先取り! Twitter使いへの道 AtoZ

第7回 企業のTwitterへの取り組み ~担当者インタビューから見えてくるTwitterの魅力

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

本連載のアップデートとなるタイムラインへ飛び込め!イマドキのTwitter新生活が公開されています! あわせてご覧ください。

みなさん,こんにちは。今回はTwitterを使っている企業にフォーカスを当ててみました。Twitterユーザーという立場で実際にTwitterに関わられている方にお話をお伺いして,普段とは違った視点からTwitterの魅力を探ってみたいと思います。

とにかく「熱い思いを伝える場所」を増やしたかった
― マツダ:ロータリーエンジン40周年企画

マツダロータリーエンジンロータリーエンジン40周年記念公式サイト。
ロータリーエンジンについてのさまざまな情報がまとめられている

マツダロータリーエンジンロータリーエンジン40周年記念公式サイト

マツダという大企業が,まだブームになって間もないTwitterを使ってプロモーションをしたことは,私たちTwitterユーザーの間でも大きな話題になりました。「どうしてTwitterを使ったのだろう?」「よく動いたよなあ」という感想があちこちで聞かれました。今回はそんなみなさんの疑問に答えていただこうと,企画担当者の相川さんを直撃しました。

「マツダ」プロフィール

マツダロータリーエンジン40周年のWeb企画の一環としてブログパーツを制作。ブログパーツ上でユーザーからのコメントを募集しており,そのコメントの配信にTwitterを利用している。ロータリーエンジン40周年当日の2007年5月30日にTwitterによる情報配信をスタート。現在も配信を続けている。

<企画担当者プロフィール>

相川知輝さん
都内のインタラクティブエージエンシー勤務するブロガー。Webサイトの戦略立案,企画立案,制作プロデュースを中心に活動されています。

ふじかわ:どうしてTwitterで配信しようと思ったのですか?

マツダロータリーエンジン
ロータリーエンジン40周年記念ブログパーツ。
寄せられたコメントが下部に表示される

マツダロータリーエンジンロータリーエンジン40周年記念ブログパーツ

相川さん:きっかけは雑談からでした。企画の一環として作ったブログパーツへの反響に本当に驚いていて,何もプロモーションしなかったのに多くのサイトにはっていただいて,コメントも本当にたくさんの数が入って,このままにしておくのはもったいないという話をしていたんです。どうにかしてこのコメントをもっと多くの人に見てもらえないだろうかと考えていたときに,当時自分がTwitterにはまっていることを話したら,「じゃあそれでやっちゃいましょうか」というノリで決まってしまいました(笑)。

ふじかわ:「エンジン」というマニアックなテーマなのであまりコメントが集まらないから,Twitterを使って増やそうとした……というわけではなかったんですね。

相川さん:Twitterをはじめた時点で,すでにコメントが300とか400とか集まっていたんですよね。「集まらないからやる」という考えは我々には本当になくて。集まったコメントが熱いものばかりで,知らない人が読んでも何かを感じてもらえるような気がしていたので,いろいろな人に広げたいという思いがあったんです。

ふじかわ:そこでは,Twitterをどのように説明したのですか?

相川さん:「自分が何をやっているか」というステータスを配信するサービスで,一部で非常に盛り上がっていると説明しました。そのあと,その場でアカウントを作って,実際に「こんな感じ」というのを画面で見せました。

最初の時点では,マツダさんの担当者にTwitter自体のおもしろさを深く分かって頂けたわけではなかったと思います。でも,簡単にできるんだったら,とりあえずやってみましょうかという話になったんです。今は担当者の方もTwitterを気に入って使って頂いているのですけどね。

ふじかわ:Twitter以外の選択肢は考えたりしていたのですか?

相川さん:マツダさんのサイトの一部のコンテンツはBlogツールを使って更新しているんですが,それをカスタマイズして使うという話も出ていました。ただ,それをやるにはデザインや設定をしなければならず,時間がかかるというのがネックになっていました。Twitterだったらデフォルトのまま使っても許される雰囲気があったんですよね。

ふじかわ:Twitterでの配信を始めるにあたって,気をつけたことなどはありましたか?

相川さん:はじめた時点で私たちが分かっていたのは,「これはTwitterの本来の使い方ではない」ということでした。だって「What's are you doing?」ではないし(笑)。ただ,ツールってユーザーに新たな使い方を開拓してもらえるのも,ツールとして幸せだと思うので,そこにいるユーザーに不快に思われない程度に行うのはありかなと,考えていました。発言は1日5件に絞っているのですが,それもユーザーに不快に思われないような配慮からです。また,5件一度に流すのではなく,最低1時間はあけてコメントを上げるようにしているのも同様の理由からです。ただ基本的には手作業でアップをしているので,担当者が忙しい時は,更新が若干滞ってるみたいですが(苦笑)。

ふじかわ:コメントを見ていると,本当に熱いものが多いですね。いい製品なのだということが伝わってきます。

相川さん:私たちも本当にそう思っています。実はブログパーツへのコメントについては当初は迷いもありました。製品を作っている側が「自分の製品をお祝いするコメントをください」と呼びかけるようなコミュニケーションをしていいのだろうか?というところで,ためらいがあったのですよね。でも,40周年という機会だからこそ,ユーザーからのそういった声を聞いてもいいのではないかとも思っていたんです。

「これを使ったことで自分の生活が変わりました!」といった喜びのコメントを直接メーカーに言う機会って限られている気がするんですよね。どこに伝えたらいいかわからないし。だから,40周年というお祝いムードのときならばそういうことも許されるかなあというのが,ブログパーツの考え方だったんですよね。

ふじかわ:それをTwitterに出したことで,結果的に製品自体のプロモーションにもなった気がするんですね。その商品を好きな人が「好きだ!」ということほど,効果的なプロモーションはないと思うんです。

相川さん:そうですね。商品のすごさはスペックだけでは語れないと僕は思っています。たとえば「これがおいしい」ということを伝えるときに,原材料の良さだけを語ってもなかなか伝わらないと思うんです。もう少しやわらかい,きちんとしていない情報のほうが伝わるものがあるような気がしています。

ふじかわ:ある意味,巧妙に仕掛けられたクチコミともいえますね。Twitterをクチコミのプロモーションツールとしてうまく使ったら,効果的なんじゃないか,ということを見せてくれた例とも言えるかな?

相川さん:ただ,残念ながらTwitterのユーザー数が少ないので広範なプロモーションには使えないかなというのはありますね。あれをやったら車が売れるという状況ではないのですし(笑)。でもロータリーエンジンを知る人がこれだけ増えて,現在も増え続けていることは,企画として成功だったと思っています。今の時点でそれ以上のことを求めるのは,ちょっと過剰評価かなと思うんですよね。……まあとにかく,ユーザーにうざがられなかったことはよかったなと思いますね(笑)。

ロータリーエンジンに対するユーザーの声をもっと広く伝えたいという思いと,担当者自身がTwitterを楽しんでいたからこそできた提案が,Twitterでのプロモーションを可能にしたと言えると思います。Twitterという発展途上のサービスを使うという大企業のチャレンジは,結局ロータリーエンジンを愛するユーザーの熱い思いが生み出した結果だったのですね。

コメント

コメントの記入