VOCALOID(初音ミク,鏡音リン・レン)の上手な歌わせ方教えます!

第6回 ミキシングの手順

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

こんにちは,OSTER projectです。今回は,ミキシングのお話になります。

ミキシングとは簡単に言えば,パートごとに作ったオーディオデータを混ぜて一つの曲として仕上げる作業のことです。しかしただ混ぜるだけではなく,エフェクト処理や音量バランス,定位等もこの段階で調整するため,ミキシングは聞こえ方を大きく左右する重要な工程です。VOCALOIDの調整がどんなに上手くいっていても,この段階で台無しになってしまうこともよくあるので注意してください。

ミキシング基礎知識

ミキシングの工程で調整する要素は以下の通りです。

  • エフェクト処理…音圧を上げて音に迫力を持たせたり,残響音を付加してオケに馴染みやすくしたりする
  • 音量………………パートごとの音量のバランスの調整
  • 定位(パン)……音がスピーカーのどちら側から聞こえるかの調整

私はSONARというソフトを使ってミキシング作業をしていますが,フリーでもミキシング用のソフトがダウンロード出来るようです。検索サイトなどで検索してみてください。

実際にやってみた

それでは実際にミキシングの流れを見ていきます。今回は例としてあらかじめミックスしておいたオケのデータに,メインボーカルとコーラス(3パート)をSONARでミックスしてみます。

以下が各データになります。

メインボーカル1.mp3

コーラス12.mp3

コーラス23.mp3

コーラス34.mp3

オケ5.mp3

シンガー:鏡音リン

RING×RING×RINGより

これが実際にミキシングしている段階の画面です。

ミキシング画面

トラックは上からメインボーカル,コーラス1,コーラス2,コーラス3,オケのオーディオデータとなっています。

著者プロフィール

OSTER project

音楽好きなただの大学生。ネットを中心にDTMで制作した楽曲を公開。リスナーに楽しんで貰える遊び心いっぱいの楽曲作りを心がけている。

VOCALOIDと可愛いものと辛いものが大好き。

URLhttp://fuwafuwacinnamon.sakura.ne.jp/