エンジニアの生存戦略

第4回 浜本階生―SmartNewsを作ったエンジニアのキャリア

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

先を歩むエンジニアへのインタビューを通してエンジニアのキャリアについて考える本連載,今回はSmartNewsの開発者で,スマートニュース株式会社の代表取締役社長/共同CEOの浜本階生さんにお話を伺いました。

画像

[撮影:平野正樹]

ゲームがきっかけで始めたプログラミング

─⁠─浜本さんがプログラミングに興味を持ったきっかけをお聞かせください。

浜本:小学校のころ,ファミコン注1がどう動いているのかにすごく興味がありました。小学校3年生のときに先生が画面の中を丸が動くプログラムを見せてくれたのですが,それで,ファミコンもきっとこうやって動いているんだと思ったんですよね。その後中学校の技術家庭科の教科書にプログラムを書こうというコーナーがあって,簡単なゲームプログラミングをしたのが始まりですね。中学校のPCはNECの古いPC-9801だったのですが,放課後に内蔵のBASIC言語で記述していました。家に帰るときにはメモリから全部消えてしまうので,毎日ゼロから打ち込み直して少しずつプログラミングしていました(笑)⁠

─⁠─そしてのめり込んでいったのですね。

浜本:はい,本当におもしろくて「プログラミングしかしていなかった」と言ってよいぐらい中学校や高校時代は熱中しました。最初はBASICで,次がC,そしてアセンブリと学んでいきました。そのころは主にゲームを作っていました。ゲームはプログラミングの総合芸術のようなもので,音楽を再生するためにハードウェア割り込みを行うライブラリを作ったり,グラフィックのエディタを作ったり,ゲーム内言語を作ったりと,あらゆる要素の組み合わせで成り立つんですよね。中学校の文化祭で自分の作ったゲームで大会を開いたら何十人という人が遊んでくれて,すごく興奮してさらにのめり込んでいきました。

─⁠─今はサービス作りをしていますけど,ものを作る原点はゲームにあったんですね。

浜本:そうですね。あとは当時「マイコンBASICマガジン」という雑誌に読者が投稿したプログラムを編集部が採点するコーナーがあって,2回応募して2回とも載せてもらえたんですよ。プログラムをとにかく形にして,人に遊んでもらうなり,雑誌に投稿するなりといったアウトプットをけっこう行っていました。

注1)
任天堂が発売していたファミリーコンピュータのことです。

単なるネットユーザだった大学時代

─⁠─大学は東京工業大学で情報工学を学ばれたんですね。

浜本:自然言語処理の研究室に所属していたのですが,中学校や高校のときのような圧倒的にプログラミングだけに集中している感じではなく,普通にサークル活動などをしていました。当時どんどんインターネットが普及してきて,それまでソフトウェアと言うとWindows上で動くものがほとんどだったのに,インターネットを通して使われるように変わり始めました。大学を卒業する2005年には完全にWeb中心になっていました。でもその大きな変化に僕はあまり目を向けず,単なるインターネットユーザとして時間を過ごしてしまいました。この時期にもっとネットの中でものを作れば良かったと後悔しています。

Seasarプロジェクトとの出会い

─⁠─そのあと大学院に行かれたんですか?

浜本:周りの人はほぼ大学院に進学したのですが,当時プログラミングのアルバイトをしていた会社の社長さんから「ぜひ来てほしい」と言われ,就職しました。すごく小さい会社で,技術をやっているのは僕だけでした。

舘野祐一 氏

舘野祐一 氏

─⁠─浜本さんは2007年ごろからいくつもWebサービスを作り出していたことが印象的なのですが,そこに至るまでにどんな経緯があったのでしょうか?

浜本:仕事でプログラミングをするようになって,インターネットの世界に自分がまったくついていけていないことに遅ればせながら気づいたんですよね。はてなダイアリーやはてなブックマークが出てきて,Web 2.0と呼ばれるサービスだとかがたくさん登場してきたときに,自分はWebの知識がほとんどゼロだったんです。でも会社にほかのエンジニアはおらず,教えてくれる人もいませんでした。これにたいへんな危機感を覚えました。会社にはJavaプログラマとして採用されていたので,日本でJavaのWebの最先端ってなんだろうと必死にググって,Seasarプロジェクトに行き着きました。

─⁠─どうやってWebを学んでいったんですか?

浜本:たぶんこれを追いかければよいはずだと思って,当時あったいくつものSeasarのオープンソースプロダクトのソースコードを読んでいきました。また年2回ほどSeasarのカンファレンスが開かれていたので,すごく勇気をふりしぼって参加しました。当時はWebのコミュニティに属していなかったので,カンファレンスを単に聴講しに行くだけでもものすごく勇気が必要でした(笑)⁠参加してみるとみなさんすごくフレンドリーで,コミッタの方々とも話をさせてもらえて,Seasarにくっつきながら一層Javaの勉強を続けました。

著者プロフィール

舘野祐一(たてのゆういち)

はてなブックマークのリードプログラマ・エンジニアリングマネージャを経てクックパッドに入社。ユーザに価値を届けるためにさまざまな技術的な挑戦を行っているうちに,いつの間にかクックパッドのCTOに。昔はコードを書くことが死ぬほど好きだったが,最近は技術をどう生かすかが好きになってきているお年頃。

GitHub:https://github.com/hotchpotch
はてな:http://secondlife.hatenablog.jp/

コメント

コメントの記入