を行っているうちに,いつの間にかクックパッドのCTOに。昔はコードを書くことが死ぬほど好きだったが,最近は技術をどう生かすかが好きになってきているお年頃。

GitHub:https://github.com/hotchpotch
はてな:http://secondlife.hatenablog.jp/

コメント

コメントの記入