Googleケータイ,世に現る

第51回 Googleマップナビを試す

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

PNDあやうし

年頭のコラムで,Androidへの期待として「Google Map Navigation」を上げました。

コラムでもPNDとGoogle Map Navigationの関係を取り上げましたが,それから時間が経過しているので,再度,PNDとの関係を考えてみます。

助手席でGoogleマップナビを使う様子。HT-03Aは,画面が小さいので,助手席に座る人のヘルプが必要かも。

助手席でGoogleマップナビを使う様子。HT-03Aは,画面が小さいので,助手席に座る人のヘルプが必要かも。

一時は,話題の中心だったPNDですが,現在は,新製品のリリースも話題に上ることは少なくなりました。しかし,二万円を切る価格で購入できるようになっているので,良く言えば,買い易くなり着実に浸透している商品になったと言えます。そんなところへ,弱り目に祟り目とでも言うべきか,Googleマップナビが登場したので,PNDにとっては間違いなく脅威です。

PNDの購買層が簡易ナビ欲しさに,Androidケータイへ流れてくることは考えられませんが,数十万台の規模で市場に存在するAndroidケータイが無償で簡易ナビになることを考えると,余程の理由がない限り,PNDを購入するとは考えられません。また,クルマに据え付けのナビがあるユーザでも,地図の更新が煩わしい為という理由でPNDを使うユーザが居るように,PNDを使うユーザも地図が古くなった時点で,Googleマップナビに乗り換えようと言うユーザが出てくるかもしれません。Googleマップナビは,地図を3G通信で取得するので,更新費用を負担がなくなるだけではなく,最新の地図が使えるメリットもあります。

こう考えると,やはりこれ以上PNDが成長する難しいかもしれません。

また,多機能なPNDになるほど,スマートフォンと重なる部分が多いので,数年のスパンで見れば,スマートフォンに取って変わる可能性も考えられ,PNDが市場で得た地位も失う可能性があります。そう,PDAがそうだったようにです。

使い心地はいかに

前置きが長くなりましたが,Googleマップナビの使い心地をレポートします。

Googleマップナビは,単独のアプリとして存在しているワケではなく,Googleマップの機能の一部として存在しています。

ナビを使うには,あたりまえですが目的地の設定します。

Googleマップを起動して,メニューから[経路]を選択して現在地と目的地を入力します。現在地には,GPSで測位した場所が入っているはずなので,目的地にランドマークなどのキーワードか住所を入力することになります。

Googleマップナビには,専用ナビのように電話番号で検索する機能はありませんが,検索するなどして目的地の住所を探し出し,コピー&ペーストすれば,楽に入力できるので,そう手間な話ではありません。Googleマップナビ向けに,電話番号から住所を検索できるサービスがあれば,面白いのかもと感じたりします。

目的地の入力が終わったら,クルマアイコンをタップして[実行]をタップします。すると,経路が一覧になって表示されます。ここで[ナビを開始]をタップすると,Googleマップナビが起動します。こうして書くと,長々したステップを辿っているように思いますが,使い慣れているGoogleマップの経路検索と何も変わらない操作なので,ナビのために何かの操作を覚えるなどの必要はありません。

ナビ画面は,シンプルですが機能的です。走るルートを斜め上から表示したような画面,ハードアイと言うのがわかりやすいかもしれません。クルマは,画面の下から上に進行し,クルマの進行方向に合わせて地図が回転します。画面上のバンドには,次の曲がり角までの距離や走行中のルートが表示されます。その下には,コンパスが表示されて,方角を直ぐに知ることができます。画面下には,目的地までの到達時間が表示されます。

目的地に向かい走り出し,曲がり角に近づくと「あと○○○メール先,右です」のようにカウントダウン方式で,曲がり角付近では「次,右です」と音声による指示ガイダンスが本体のスピーカーから再生されます。ナビなので,あたりまえと言われれば,それまでなんですが,音声ガイダンスが搭載されていることを期待してなかったので,予想外で驚きました。その音声ガイダンスは,クリアで聞き取りやすく,GPSが測位できていれば,良いタイミングで再生されます。

地図表示の追従性も良好です。ナビを使っている間は,周りの流れに合わせて走行していましたが,一度も地図表示が遅いと感じることはなく,快適に使うことができました。ただし,長めのトンネルで,ケータイの電波が入らなくなると,走行に合わせて地図の更新が行われません。当然,GPSも測位できないので,使えない状況になりますが,トンネル内に三叉路があるワケではなく,ナビのお世話になることはないので,トンネル内で使えなくても問題なしと感じています。

また,地図表示は,ナイトモードも搭載する気の利きようです。これも音声ガイドと同じで期待してなかったので,表示が切り替わったときは,感嘆の声を上げてしまいました。

ナイトモードで地図が表示されている様子。車内を煌々と照らすようなことはない。

ナイトモードで地図が表示されている様子。車内を煌々と照らすようなことはない。

課題は…

難なく使えるので驚いていますが,課題はあります。

まずは,バッテリーです。HT-03Aを使って,90分ほどのルート案内をさせてみたところ,バッテリーの残量100%からナビを開始して,目的に到達したときには54%までに減っていました。この間,ナビ以外の機能は使っていません。

この計算で行けば,180分程は使えることになります。PNDが5時間程度使えることを考えると,頼りない印象ですが,シガーソケットから電源を供給すれば解決できます。

当然ですが,ケータイの電波が入らない場所では使い物になりません。ドコモであれば,余程の場所でない限り電波が入らないところは存在しないので,実用上は問題ならないかもしれません。

二つの課題を上げましたが,それを差し引いてもスマートフォンをナビに変えてくれる素晴らしいアプリです。いまのところ,Androidでしか使えないので,Androidユーザは,iPhoneユーザにホレホレと自慢する良いネタになるのではないでしょうか(笑)⁠

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入