先取り! Twitter使いへの道 AtoZ

第6回 アンケート結果発表! 人気ツールの評価ポイント&開発者インタビュー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

人気ツールの評価ポイント ~Twit編~

今回,PC用ツールとしては最も多い得票数を獲得したTwit。その魅力について,皆さんのコメントを一部ご紹介します。

  • ログが見やすい。あと何気にショートカットが便利。
  • 選択した発言者とそれに対して@で送信している発言者が色を変えて表示される機能が便利。
  • UIがシンプルで気に入っている。
  • twitにあい,もう他を探す必要がなくなりました(個人的要件をすべて満たしているので)⁠

開発者の方が実際にTwitterを使っていて「こうなったら便利」⁠こうしたら見やすい」と思ったことを取り入れていて,実体験が活かされているところが,他のTwitterユーザーにも評価を得たと言えると思います。そんなTwitの画面や機能について,少しご紹介します。

【ログ表示画面】

タブで通常の発言とダイレクトメッセージを切り替えることができます。通常の発言画面では,新着の発言,自分への返事,自分自身の発言にそれぞれアイコンが付きます。また,誰かの発言を選択すると,過去のその人の発言とその返信に背景色がつき,見やすくなっています。Twitterは,チャットとは違って会話の流れがはっきりせず,いろいろな内容が混在してしまうので,発言が見やすいことは重要なポイントです。

画像

【ショートカット】

Ctrl+T で,選択した発言者に対して「@」をつけた形での発言(返事)ができます。Ctrl+Dで選択した発言に対してダイレクトメッセージの送信ができます。それ以外にも各機能にショートカットが設定されているので便利です。

画像

【新着お知らせ機能】

Twitが一定の頻度(自分で設定できます)で更新を行い,新着の発言やダイレクトメッセージがあると,Windowsのバルーン表示で知らせてくれます(表示しない設定にもできます)⁠

また,最近のバージョンでは更新されたときにサウンドを再生することができます(詳細後述)⁠メッセージが届いたときや,自分に返事が届いたときなど,状況に応じてサウンドが変化します。

画像

開発者インタビュー ~Twit編~

Twit開発者 CHEEBOWさん

画像

エムロジック株式会社 取締役。プログラム開発の業務に携わる傍ら,書籍や雑誌の執筆をされるなど,幅広い活動をされています。Blog:ヒビノアワ

Q1:Twitを開発したいと思ったきっかけは?
自宅で使っているのはiBookなのですが,Mac OS X用にはTwitterrificというすばらしいクライアントがあり,それを使ってTwitterを楽しんでいました。しかし,Windows用の良いクライアントが当時はなく,自分で開発することにしました。
Q2:CHEEBOWさん自身は,Twitを使ってTwitterをどのように楽しんでいますか?
立ち上げておいて,ふと思いついた言葉を呟いたりしています。「つぶやき職人」の言葉を読むのも楽しみです。昼に食べたものを呟いておくと,妻の人がそれを見て夕飯のメニューを考えてくれるというのも,便利です。
Q3:Twitを開発してよかった!と思うエピソードがありましたら教えてください。
開発中に「Twitバージョンアップ作業中」と呟くと応援メッセージが届いたり,公開後にありがとうメッセージがどどーっと届くとき,とっても幸せな気分になります。
Q4:Twitの機能の中で,開発者の立場からユーザにお勧めできるものを1つ教えてください。
設定の「動作」タブにサウンド設定があります。ここにチェックを入れると,Twitがしゃべります。この音声ファイルにはさまざまなバージョンがあり,僕のブログからダウンロードできます。友人の歌姫「葉月ゆら」さんに録音してもらいました。楽しい機能だと思います。それと,アイコンがすごくかわいいので,ぜひデスクトップにおいてみてください。

結局,「いいツール」ってなんだろう?

今回のアンケート結果の中で人気の高いツールに共通していたのは「導入や操作が簡単・シンプルである」ということではないかと思います。Twitter自体,単純に入力フォームに言葉を入れるだけという操作で発言できてしまうのですが,それをもっと手軽に,もっと簡単にすることが求められたのだと思います。

「とにかく投稿の手間を減らすこと! これが長続きのコツだと思います」というコメントをくださった方がいたのですが,まさにその通りで,たとえば今聴いている音楽や見ているページを自動投稿してくれる機能は,Twitterをさらに便利にしてくれたと言えるでしょう。

また,今回取り上げた2つのツールに共通する特徴として「開発者とユーザの距離が近い」ということがあります。今回,開発者インタビューにご協力いただきましたが,お2人ともユーザの声について取り上げていました。Twitterでのつぶやきが,便利な機能の開発につながったり,開発者のモチベーションにつながっていくのだと思います。そういったユーザの声を的確に拾って,すばやく対応したツールが,結果として皆さんに利用されているのではないでしょうか。

アンケート期間中にも次々とツールが登場したり,既存ツールもどんどんバージョンアップしていくのを見る限り,開発者にとってもTwitterの魅力は大きいのでしょう。今後も,Twitter関連のツールやサービスの動向には注目していきたいと思っています。

アンケートにご協力いただいた皆さん,ありがとうございました!

コメント

コメントの記入