タイム・マネジメントの心得 ~あなたを多忙から開放する10の方法~

第3回 見えない“時間どろぼう”を探す

2008年7月15日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

ホワイトカラー vs. ブルーカラーの時間管理

筆者は製造業・サービス業・ITなどさまざまな組織のマネジメントぶりを見てきました。どの業種でもコスト管理はきびしく行っていますが,ホワイトカラーの時間管理にはかなり問題を感じました。お金の予算がゼロになれば「無い袖は振れない」状態で,使えなくなります。しかし,時間は足りなくなっても無限に補給され消費可能に思われます。こうしてどんどん予定が遅れていく状況がどこでも見られます。

これでも許されているのは,ホワイトカラーとは創造性のある,知的労働に従事する職種だからという暗黙の了解があるためでしょう。フレックスタイムや裁量労働制などがそれを裏付けています。また,ホワイトカラーの仕事の対象が,目に見えにくい『情報』であることも,その一因でしょう。どれくらいの仕事を抱えているのか傍目からわかりにくいため,"その仕事が終わるのはいつか"が読めないのです。

ある意味では,"オフィスのホワイトカラーより,工場のブルーカラーの方が時間管理のレベルが上なのではないか?"と感じることもあります。なぜなら,工場の労働者は毎日,以下の作業を行っているからです。

  • バーコードで仕事の着手・完了を記録する
  • タイムカードで総勤務時間も記録する
  • その日の製造指示は基本的に達成する

この人たちは与えられた指示に対して、「あと何日かかるかわかりません」とか「忙しくてできません」などと言い訳は決していいません。

少なくとも,工場の生産管理には,何か学べる知恵があるはずです。

ある生産管理部長の話

ここで,ある生産管理部長の話をご紹介しましょう。多品種少量生産のメーカーの事例です。この方が着任された時には,工場には1ヶ月分の受注が溜まっていたそうです。しかも,ほぼ全品が納期遅れの状態でした。

そのバックログを,この部長は着任2ヶ月後に,すべて解消してしまいました。製造現場の人員は一切増やさずに,です。都合3ヶ月分の仕事を2ヶ月間で片付けたのですから,50%の生産性アップです! その秘密は何でしょうか?

この部長さんは,まず山積みになった受注オーダーを納期順に並べて,製造着手の優先順を決めました。ここまではたいていの工場でやっていることです。それから,向こう1週間分の製造予定を日単位に固定しました。一日の予定生産台数は,従来の実績からみて可能なはずの数量から決めます。

その上で,製造部門には,その日1日分の製造指図は残業してでも必ず終えさるようにしせました(どうしても製造できなかった場合は,休日出で週間予定を守ってもらったそうです)。そのかわり,営業部からの急な割込みも,客先のクレーム電話も,その部長が防波堤になって防ぎ,週間製造予定は変えさせませんでした。資材業者にも週間予定を示して,必ず納期をまもらせました。製造予定が決まっていますから,資材手配の急な追加・変更もしません。

するとどうでしょう。これまで工場内に溜まっていた中途半端な仕掛り品は,みるみる減少していきました。部品・材料は格段に探しやすくなりました。そして,2ヶ月後には納期遅れが一切ない状態まで改善されたのです。

ある生産管理部長のケース

著者プロフィール

佐藤知一(さとうともいち)

プロジェクト・アナリスト。エンジニアリング会社に勤務し,国内外の製造業向けの工場設計および生産システムづくりに従事するかたわら,執筆・講演活動などを行っている。専門はプロジェクトマネジメント・スケジューリング・生産計画・リスク分析など。海外におけるプロジェクト事情にも詳しい。

URLhttp://www2.odn.ne.jp/scheduling/

コメント

コメントの記入

ピックアップ

EC事業者が注目,.shopドメインとドメイン名をとりまく新たな流れ

インターネットの可能性を広げる新たな動きが,ドメイン名をめぐって起こりつつあります。

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーたちが語る,確実な力を付けるための“質問力”

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーの方々に集まっていただき,座談会を開催しました。

Webサイトに“安心”をプラス―知らないでは済まされないSSLサーバ証明書の仕組み

いまやユーザといえでも必須の知識となったWeb通信の暗号化と,その信頼性を確保するための「SSL証明書」のしくみについて紹介します。

リクルートライフスタイルの技術力を追え!

ビジネスを拡大し続けるリクルートライフスタイルの技術力を,編集部の徹底取材により紐解きます。

開発スピードに限界を感じたときの処方箋

「JIRA」をはじめとするアトラシアンのツール群。多くのオープンソースソフトウェアを継続して提供する支えとなっている使い易さを探ってみます。

デジタルコンテンツを日本から世界へ―MyCommerceで始める越境EC

自社開発ソフトウェアを海外も含めてオンラインで販売したいというニーズに即したサービス「MyCommerce」を用いて,誰もが手軽に越境ECを実現するためのノウハウを紹介します。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->