禅で学ぶ「エンジニア」人生の歩き方

第3回 自らを省みる

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

今回は「自らを見直し,ただす」ための禅語を3つ選びました。

ただ,「自らを見直し,ただす」という言葉には微妙に諸刃な側面があるので,先に注意といいますか,私なりの見地を書きたいと思います。

時々「自らを見直す」という言葉で自分を責めてしまう方がいらっしゃるのですが,それは違うのではないか,と私は考えています。

「罪を憎んで人を憎まず」という言葉は少々使い古された感もあろうかと思いますが,ミスを,失敗を認識することと,人を否定することは根本的に異なるものであると思います。

お釈迦様だってお経を読み間違え,弘法様だって筆を誤るのです。猿だって木から落ちるわけですし,河童だって溺れるものなんです……って並べると豚が欲しいところですねぇ(笑

おいといて。
つまり。誰だって失敗もミスも過ちもあるのです。

過ちは,過つから悪いのではなくて「過ちて改めざる,之を過ちと謂う」のです。

なら,改めちゃえば過ちではなくなりますよね? それを人は「経験」とか「学習」とかいう風に呼称します。

ならばこそ。少しだけ勇気を持って自らを自らの行いを見直し,必要に応じてただすのは,とても有益なことなのではないでしょうか?

だからこそ。思い悩むほど思い詰めず,もっと肩の力を抜いて。前回やった「ゆとり」を思い出しながら,気楽に内省してみるのも「また楽しからずや」なのではないか,と思います。

ですので。まるで苦行であったり拷問道具であったりするのではなく,人生をより楽しむための一提案としての内省,というイメージを持っていただければ,と思います。

もう一つ。

正直に書きますと……3つの禅語のおおよその意味合いの根幹部分は,非常に似通った部分があります。つまり,3つの禅語を前回同様,新人,中級,上級に振り分けましたが……この順番でなくてもほぼ同じことが書けます。

ただ,ですからこそなおさら。

この3つの禅語から見える「自らを省みる」という事柄を今ひとたび。 気軽に,ゆる~く,考えていただければ幸いです。

禅語「回光返照」

ランク:新人 カテゴリ:スキルアップ

元々は,夕日の照り返しを意味する言葉です。太陽が西に沈みゆく,黄昏時にさしかかる少し前の照り返しの輝き。きれいですよね。

そんな美しい光景を,禅語ではどのように捉えているのでしょうか?

例えば。
何かトラブルがあった時……そうですねぇプログラムがバグったとしましょう。もう少しおっかないところで「システムが落ちた」という状況も……決して「稀」とは言い難い現場もあろうかと思います。

そんなとき。つい「開発環境のバグ」とか「言語のバグ」とか,或いは「一緒に作ったほかの人のバグ」を,まず念頭に置いていないでしょうか?

例えば。
先輩に設計を頼まれた,調査を頼まれた,自分の作業で不明点があった。

そんな時に。「答えを知っている人に聞いたほうが早い」と,つい考えてしまうことはないでしょうか?

例えば。
何か人生に行き詰まっている時に,悩んでいる時に。

誰かの講演にいって心を落ち着かせ,生き方を書いたベストセラーを読んで安心し,古人の「言葉」を必死に探して鵜呑みにしていることはないでしょうか?

世の中が悪い。制度が悪い。仕組みが悪い時代が悪い。先生が悪い。社会が悪い。

挙げ句には教えてくれない見てくれないかまってくれない愛してくれない大切にしてくれない甘やかしてくれない金をくれない仕事をくれないおまえ等が悪い。

挙げ句,最後に出てくるのは「自分以外のすべてが悪い」。

「君の人生のレールは僕が引いて上げよう。そうすれば,君はどんな失敗も僕に責任転嫁することができる。自分は悪くないんだって自分に言い訳をすることができる」とは,とある占い師の大変に皮肉な言ですが,人は,何か良くないことが有った時に,原因もそれを救う道も,すべてをつい,外側に求めてしまう傾向があります。

でも。それは本当に,正しいのでしょうか? 真っ当な考え方なのでしょうか?

そんな,つい他人にすべてを預けてしまいそうになる時に。 「自分自身とちゃんと向かい合っていきましょう」というのが,禅語「回向返照」の言葉の意味です。

夕日が,空が。自らの出した光の照り返しで燦々と輝くように。あなたの中にある輝ける「自己」を信じて。自らの行いの過ちを素直に反省し,自らの心に素直に問いかけて,自らの頭で考えて,自らの心で感じて。

  • そんな「自分」を,あなたは忘れていないでしょうか?
  • 自己を,自らの頭を心を感情を,見失ってはいないでしょうか?
  • 見えている見失っていないつもりで外に全てを投げかけて……「自己を見失っている」自分すらも見失っていないでしょうか?

もう一度,「自分」という存在を。その中にいる確固たる「自己」を。頭を心を体を感情をそのすべてを。静かに,落ち着いて,少しだけ時間をかけて。感じ取ってみては如何でしょうか?

特にこのIT業界において,人様に教えを乞うことはとても大切ですし,そこから得られる学びはそれはそれは得難いものではあります。

しかし。「まなぶとはまねぶなり」とはいうものの,いつまでも模倣のままでは,鵜呑み丸暗記のままでは,ただの劣化コピーに過ぎません。

そこから先,自ら考察してかみ砕いて応用を利かせられるようになって,初めて「習得した」と言えるのではないでしょうか?

他人に求めることを否定はしません。でも,それと同じくらい程度にそれ以上に。自らにも同じものを求めてみませんか?

著者プロフィール

がる

こなしている職業を語ると「……で,何屋さん?」と聞かれる,経歴が怪しいエンジニア。「知のコラボ」とか「シナジー」とかって単語で上手に糊塗してみたい。

コメント

コメントの記入