先取り! Twitter使いへの道 AtoZ

第2回 Twitterこんなときどうする?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

本連載のアップデートとなるタイムラインへ飛び込め!イマドキのTwitter新生活が公開されています! あわせてご覧ください。

こんにちは! 皆さん,Twitterを楽しんでいますか?

「とても楽しい!」という声もたくさん聞きますが,その一方で何が楽しいのかよくわからない……という方もいらっしゃるようです。そこで今回は,Twitterを始めたあとよく出てくる要望や疑問にお答えしていきたいと思います。

ずっとブラウザとにらめっこしているのは辛い!

Twitterでは,自分と友達の発言がWebページ上に表示されて一定時間で自動更新されますが,友達がいつ発言するかはわかりません。そんな状況で発言を待っていては,他のことが何もできなくなってしまいます。そんなときにオススメなのが,IM(Instant Messenger)※1との連携です。

図1 IMと連携すると,友達とゆるいチャットをしているような感覚でTwitterを楽しめる

図1 IMと連携すると,友達とゆるいチャットをしているような感覚でTwitterを楽しめる

連携させると,友達が発言をしたときにリアルタイムで自分のところに通知がくるので,ずっとブラウザを見て待っている必要がなくなります。今回は,日本人のTwitterユーザの間で最もよく使われているGoogle Talkとの連携について解説します。

※1
簡単なメッセージをやりとりできるツール(ソフトウェア)のこと。同じIMツールを持っている人同士がリアルタイムで会話をしたり,ファイルのやりとりをしたりすることができます。
  1. Google Talkをダウンロード(初めての方のみ)

    図2 Google Talkのページ。利用するにはGmailアカウントが必要。登録フォームはこちら

    図2 Google Talkのページ。利用するにはGmailアカウントが必要。登録フォームは<a hre

    Google Talkが初めてという方は,Google Talkのサイト(http://www.google.com/talk/intl/ja/)からダウンロードして,インストールしましょう。無料で使うことができ,WindowsXPと2000に対応しています。Macユーザの方はiChatを使って設定が可能です。

  2. Twitterの設定

    図3

    図3

    Twitterの自分のホームページの右側にある「Activate your IM!」というリンクをクリックして設定画面に進みます。下のほうにある「Instant Messenger」の部分に自分のアカウントを入れ,右のプルダウンメニューで「GTalk」を選択し,「Save」ボタンを押します。設定が成功すると,図4のような画面が表示されます。この状態でブラウザを開いたままにしておきます。

    図4 表示された緑色の文字列をあとの設定で使用する。出る文字は人によって異なる

    図4 表示された緑色の文字列をあとの設定で使用する。出る文字は人によって異なる

  3. Google Talkの設定

    まずは,Google Talkのサーバに接続してチャット可能な状態にします。Windowsの場合はアカウントを入れるだけで接続ができますが,MacではiChatの設定が必要です。iChatの設定はこちらのblog記事で詳しく解説されているので,参考にしてください。

  4. 「Twitterさん」をチャットメンバーに登録

    図5 Google Talkで「追加」ボタンを押したあとの画面。アドレスを入れて「次へ」「完了」の順に押してメンバーに登録完了

    図5 Google Talkで「追加」ボタンを押したあとの画面。アドレスを入れて「次へ」→「完了」の順に押してメンバーに登録完了

    Twitter用のアカウントをGoogle Talk(またはiChat)に登録します。Google Talkの「追加」ボタン(iChatは「+」ボタン)を押して,twitter@twitter.comというアドレスを入力すると,すぐにこのアカウントがオンライン状態(左に緑の丸いアイコンが付いた状態)になります。

  5. 緑色の文字列を入力

    図6 緑色の文字の内容をそのまま発言すると,「うまく動きました!今あなたは何をしていますか?このデバイス(この場合はGoogle Talk)への通知を止めるには,いつでも OFF を送ってください。」という返事が返ってくる

    図6 緑色の文字の内容をそのまま発言すると,「うまく動きました!今あなたは何をしていますか?このデバイス(この場合はGoogle Talk)への通知を止めるには,いつでも OFF を送ってください。」という返事が返ってくる

    1.の設定画面で出てきた緑色の英数字をGoogle Talkで入力(発言)し,Twitterから図6のような英語のメッセージが返ってくれば設定成功です。自分の友達のTwitterでの発言が「Twitterさん」によるチャットの発言としてリアルタイムで通知されるようになり,自分の発言もGoogle Talkを通じてできるようになります※2

※2
上記のように設定をしてもTwitterからの英語のメッセージが返らず,うまく発言や受信ができないことがあります。そういうときは,一度Twitterの設定画面で「Delete and start over?」ボタンを押して設定を削除して,設定をもう一度やり直してみると,うまくいくことがあります。

コメント

コメントの記入