Googleケータイ,世に現る

第34回 次期Android OS「Froyo」とは?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

一気にヒートアップした感があります

ドコモからXperia,ソフトバンクからDesireと,立て続けに高性能な端末が投入されて,Androidが一気にヒートアップした感じがあります。Xperiaは,発売20日で10万台出荷し,いまだ入手しづらい状態のようです。

かたや,日本初となるAndroid 2.1が搭載されたDesireは,出荷台数の情報はないものの,初回出荷分は,予約で完売とアナウンスされ,こちらも滑り出しは好調のようです。このあと,6月上旬にauのAndroid端末「IS01」がリリースされるので,盛り上がりに拍車をかけてくれるはずです。

Android 2.1を搭載して,先進性をアピールするHTC Desire。少し古い印象を受けるデザインが残念。

Android 2.1を搭載して,先進性をアピールするHTC Desire。少し古い印象を受けるデザインが残念。

他,モバイル広告配信の大手「AdMob」の3月のレポートで,米国の広告トラフィックの46%がAndroid,39%がiPhoneとなっており,AndroidがiPhoneを上回ったと報じています。

世界全体では,46%がiPhone,25%がAndroidと依然iPhoneが強いのですが,Androidのシェアが拡大しており,好調さを維持していると受け取っても情報です。

次期OSの「Froyo」とは?

このように,足が地に付いた盛り上がりになって来た感があるAndroidですが,Android 2.1に続いて,Android 2.2と噂されている「Froyo」のリリースが控えています。Android OSの開発コードネームは,⁠焼き菓子の名前をアルファベット順に採用する」とされてましたが,⁠Froyo」はフローズンヨーグルト(Frozen yogurt)の略称なので,方針の変更があったのかもしれません。

さて,そのFroyoは,デルがリリースを予定している端末での採用が予定されていたり,Google謹製のNexusOneもアップデートの対象になるとされています。Xperiaもバージョンアップが予告されましたが,Android 2.1とされているので残念です。

原稿執筆時点では,Googleから正式発表はありませんが,以下に噂されている新機能や修正点をリストアップし,気になる項目をいくつかピックアップして行きます(5月に開催されるGoogle I/Oで正式発表されたら,追って詳細をお伝えします)⁠

  1. Flash 10.1のサポート
  2. アプリの自動アップデート機能
  3. Android Marketのアップデート
  4. UIの改良・修正
  5. FMラジオのサポート
  6. OpenGL ES 2.0の機能拡張
  7. IEEE 802.11nのサポート
  8. トラックボールのLEDカラー追加
  9. タッチパネルの誤作動修正
  10. RAMの解放
  11. JITコンパイラの採用

まずは,⁠1. Flash 10.1のサポート」です。

アップルがiPhone, iPadからFlashを閉め出し,アドビはアップル製品への取り組みを縮小し,Androidへの取り組みを強化するとアナウンスして話題になりました。筆者は,代替え技術があると言え「使えない」よりも「使える」方が良いと考えているFlashですが,10.1に対応したAndroid用Flash Playerは,5月に開催されるGoogle I/Oでパブリックプレビューとして公開され,その後,6月に一般向けにリリースされるとしています。

Flash Playerに続き,AIRもAndroid対応となるはずですが,一連の流れで,Flash関連の技術は,当面,iPhone, iPadで動くことはないので,現時点でAIRを使うメリットが殆どなく,重要な意味を持たない位置づけになってしまったのは残念です。

次は「2. アプリの自動アップデート機能」です。

インストールしたアプリの最新版がアンドロイドマーケットに公開されると最新版公開の通知が行われますが,インストールは,1件ごと手動で,時間を割いてダウンロードする必要があり正直面倒です。まだ,自動アップデート機能の詳細はわかりませんが,あらかじめ許可することで,最新版のインストールが自動化できるのであれば,ユーザ・開発者共にメリットのある機能になるはずです。

最後は「11. JITコンパイラの採用」です。

Androidに搭載されるDalvik VMのJITコンパイラ(Just-in-time compilation)を有効にすることで,多くのアプリが3倍高速化するとしています。SnapDragonの1GHz CPUを採用するXperiaを触ると,現状でも不満がない程の動作速度なのに,さらに高速化される可能性があるならば,ぐうの音も出ない程になるはずで期待大の技術です。また,JITコンパイラを使うことで,バッテリーの寿命に貢献できるとされています。Xperiaでは,バッテリーの持ちが気になるので,Froyoが採用されると朗報なのですが,Android 2.1の採用なので残念です。

サンフランシスコで5/19,20に開催されるGoogle I/Oでは,Android関連のセッションも多く開催される。

サンフランシスコで5/19,20に開催されるGoogle I/Oでは,Android関連のセッションも多く開催される。

まずはNexusOneから…

Flash 10.1や自動アップデート,JITコンパイラと,期待の技術が多く盛り込まれているFroyoですが,新規リリースの端末以外では,NexusOneからのアップデートとなるようです。

NexusOneは,このアップデートで真の実力を発揮することになるはずなので,非常に楽しみです。6-7月には,落とし物で話題になった,第4世代のiPhoneのリリースが控えているとされています。夏迄には,両端末が出揃うはずで,多くのメディアを賑わせることになりそうです。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入