Googleケータイ,世に現る

第39回 AndroidはiPhoneを超すユーザ体験が提供できるか?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

今回は,Android OSの展望とそれに伴なう端末のユーザインターフェース,ユーザ体験について考察します。

テンポの速い歩みには追従していないのは

2008年秋,まだ頼りなさが残るAndroid 1.0が登場してから,凄まじい進化を遂げ,2010年5月のGoogle I/Oで発表されたAndroid 2.2は,多くの期待できる機能が搭載され,風格さえ感じるようになりました。この凄まじい進化を見ていると,Android OSの行く末は非常に明るいように感じます。一点,ユーザ体験に関しては,ほとんど進化がないと言っても過言ではありません。

Android 2.xは,Android 1.xと比較すると,少しモダンなデザインになりましたが,元のユーザインタフェースが,Palm OSやPocket PCが全盛期だった時代の作りで,それを無理にリノベーションしたような代物なので,iPhoneなどには到底およびません。

Android 2.1のホーム画面。バージョンを重ねるたびに洗練されているが使い勝手はもう一つか?

Android 2.1のホーム画面

Androidを初めて触る多くのユーザは,雑多なユーザインターフェースに戸惑いを感じると思います。通知エリアの使い方は,顕著な例で,筆者は「こんなの分かるわけないよ!」と叫んだほどでした。

Android端末を開発しているメーカーも同じことを感じているのか,独自のユーザインターフェースを搭載している端末が多くリリースされています。たとえば,HTCのSense,モトローラーのMotoblur,ソニー・エリクソンのTimesaceやMiediascapeなどのUXもその一つです。

端末を開発する側は,他社とは違うユーザインターフェースを実装して,差別化を図る考えは理解できますが,ユーザとしては,その代償が付きまとうのが気になります。たとえば,XperiaはOSのアップデートに時間がかかっています。アップデート提供時期が前倒しされて,ユーザが喜んでいる様子を見れば,ユーザが欲しいタイミングとメーカーが提供できるタイミングに隔たりがあるのは間違いありません。

Googleは,こうした流れにストップをかけるため,次期Android OSの「Gingerbread」ではユーザ体験の改善に傾注していると,噂話がチラホラと聞こえて来ます(余談ですが,開発コードネームが焼き菓子に戻っています)⁠

ある人物が鍵に…

Googleから,ユーザ体験の話が出始めたのは,ある人物の存在が大きいのです。

あまり,大きなニュースとして取り上げられていませんが,Palm社のMatias Duarte氏が同社を去り,GoogleのAndroidチームにUser Experience Directorとして合流しました。

Matias Duarte氏をご存知ない方のために簡単にご紹介すると,Palm社が販売しているPalm Pre,Palm Pixiに搭載されているwebOSのユーザインターフェースをデザインした人物です。Palm Preは,日本で販売されていないので,これまた,ご存知ではないかも多いかもしれませんが,宝飾品のようなユーザインターフェースで,その美しさと動きは一見するだけで魅了されるはずです。避難を承知で例えるならば,webOSは「正しい姿のiPhone」と言うことができます。

Matias Duarte氏は,Palm社で仕事をする前は,2000年から2005年の間,Danger社でデザインディレクターとして仕事をしていたことがあります。Danger社と言えば,GoogleでAndroidチームのコンダクターを勤めるAndy Rubin氏らが立ち上げた会社で,Matias Duarte氏が働いていたときはCEOだったようです。

互いに面識があるのかわかりませんが,お互い周り回って,再び,同じ会社,似た同じ役割で働くなんて,運命めいたものを感じてしまいます。別にロマンチックに考えなくても,Matias Duarte氏がGoogle入りをしたのはAndy Rubin氏の手引きがあったのかもしれません(余談ですが,Danger社は2008年にマイクロソフト社に買収されています)⁠

プロダクトは,いつ登場するのか?

webOSの評価を高めたキーマンがAndroidチームに加わったのは,喜ばしいことで期待が高まりますが,ユーザとしては,その成果が何時プロダクトに反映されるのか気になるところです。

webOSのユーザ体験を紹介するビデオ。http://www.palm.com/で観られるので気になる方は一度ご覧あれ。

画像

次期Android OSの「Gingerbread」は,秋ごろのリリースと噂されています。

Google I/Oで公開されたAndroid 2.2のリリースが若干遅れているようなんで,もう少しだけ先になるのかもしれませんが,次期OSでMatias Duarte氏が手掛けたAndroid OSが登場してくる可能も考えられます。このころには,Android Padが多くリリースされると思うので,iOS 4が搭載されたiPadと真っ向勝負になるはずですし,クリスマス商戦に向けて攻勢をかけることが可能になるはずです。

筆者は,Android OSの表示周りAPIがわかりづらく荒削りな印象を受けるので,この辺りの改修とともに新しいユーザインターフェースが提案されれば,比較的スムーズに導入されるのではないかと考えます。ただ,Googleのいつものパターンならば,そんなことはおかまいなしにできたあがったところで,我々の前の登場してくるのかもしれません。 ともあれ,年末に向けて楽しみが増えました。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入