Googleケータイ,世に現る

第53回 Xperia X10 mini proその後

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

筆者が,Xperia X10 mini proを購入してから,3ヵ月が経過しようとしています。

購入した直後は「あばたもえくぼ」ではありませんが,興奮の余り冷静に見ることができなかったり,日々使い込んで行くと見えて来る部分があるので,今回は,3ヵ月程使い込んだ後の感想をお伝えします。

凝縮感が堪らないXperia X10 mini pro。

凝縮感が堪らないXperia X10 mini pro。

やっぱりキーボードがイイ!

Xperia X10 mini proに搭載されているQWERTYキーボードは,5mm×5mm程度の大きさで,キーと言うよりはボタンと表現するほうが正しい大きさです。サイズから受ける印象で,本当に使えるのか?と不安になりますが,あなどることはできません。

たとえば,Twitterにつぶやきを投稿する程度であれば,不満もなくテキストを入力できますし,GTalkなどのチャットでも,会話のテンポを乱すことなくテキストを入力できます。 しかし,不満や要望はあります。

たとえば,カーソルキーは左右キーのみで,上下キーがないのは不満です。カーソル位置から数行上のテキストを編集したい場合,左キーを使ってカーソルを移動するか,タッチパネルを使う必要があるので非常に面倒です。また,元祖Androidケータイの「G1」のキーボードには存在したメニューキーがXperia X10 mini proには存在しません。本体のメニューボタンを押せば済む話ですが,操作のテンポが悪くなるので,専用キーとして欲しいものです。

スライド機構の耐久性は?

文字入力の度に液晶部分をスライドさせて,キーボードを使っていますが,スライドの機構に遊びが増えることなくカッチリと動作しています。ただ,液晶の裏面とキーボードの表面が擦れ合うのか,キーボードのQ列の左側,T列とY列間の2ヵ所に,縦にスジが入っていることが確認できます。とくに,T列とY列の間は酷く,光の加減によっては,縦スジをはっきり確認できる程です。現状は,削れていると表現する程でもなく,実用上は何の問題ありませんが,この程度で収まってくれるのだろうか?このまま使い続けて,問題が発生しないのだろうかと不安になります。

T列とY列の間に,縦スジが入っていることが確認できる。

T列とY列の間に,縦スジが入っていることが確認できる。

自然な操作感のタッチパネル

Xperia X10 mini proの液晶サイズは2.6インチで,最近のスマートフォンの中では小さく,数世代前のガラケー並みのサイズです。このサイズゆえ,ソフトキーボードでテキストを入力すると頻繁に入力ミスをするので,ほとんど使っていません。それ以外の操作は,タッチパネルを使います。操作面が小さいので,時々操作ミスをしますが,操作感は自然でストレスを感じることはありません。

SPモードのアップデート後,Xperia X10を触る機会があったのですが,スライド操作やスクロール操作を行った後に,わずかな溜めがあり,その操作の度に違和感を覚え,使い込むとストレスとして感じるようになりました。Xperia X10は,アップデート以前もタッチパネルの感度の荒さが指摘されていましたが,アップデート後もストレスを感じるという意味では,解決されていない印象です。マシンスペックや液晶サイズが異なるので,Xperia X10 mini proとはチューニングの仕方がが異なるのかもしれませんが,タッチパネルは,重要な入力装置なので,気持ちの良い操作感に拘ってチューニングしてほしいものです。

アプリが増えると使いづらいホームアプリ

画面の四隅に,アプリ起動ボタンを備えたホームアプリは,Xperia X10 mini proの大きさを活かしたユニークなユーザインターフェースで,使い始めた頃は,作りやデザインに関心されましたが,多くのアプリをインストールして使うことを想定してデザインされていないのか,アプリが増えてくるとホームアプリの特徴だった部分が足かせに感じるようになります。

とくに,デスクトップにショートカットを並べることができないのは,不便きわまりないです。また,Android OSの特徴であるウィジェットも,一画面に配置できる数が限られるので,使い方にも制限を受けます。

筆者は,定番のホームアプリ「ADW.Launcher」を使っています。今さらADW.Launcherの説明は必要が無いと思いますが,ドロワーに表示されるアプリの数を4×3に変更してやれば,Xperia X10 mini proの小さな画面でも快適に運用できます。

やっぱり日本語版が欲しい!

重箱の隅をつつくような話ばかりになってしまいましたが,3ヵ月間使ってきた感想をお伝えしました。

Xperia X10 mini proは,小さな不満は残りますが,非常にまとまりが良く使いでのある端末です。日本のキャリアからの発売は聞こえて来ませんが,スマートフォンは普及期に入り,当然のような存在になりつつあるので,Xperia X10 mini proのような選択肢があっても良いのではないかと感じていますが,皆さんはいかがでしょうか?

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入