Drastic? Dramatic? Tumblr!!

第1回 著者が感じるTumblrの魅力

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

著者が感じるTumblrの魅力/ふじかわまゆこ

こんにちは!これからこの連載を担当しますふじかわと申します。gihyo.jpでは,昨年4月より12月までTwitter使いへの道 AtoZを書かせていただいていましたが,こちらの連載もどうぞよろしくお願いします。

Tumblrでは,ここmayunezu petit space にいます。

Twitterと並んで「ミニブログ」と表現されることも多いTumblr。しかしこの2つのWebサービスの楽しみ方はまったく異なると言って良いでしょう。Twitter同様やること自体は非常にシンプルですが,できることは奥深いものがあります。この連載では,アークウェブの中野さんと一緒に,Tumblrの基本操作はもちろん,より深い楽しみ方もご紹介していけたらと思っています。

これまでいろいろとTumblrについての考察をブログに書かれていて(詳細後述),私から見て「Tumblrマニア」と呼ぶにふさわしい中野さんの視点を交えることで,Tumblrが初めてという方にも,Tumblrにすでにどっぷりハマっている方にも,Tumblrの魅力が伝わればと思います。

今回は最初ということで,用語解説も含めながら「私にとってのTumblr」をご紹介してみます。

Tumblrとの出会い

Tumblrは,Twitterが日本でブームになった少し後,2007年の4月~5月にかけて日本人の間に知られたサービスでした。当時Twitterが(一部では)爆発的なブームだったこともあり,2007年3月にTumblrがスタートした際は日本人ユーザはあまり多くはなかったのではないでしょうか。

Tumblrトップページ。
ユーザーのページの中でスタッフおすすめのものが表示されている

Tumblrトップページ。ユーザーのページの中でスタッフおすすめのものが表示されている

私自身は4月下旬あたりにTwitterを通じてTumblrの存在を知ってアカウントを取ったのですが,そのまま使わずにいました。トップページを見ると,書かれていることはシンプルなのですが,そのときは何をしていいのかよくわからなかったのです。ログインをしてみても,最初に何をすればいいのか戸惑ってしまう感じでした。しばらくしてからいろいろな人がTumblrにハマっていくのを見て,彼らの真似をしてやってみたら,Tumblrのおもしろさに気づいて一瞬で夢中になり,今に至ります。

私が気づいた「Tumblrのおもしろさ」

まず1つには「シンプルだからこそ,楽しみ方を自分で開発できる」ということがあります。Tumblrは,通常のブログのように自分で文章を書いたり画像を載せたりすることもできますが,その最大の特徴はネット上で見つけた文章や画像や動画を手軽に「Tumblelog」として記録できることにあります。「何をテーマに集めるか」だけでもそのTumblelogには特徴が生まれます。自分が気になるサイトの情報を集めたりすれば,自分用のメモとしても使えます。もちろん,自分が見たものを携帯で写真にとって送ったり…といった使い方もできます。

Tumblrには「Follow」機能があり,管理画面(Tumblrではこれを「Dashboard」と呼びます)から他の人のTumblelogを見ることができるので,人それぞれのTumblrの楽しみ方を見るのも面白いです。ずっと見ていると,知らない人なのになんだか精神的に近づいたような気持ちになることもあります。

Tumblrの管理画面「dashboard」。
FollowerがTumblelogに記録したものがリストアップされる

Tumblrの管理画面「dashboard」。FollowerがTumblelogに記録したものがリストアップされる

もう1つは,「言葉のないコミュニケーション」。これが私にとって予想外のおもしろさがありました。誰かがなにかをTumblelogに記録して,それを誰かが見て反応すること自体がコミュニケーションになっているのです。これを実現してくれるのが「ReBlog」(誰かがTumblelogに記録したものを,自分のTumblelogに記録する)という機能です。

たとえば,Aさんがネット上で誰かが書いた文章をQuote(引用)してTumblelogに記録するとします。その引用個所は,Aさんの興味のあることだったり,共感していることだったりします。

それに対して「ReBlog」することで,その人の行動に対する反応ができます。単に自分のTumblogに記録しているだけ※1なのですが,その行動自体が「そうそう!私もそう思う!」という意思表示と解釈できるので,コミュニケーションが成立している感じがするのです。

※1)
Tumblrでは,自分がTumblelogに記録したものはすべて公開されます。アカウントを取得すると,その時点で自分専用のURLができますので,正確には「記録」だけではなく「公開」もしていることになります。

私のTumblrの楽しみ方

私がTumblrにはまったのは,Twitterで見た発言がきっかけでした。「自分のTumblr(のページ)を見ていると,好きなものばかりが集まっていてにやけちゃう」という発言を見て,私も好きなものを集めようと思い,Tumblrを楽しむきっかけをつかみました。それ以来,私はずっと好きなものを追いかけてはTumblelogに記録しているように思います。

しばらく自分の思いに任せてやっていると,自分が気になるものに特定の傾向があることがわかってきます。あとで自分のページを見てみると,自分の好きなものをまとめた1つの記録ができあがっているのがおもしろくて,私も時々自分のページを見てにやける日々です。

また,Followする人を増やしていくと,いろいろな人のTumblelogがDashboardに表示されます。自分が興味のないものも目に入ることになるのですが,その中に,自分が今まで「興味がない」とも判断したことのないような,新しい何かを発見できることもよくあるのです。自分が知らなかった自分を発見するのにも,Tumblrはとても役立っていると思います。普段はどうしても自分の興味のあるものばかりに目が行きがちですが,視野を広げるきっかけにもなっているように思います。

次回以降,Tumblrの操作も解説していけたらと思っています。最初の私のように何をしたらいいのか戸惑うことなく,みなさんにTumblrを楽しんでいただけるような内容にできればと思っています。これからどうぞよろしくお願いします。

著者プロフィール

ふじかわまゆこ

2000年よりフリーランスでWebデザイン,(X)HTML/CSSマークアップ,Webディレクションなど,Web制作全般の業務に携わる。2007年4月よりWeb制作ユニット「#fc0(エフシーゼロ)」を結成し、主に中/小規模のサイトの企画から制作までを請け負う。1990年よりネット上でのコミュニケーションを通じた人との出会いに関心を持ち,探究しつづけている。WebSig24/7モデレーター。

Twitterhttp://twitter.com/fuuri/

Tumblrhttp://mayunezu.tumblr.com/


中野宗(なかのはじめ)

株式会社アークウェブ取締役副社長/CMO(最高マーケティング責任者)。Webプロデューサー。

オープンソースのECサイト構築ソフトウェアの日本語化プロジェクト「Zen-Cart.JP」の立ち上げ,Web制作者コミュニティ「WebSig24/7」モデレーター,Web屋の“楽しい”社会貢献を志す「WebSigエコ&ピース」代表。最近では自社のTwitterのマッシュアップサービス「ecoったー」「necoったー」や,社会貢献型サービス「Miqqle」の企画など。

個人ブログ:du pope : NAKANO Hajime’s Blog

コメント

  • Re:

    記録ではなく、転載と書くのが正しいかと思います。姑息な印象操作のように見えますが、如何な物でしょうか?やってる事はwinnyと大差無いですが、ライトな著作権違反者(犯罪者でもいいかも)に受けているようですね。今後の展開を期待します。

    Commented : #1  通りすがり (2008/01/29, 00:03)

コメントの記入