タイム・マネジメントの心得 ~あなたを多忙から開放する10の方法~

第6回 超入門,タイム・マネジメント理論

2008年10月15日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

タイム・マネジメントの基礎概念・その1 着完日時

これまで5回にわたり,時間管理術の初歩について「手帳とカレンダーを活かす」「見えない"時間どろぼう"を探す」「To Doリストをつかう」などのテーマで勉強してきました。そこで,この先に進むにあたり,少しタイム・マネジメント理論で用いる基礎的な用語と概念について理解しておきましょう。

タイム・マネジメントで一番大事な概念は,「締切日」(Due Date)あるいは「納期」(Delivery Date)です。これは,仕事が完了すべき期日で,計画上の概念です。「納期」は期日ではなく期間の長さを指して言うこともあります。これに対して,実際に仕事が完了した日のことを「実績完了日」,それまでに要した期間を「実績期間」(ないし「納期実績」)とよびます。

タイム・マネジメントでは,このように,つねに『計画』『実績』を対比して区別します。この二つを合わせて『予実』といいます。

つぎは「着手日」です。「完了日」とセットにして,『着完』とよぶこともあります。着手日にも,予定上と実績の2種類があります。着手予定日は10月1日だったが,実際に開始したのは10月4日だった,という具合です。

繰り返しになりますが,完了予定日とは,すなわち締切日のことです。たまに,完了予定日と締切日を別に考えている人がおりますが,おそらく「予定」「前倒しの目標」を混同しているのでしょう。某有名プロジェクト管理ソフトも,別々に日付を設定できたりしますが,開発元の会社では,予定より遅れるのが常態化しているのかもしれないせんね。

まあ冗談はさておき,着手と完了の予定日には,計画理論上,それぞれ必ず二種類の日付が存在します。

(1)最早着手日(Earliest Possible Start Time=EPST, 略してES)
(2)最早完了日(Earliest Possible Finish Time=EPFT, 略してEF)
(3)最遅着手日(Latest Possible Start Time=LPST, 略してLS)
(4)最遅完了日(Latest Possible Finish Time=LPFT, 略してLF)

上記の4概念は重要なので,必ず覚えておいてください。例えば,今週中に仕上げなければ行けない報告書があるとしましょう。実質必要な作業期間は3日で,今は月曜日の朝です。すると,

(1)最早着手日は,今日から始められるので,ES=月曜日
(2)最早完了日は,今から始めれば水曜日に終わるから,EF=水曜日
(3)最遅着手日は,金曜日から逆算すると水曜に始めればまにあうから,LS=水曜日
(4)最遅完了日は,その場合,とうぜん金曜日になる。LF=金曜日

4種類の着手/完了日

4種類の着手/完了日

著者プロフィール

佐藤知一(さとうともいち)

プロジェクト・アナリスト。エンジニアリング会社に勤務し,国内外の製造業向けの工場設計および生産システムづくりに従事するかたわら,執筆・講演活動などを行っている。専門はプロジェクトマネジメント・スケジューリング・生産計画・リスク分析など。海外におけるプロジェクト事情にも詳しい。

URLhttp://www2.odn.ne.jp/scheduling/

コメント

コメントの記入

ピックアップ

EC事業者が注目,.shopドメインとドメイン名をとりまく新たな流れ

インターネットの可能性を広げる新たな動きが,ドメイン名をめぐって起こりつつあります。

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーたちが語る,確実な力を付けるための“質問力”

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーの方々に集まっていただき,座談会を開催しました。

Webサイトに“安心”をプラス―知らないでは済まされないSSLサーバ証明書の仕組み

いまやユーザといえでも必須の知識となったWeb通信の暗号化と,その信頼性を確保するための「SSL証明書」のしくみについて紹介します。

リクルートライフスタイルの技術力を追え!

ビジネスを拡大し続けるリクルートライフスタイルの技術力を,編集部の徹底取材により紐解きます。

開発スピードに限界を感じたときの処方箋

「JIRA」をはじめとするアトラシアンのツール群。多くのオープンソースソフトウェアを継続して提供する支えとなっている使い易さを探ってみます。

デジタルコンテンツを日本から世界へ―MyCommerceで始める越境EC

自社開発ソフトウェアを海外も含めてオンラインで販売したいというニーズに即したサービス「MyCommerce」を用いて,誰もが手軽に越境ECを実現するためのノウハウを紹介します。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->