Proactive rep! ~担当者によるプロジェクト推進~

第4回 正しい進捗を計るコツ

2008年8月15日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

「うつになったことはありますか?」

この質問に対して,大多数の人が経験無いと答えると思います。では次の問はどうでしょう。

「一ヶ月の残業時間が80時間以上の月が2~6ヶ月続いたことはありますか?」

これには多くの人が経験あると答えるでしょう。私は後者の状態が大きなファクターとなってうつをこじらせました。

今でもよく覚えているのですが,掛かりつけの医者に上記のような残業時間の話をしたら,とたんに表情を変え,そういう状況では2人に1人は身体的・精神的な問題が出ることと,すぐに仕事を休みなさいという事を言われました。長い時間の労働は体や心に多大な負担をもたらすということです。

つまりそのような状況では,誰だってうつを発症する可能性があるということです。

これを防ぐには,早く帰るのが一番簡単な問題回避方法と考えています。そして仕事を続けていく上では,健康を保ちつつも,きちんと作業のアウトプットを出す事ももちろん必要です。

そのためには,進捗を計測して正しく作業が進んでいるかをチェックすることが欠かせません。

進捗を計測するとはどういうことか

進捗の計測は簡単です。

全体の作業量に対して,どれだけ進んだかを数値として計ること。

これが進捗の計測です。例えば,「夏休みの宿題のドリル100ページあるけど,まだ20ページしか解いてないよ」という状態では,100ページ分の20ページ完了という進捗になります。たったこれだけです。

ですが,実際には以下のような事が問題となり,なかなか上手くいきません。

  1. 全体の作業量の把握が難しい
  2. 計画工数と実作業工数の乖離
  3. 進捗が上がったとみなす基準

これから,上記の問題を解決するコツを解説していきます。

全体の作業量の把握が難しい

例えば,製品の利用マニュアルを作る作業を請け負ったとした場合,全体の作業量はいくらになるでしょうか。

業量として設定できる要件は,数値として計算できることです。そして全体の作業量を求めるには,あらかじめ計画段階で,適切に作業を分割し分割した作業ごとに工数を割り出す必要があります。

作業を分割する

作業を分割するにはいくつかの方法があります。作業のサイズ,難易度,作業の進め方のカルチャーによっていくつかを組み合わせてつかうことになります。

分割の方法
工程設計
実装
テストなど
階層ビュー
モデル
コントローラなど
部分
節など
工程で分ける

ウォーターフォール型開発でおなじみのやり方です。いくつかの工程に分けて,その工程にそって線形に進めていきます。
前の方にある工程を失敗すると後の工程のインパクトが大きいことで悪名高いやり方ですが,各工程の工数が少ない場合はとても使いやすいやり方です。
バッチ処理が好きな人はこのやり方が得意なのではないでしょうか。

階層で分ける

MVCモデルのように,成果物がいくつかの層で成り立っていると捉えます。
前述のマニュアルの作成では,マニュアルの見た目と,内容と,見た目と内容の紐付けの3つに分けて捉えることができます。
画面系のアプリケーションが好きな人はこのやり方はすぐに飲み込めると思います。

部分で分ける

アプリケーションならばクラス単位,マニュアルならば章や節単位に完成させていくという方法です。
完成した単位はそれだけでリリースに耐えうる品質になるので,確実に作業を進めることができます。
完成した単位はそれだけでリリースに耐えうる品質になるので,確実に作業を進めることができます。その代わり,全体的な整合性に気を付けないと,単位ごとにちぐはぐになってしまうので注意が必要です。
eXtreme Programmingが好きな人はこのやり方に慣れていると思います。

分割した作業ごと工数を割り出す

上記で分けた部分ごとに,時間で工数を求めます。

何故時間かというと,最終的に聞かれるのは「いつ完了する?」という問いだからです。また,労務管理上も原価計算上も時間が重要な要素となり,働き過ぎで倒れたりしたときも勤務時間が大変重要ですので,工数の見積もり以外でも,時間を基準にする習慣を持つことをお勧めします。

さて,作業の分割はどこまでやればいいのでしょうか。

大まか過ぎては大雑把すぎ,細か過ぎては計測自体のオーバーヘッドが無視できなくなりますので,時間単位になるまで分割することをお勧めします。

自分の作業として日はあまりに大きすぎ,かといって分刻みで計画するのはあまりに大変になるため,時間単位を利用するのが落としどころでしょう。

著者プロフィール

こしばとしあき

関西出身自宅料理員兼ソフトウェア開発担当者。金融系業務アプリ開発,レガシー移行,Webサービス開発,画面制御基盤開発など様々な開発現場を経て,最近関東に進出。

アジャイル,ライフハック,プロジェクトファシリテーションに強く関心を持ち,講演も行っている。「ペンポッドで世界へミサイル大会」初代チャンプ。

blog『koeだめ』http://d.hatena.ne.jp/bash0C7/
料理blog『kuiだめ』http://kuidame.4038nullpointer.com/

コメント

コメントの記入

ピックアップ

EC事業者が注目,.shopドメインとドメイン名をとりまく新たな流れ

インターネットの可能性を広げる新たな動きが,ドメイン名をめぐって起こりつつあります。

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーたちが語る,確実な力を付けるための“質問力”

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーの方々に集まっていただき,座談会を開催しました。

Webサイトに“安心”をプラス―知らないでは済まされないSSLサーバ証明書の仕組み

いまやユーザといえでも必須の知識となったWeb通信の暗号化と,その信頼性を確保するための「SSL証明書」のしくみについて紹介します。

リクルートライフスタイルの技術力を追え!

ビジネスを拡大し続けるリクルートライフスタイルの技術力を,編集部の徹底取材により紐解きます。

開発スピードに限界を感じたときの処方箋

「JIRA」をはじめとするアトラシアンのツール群。多くのオープンソースソフトウェアを継続して提供する支えとなっている使い易さを探ってみます。

デジタルコンテンツを日本から世界へ―MyCommerceで始める越境EC

自社開発ソフトウェアを海外も含めてオンラインで販売したいというニーズに即したサービス「MyCommerce」を用いて,誰もが手軽に越境ECを実現するためのノウハウを紹介します。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->